ブルーピリオド キャラクター・登場人物を一覧で紹介!【藝大合格を目指す努力家ヤンキーとその仲間たち】

2021年にアニメ化も決まった『ブルーピリオド』は、美術の授業をきっかけに難関トップの美術大学「藝大」を目指す、一人の男子生徒の苦悩と努力を描く美大漫画だ。

美術をテーマとしながらもスポ根さながらの熱さと努力、10代の学生たちの悩みや苦しみといった、現代の我々にも刺さる内容となっている。

そんな『ブルーピリオド』に出てくる主人公のライバルや仲間、学生を導く先生たちなど魅力的なキャクターを紹介する。

【最新】『ブルーピリオド10巻』

今すぐ試し読み

“世田介くんは絵を描くの好き?”

 

↑↑10巻も半額で買える!↑↑

矢口八虎(やぐち やとら)【マジメで努力家でヤンキー?!内なる熱を見つけた男子高校生】

出典:amazon.co.jp

金髪にピアスという出で立ちで、隠れて飲酒・喫煙も行う不良な高校生・矢口八虎(やぐちやとら)。

クラスカースト上位にいながらも成績トップレベルを維持する努力家で、その愛嬌から周りのクラスメイトからも好かれている。

対人関係や勉強を「ノルマ」として淡々とこなし、生きている実感がない日々を送っていたが、美術部員の森先輩の油絵を見て美術の道に惹かれていく。

持ち前の話術や要領の良さで器用に生きていたが、文字ではない言語「美術」の世界に来たことで、自分の空っぽさ・技術の無さを痛感させられる。

本人は無自覚ながらも「努力できる才能」を持ち、どんな困難に直面したり現実を突きつけられても最善を尽くそうと奮闘するマジメな性格。

そんな彼は周りのクラスメイトや予備校の仲間・教師たちに支えられ、一歩ずつ成長を続けていく。

鮎川龍二(あゆかわ りゅうじ)【自身のアイデンティティに迷うアンビバレントな人気者】

出典:amazon.co.jp

面倒見がよく、明るくてフレンドリーな性格のユカ(あ”ユカ”わ)は八虎とはまた違った方面で、人を惹きつける性格のキャラクターだ。

周りの空気を読んで行動することを嫌がり、常に自分の良しとするもの・好きなものを選ぼうとする意思の強さも見せる。

女子制服を身につけながらも一人称は「オレ」で、男性のことが好きというアンビバレントな性質。

複雑な家庭環境に生まれ育ち、「祖母が好きだったから」という理由だけで日本画の道を選ぶ危うさを持っている。

八虎にはたびたび突っかかるような発言をしながらも、美術に興味を持ち出した彼を美術部に誘ったり、画材屋での買い物に付き合うなど彼への気遣いも時折見せる良き友達。

高橋世田介(たかはし よたすけ)【八虎と互いにライバル視しあう孤高の天才】

出典:amazon.co.jp

絵画を習った経験がないにも関わらず、初めて描いた石膏デッサンではその場にいた誰よりも目を引くクオリティのものを描きあげるなど、自他共に認める天才。

友人や親しい人間がいなかったが、世田介をライバル視する八虎や同じ高校の橋田からは何かとからまれている。

高校では特進コースに通い全国模試で国語7位を取るなど、成績も優秀だが母親から重い愛情を受けて育ち、あまり人付き合いが好きではない性格。

当初は藝大を目指す八虎に「なんでも持ってる人が美術(こっち)にくんなよ」と冷たい言葉をかけることも多かった。

だが物語が進むにつれ受験当日に体調を崩した八虎に檄を飛ばしたり、八虎の受験作品の意図に誰より早く気付いたりと、徐々に彼の中で八虎を認めつつある描写が見て取れる。

橋田悠(はしだはるか)【底知れない知識量と底知れない絵描きフェチ】

出典:amazon.co.jp

長いオサゲがトレードマークの長身な青年。

「人の作品を見るのが好き」と公言しており、予備校で受験生がプレッシャーや不安に苛まれる中、一人興奮しがちに制作・受験を楽しんでは、周りの人間に引かれている。

世田介と同じ高校に通うが、そのフレンドリーな性格と絵描きフェチな性癖から本人には敬遠されがち。

「オサゲはマジメの証」と八虎に言うが、他の生徒には「制作の邪魔になるから」とも発言しておりその真偽は不明。

悩む八虎に解決のきっかけを与えることがたびたびあり、世田介からは「人を焚きつけるのが上手い」と評されている。

