佐野エマは無敵のマイキーの異母兄妹!ドラケンとの恋愛事情は?【東京卍リベンジャーズ】

佐野エマサムネイル

エマが生き返ることは可能?

結論から言うとエマが生き返ることはかなり厳しい。

関東事変の直前に真一郎のお墓参りに訪れていたタケミチとイヌピー。そこに黒川イザナが登場する。それとほぼ同じタイミングでマイキーとエマも登場。

マイキーはタケミチに「エマ連れて離れてろ!」と指示する。そこでタケミチはエマと2人きりになるのだが、エマのマイキーに対する想いを聞いていくうちに、「エマちゃんって現代(みらい)にいたっけ?」と未来にエマがいないことに気づくのだ。

今までマイキーが必ず闇堕ちしていたのは、エマが確実に亡くなっていたからだったのだ。

そして稀咲に頭部を殴打され、エマは死亡。タケミチは、「12年前の今日」にしかタイムリープすることができず、梵天編に入ってからは「10年前の今日」にしかタイムリープできないため、エマを生き返らせることは非常に困難だろう。

佐野エマはなんでこんなに尊いの?


ここまで悲しい内容を紹介してきたので、ここからは一転して「佐野エマはなぜ尊いのか」という点について考察していこうと思う。

まずは初登場のタケミチ誘惑シーン。やはりエッチなシーンが初登場になると、インパクトが超強くなる。

「エッチをきっかけに好きになる」みたいなことがよく言われるが、それに近い現象が読者の心の中で起こったのかもしれない。

また、当初は「ビッチ系の女の子」というイメージが強かったエマだが、物語が進むにつれ「純粋系の女の子」のイメージが強くなっていく。そのギャップが多くの読者の心を掴み取った。

そして最終的にエマは死亡してしまう。死亡してしまうと、どうしても幻想的な美しさが残るというか、ある意味「魔性の女」のように不思議な魅力を兼ね備えるイメージになるのだ。

エマの死亡シーンは決定打で、読者の皆さんがショックを受けると思うのだが、それがエマに対する尊い印象をより一層強くしたのではないだろうか。

おわりに

今回は佐野エマについて紹介・考察した。初登場から死亡時まで強烈なインパクトを残し続けてきた佐野エマは読者の心に残り続ける魅力的なキャラだったかと思う。

『東京卍リベンジャーズ』は2021年9月時点で最終章に突入しているが、それぞれのキャラが亡きエマの想いを背負って最高の未来を勝ち取るために奮闘してくれることを願おう。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。