【カラオケヒットソングに合う本はこれ!】DAM2019年上半期総合ランキングベスト25

みなさん、カラオケはお好きですか??

今回は、2019年のカラオケ業界を盛り上げた楽曲たちに合う本を紹介していきます!

ラジオパーソナリティーが紹介しているような感覚で読んでもらえると嬉しいです。

MEMO
先に言っておきます。

この記事とっても長いです。

気分が載ってきたら、鼻歌や歌詞を口ずさみながらお楽しみください(セルフサービス)。

※カラオケのランキングは、DAMの2019年上半期総合ランキングを参考に作成しております。

Here we go!

1位 米津玄師『Lemon』

ドラマ「アンナチュラル」のために書き下ろされた曲で、作成段階では、『Lemon』じゃなくて『Memento』ってタイトルだったそうです。

人の死を歌った曲ですが、大切な人の死を受け入れきれていない「あなたがいなくて寂しい・悲しい」というような面もありつつ、「あなたの肉体はもうこの世にないけれど、あなたとの思い出は今でも残っているよ」という慈しみが込められていて、それが「胸に残り離れない苦いレモンの匂い」として表現されているように感じます。

さて、この曲にはどんな本が選書されたのでしょうか。

『子供たちは夜と遊ぶ』

始まりは、海外留学をかけた論文コンクール。

幻の学生、『i』の登場だった。
大学受験間近の高校3年生が行方不明になった。

家出か事件か。世間が騒ぐ中、木村浅葱だけはその真相を知っていた。

「『i』はとてもうまくやった。さあ、次は、俺の番――」。

姿の見えない『i』に会うために、ゲームを始める浅葱。

孤独の闇に支配された子どもたちが招く事件は、さらなる悲劇を呼んでいく。(講談社より)

『青空の卵』

外資系の保険会社に勤める僕・坂木司には、一風変わった親友がいる。

自称ひきこもりの鳥井真一だ。
複雑な生い立ちの鳥井は外部との接触を極力避け、僕を通じて世界を見ている。

そんな鳥井の関心を外の世界に向けるため、彼との食卓に僕が出会った身近な謎を披露していく。

大人の視点で推理し、子供の純粋さで真実を語る鳥井は、果たして外の世界へとはばたくことができるのか。(東京創元社より)

『「死」とは何か』

イェール大学で23年連続の人気講義が、ついに日本上陸!

――人は必ず死ぬ。だからこそ、どう生きるべきか――

なぜ、余命宣告をされた学生は、
最後に”命をかけて”、
この講義を受けたのか!?

死を通すことでますます「生」が輝きを増す、世界的名著!(文響社より)

 

『グラスホッパー』

妻の復讐を目論む元教師「鈴木」。
自殺専門の殺し屋「鯨」。
ナイフ使いの天才「蝉」。

3人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。
疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説!(KADOKAWAより)

 

2位 あいみょん『マリーゴールド』

あいみょんによると、この曲は「愛し合ってる2人が昔を懐かしんでるような、現在進行形のラブソング」なんだとか。

サビの「麦わら帽子の君が~」から夏を連想したり、恋愛をする中で感じた幸せや切なさなどあらゆる感情が散りばめられた曲ですよね。

『TUGUMI』

病弱で生意気な美少女つぐみ。
彼女と姉妹のように育った海辺の小さな町に帰省した私は、まだ淡い夜の始まりに、つぐみとともにふるさとの最後のひと夏を過ごす少年に出会った――。

少女から大人へと移りゆく季節の、二度とかえらないきらめきを描く、切なく透明な物語。第二回山本周五郎賞受賞作。(中央公論新社より)

3位 菅田将暉『さよならエレジー』

俳優としてだけではなく、歌手としても人気を集める菅田さんの楽曲が3位にランクイン!

本人も出演したドラマ「トドメの接吻」の主題歌にも起用された曲です。

『ピンクとグレー』

大阪から横浜へ越してきた小学生の河田大貴は、同じマンションに住む同い年の鈴木真吾と出逢い、中学高校大学と密接した青春時代を送る。

高校生になった二人は、雑誌の読者モデルをきっかけにバイト替わりの芸能活動をスタート。

大学へ進学した二人は同居生活を始めるが、真吾がスターダムを駆け上がっていく一方で、エキストラから抜け出せない河田だけが取り残されていく。

やがて二人は決裂。二度と会うことのない人生を送るはずだった二人が再びめぐり逢ったその時、運命の歯車が回りだす…。(KADOKAWAより)

4位 中島みゆき『糸』

長年カラオケランキングの上位にランクインしている重鎮!

名だたるアーティストがカバーするほど愛される曲には、今年の本屋大賞に輝いたあの作品が選ばれました。

『そして、バトンは渡された』

私には五人の父と母がいる。その全員を大好きだ。

森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。この著者にしか描けない優しい物語。(文藝春秋より)

5位 バルーン『シャルル』

今回のランキングで唯一のボカロ曲です☆

動画投稿サイトに「歌ってみた」がたくさんアップロードされる人気曲!

大切な人との「別れ」をテーマにした曲ですが、笑い合ってさよならできるといいなぁ・・・という思いからこの本を選んでみました。

『燃え尽きるまで』

三十一歳の怜子は、五年付き合い結婚も考えていた耕一郎から突然別れを告げられる。

怜子は絶望し、仕事も手に付かず、精神的にも混乱していく……。

全ての女性が深く共感できる、傑作失恋小説。(幻冬舎より)

次のページ

まとめ