桑名マキ(くわな まき)【プレッシャーに悩む藝大サラブレット一家の末っ子】

出典:amazon.co.jp

両親は藝大卒・姉は藝大を現役首席で合格した、藝大サラブレット一家の末っ子。

藝大に現役で首席合格した姉を持つプレッシャーから、自身も高い技術を持ちながらも「姉さえいなければ…」という根深い恨みと悩みを抱えている。

予備校の裏手で苦しむ他の受験生を見て、己の平穏を保っていたことを八虎に告白するなど、普段の明るく愛嬌のある姿からは感じられない闇を見せる一面も。

すらりとしたスタイルだが実はたいへんな大食いで、作中では大量のごはん・おやつを食べているシーンがたびたび描かれる。(本人は「なぜ美大を目指す男子は少食が多いのか?」と疑問に思っている模様。)

森先輩【描くテーマは「祈り」八虎が憧れる油絵の先輩】

出典:amazon.co.jp

八虎が美術、そして油絵の道を志すきっかけとなった存在。

彼女が武蔵野美術大学への推薦入試に向けて制作していた油絵を偶然、八虎が見かけたことから物語が始まる。

八虎が藝大を目指すべきかどうかで悩んでいた時、自身は一般入試で受かる自信がなかったことから「(八虎に)少し期待してるんだ」という言葉と共に、一枚の小さな絵を送る。

その絵と言葉は受験当日まで八虎の支えとなり、彼のその後を左右するほどの存在となった。

「祈り」をテーマにした絵を描き続けており、高校卒業後は直接八虎と会う機会がなかったものの、彼女の存在と作品は常に八虎の背中を押し続けた。

大葉先生(おおばせんせい)【指導は細かく丁寧に、でも体と声はビッグな予備校講師】

出典:amazon.co.jp

八虎が美術予備校で出会った、二人目の絵の先生。

声と体が大きく存在感のある講師だが、受け持ちの生徒一人一人の成長を願い、個人に合わせた丁寧な指導を行なっている。

藝大受験を目指す八虎に様々な課題や問題提示を行い、彼の成長とスキルアップを手助けする存在。

「指導は難しい」と言いながらも大変さを感じている様子はなく、逆に受験生の成長ぶりを楽しみに見守る、色々な意味で人物の大きいキャラクター。

村井八雲【この世に怖いもの無し!イケイケ俺様の自信家】

出典:amazon.co.jp

八虎・きねみと同じ、藝大油絵科の学生。

大変な自信家で変人だが浪人時代にひたすら読書を続けた結果、自信を裏付ける知識を身につけた努力家でもある。

八虎の作品を気に入っており、たびたび彼にちょっかいをかけるがその自信家と軽薄な性格が災いし、八虎自身からは苦手意識を持たれている。

常に自分勝手に振舞うが八虎たちが担当する、文化祭に飾る神輿の作成が間に合わないと知った際、真っ先に駆けつけるなど仲間思いの一面も見せる憎めないキャラクター。

三木きねみ【無自覚に周りの人間を照らす、通り魔の太陽】

出典:amazon.co.jp

中・高とバレー部でアタッカーをしていた経験から、どっしりとした性格・体格を持つ体育会系なキャラクター。

明るく元気な彼女の振る舞いは、周りの人間を自然と勇気付ける。

「通り魔の太陽」とはそんなきねみに八虎がつけた例え。

八虎が藝大受験をした際、彼女のミスで八虎の制作を中断させてしまう事故があったが、逆にそれがきっかけで受験課題の攻略ヒントになった過去もある。

佐伯先生【穏やかながらもつかみどころのない、ミステリアスな美術教師】

八虎に藝大の存在と、美術の楽しさを教えた高校の美術講師。

ほんわかとした雰囲気の初老の女性だが、時折見せる厳しい態度と鋭い言葉はたびたび八虎を慄かせた。

八虎の不良友達から「あのババアやべーな」と言わせしめるほどキャラが強く、濃いキャラクターが集まる美術部でも顧問として全員をまとめ上げる手腕を持つ。

自身の進路に迷う八虎に絵の技術や美大受験だけではなく、精神のあり方や「作ること」そのものの考え方も教授し、それまでからっぽだった八虎の土台形成に最も貢献した人物でもある。

次のページ

おわりに

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。