あいみょんの歌詞と音楽が頭の中で鳴り出す本5選【動画あり】

ある眠れぬ日曜の晩、『関ジャム 完全燃SHOW』というテレビ番組を見ていた。あるシンガーソングライターのパフォーマンスに釘付けになった。あいみょんさんである。

控え目に言って、カッコよかった。さらに、色々と曲を聴いてみると、歌詞も最高に良いことに気付いた。

具体的に言えば、予定調和がなくスリリング、それでいて温かみも感じる言葉選び。こんな衝撃は、女性シンガーでは家入レオさん、コレサワさん以来である(←私は結構惚れっぽい男)。

もちろん直接聞いたことはないけれど、映画や本から、たくさんの言葉やセンスを吸収してきたに違いない雰囲気がある。

あいみょんさんを知ってから1年ほど経ち、是非とも彼女の楽曲を、自分が今まで読んできた本とペアリングさせてみたい!との衝動に駆られ、この企画に立候補したのであります!

それでは参りましょう、アラサー男子の視点で選ぶ「あいみょんの歌詞と音楽が頭の中で鳴り出す本5選」!!

愛を伝えたいだとか

「結局のところ君はさ どうしたいの? マジで僕に愛される気あんの?」

「ろうそく炊いて バカでかいケーキがあっても 君が食いつくわけでもないだろ」

(作詞:あいみょん)

余裕があるのか、ないのか。子どもなのか、大人なのか。グレーゾーンな言葉遊びが味わいになっている曲。

「上から目線のようで、実は好きな人に主導権を握られている」という幸せも表現されているなー、と思います。

ところで、この曲をぜひ聴かせてあげたい、(小説世界の)サラリーマンがいるんですよ・・・

(ちなみに冒頭の「健康的な朝だな」を聴くと、三浦しをんさんの『まほろ町』シリーズに登場する星くんのことも思い出します)

愛を伝えたいだとか×青木祐子『これは経費で落ちません!経理部の森若さん3』

「貸し借りなし、イーブンな関係を望む」「顔を覚えられたらそのお店にはいかない」「会社の飲み会には基本不参加、夜は家でDVD」…美人で優秀、そしてマイルールでガッチガチな完璧ライフを送っていた森若さん。しかしそんな日常に、風穴を空けるような出来事が次々起こり…。

ポジティブすぎる営業マン「山田太陽」との出会いもそのひとつ。それでも経理部の森若さんは、人生初の恋人を「イレギュラー」とバッサリ(笑)。

大抵の女子とは要領よく付き合えるのに、なぜ森若さんだけは攻略できないのか?太陽は戸惑いながらも、その難しさを楽しんでいる様子。『愛を伝えたいだとか』は、彼の幸せなぼやきが聞こえてくる主題歌です。

青木祐子『これは経費で落ちません!経理部の森若さん3』のあらすじ

森若沙名子、28歳。経理一筋6年目。仕事とプライベートはきっちり分けたいと思っている。そんな沙名子に、広報課の室田千晶が相談があると言ってきた。千晶は化粧品会社から転職してきた契約社員で、好感が持てるいい子だ。千晶が来てからは、ショールームも飾り付けられ来客も増えた。しかし彼女は、社内で浮いている。一部女子社員からは嫌われてさえいて…?

(BOOKデータベースより引用)

マリーゴールド

「本当の気持ち吐き出せるほど強くはない

でも不思議なくらいに 絶望は見えない」

(作詞:あいみょん)

もう会えない人との思い出は、相手の個性が強烈なほど、意外と霧がかかってモヤモヤとしているものだ。

映画のワンシーンに迷い込んでいたかのように現実味がなく、だからこそ幻想的に振り返ることができる。

そんなひと夏の経験を閉じ込めたかのようなラブソングが『マリーゴールド』である。

まあ、ただ単に、振り回されまくって記憶が曖昧なだけかもしれませんが・・・(笑)

マリーゴールド×吉本ばなな『TUGUMI』

「団欒なんてゲロが出るほど嫌い」だけど、本気で好きになった人には「ソフトクリームをぐりぐりなすりつけたくなる」破天荒少女、それがつぐみです。

『マリーゴールド』を初めて聴いたとき、麦わら帽子をかぶるつぐみの姿が、一瞬見えたような気がしました。

病弱で気まぐれだから、いつも会えるわけではない。次に手を放したら、どこかに消えていってしまうかもしれない。そんな儚さも、曲の世界観に合っていると思います。

吉本ばなな『TUGUMI』のあらすじ

病弱で生意気な美少女つぐみ。彼女と育った海辺の小さな町へ帰省した夏、まだ淡い夜のはじまりに、つぐみと私は、ふるさとの最後のひと夏をともにする少年に出会ったー。少女から大人へと移りゆく季節の、二度とかえらないきらめきを描く、切なく透明な物語。第2回山本周五郎賞受賞。

(BOOKデータベースより引用)

漂白

「この街で少し愛することを覚えた

また会いに来てね 馬鹿馬鹿しいほどに 私は恋をしていたわ」

(作詞:あいみょん)

心が洗われるような曲。人との別れだけでなく、街を離れる感慨も歌っていると解釈しました。だから卒業や転職の時にもオススメです。

仕事も人間関係も、終わりの足音が聞こえるようになって、やっと自分の本音に気付くことってありますね。

漂白×碧野圭『書店ガール7 旅立ち』

かつて本屋の存続のために戦い、「吉祥寺の女傑」と呼ばれた書店員・理子。しかし、マネージャーとして店舗の整理に関わると、逆に反発される立場になってしまいます。

もう一度、本と人とをつなげるために、自分はどうするべきか。理子だけでなく、シリーズに登場した「書店ガール」たちが、本への愛を試されます。

本や人への愛が感じられなければ、書店も図書館も空虚な本棚です。良い本と出会える場所なら、きっと真っ白な気持ちで帰ることができると思います。

碧野圭『書店ガール7 旅立ち』のあらすじ

中学の読書クラブの顧問として、生徒たちのビブリオバトル開催を手伝う愛奈。故郷の沼津に戻り、ブックカフェの開業に挑む彩加。仙台の歴史ある書店の閉店騒動の渦中にいる理子。そして亜紀は吉祥寺に戻り…。それでも本と本屋が好きだから、四人の「書店ガール」たちは、今日も特別な一冊を手渡し続ける。すべての働く人に送る、書店を舞台としたお仕事エンタテインメント、ついに完結!

(BOOKデータベースより引用)

今夜このまま

『体が帰りたいと嘆く 「いかないで」って叫んでくれる人がいればなあ』

(作詞:あいみょん)

都会の喧騒は寂しさを紛らわせてくれるけど、根本的な解決にはならない。

行動力のある人は沢山いるから、比べるとつい自分を責めてしまう。

そして、結局は「指先から始まる何か」に期待する。ただそれは家でもできる。

帰らない理由を作るのは難しい。

今夜このまま×益田ミリ『すーちゃんの恋』

指先で始まる出会いと言えば、やっぱりスマホ!SNS!といきたいところですが・・・あえてガラケーユーザーな主人公をセレクト。

細かいこと気にし過ぎ!ひとりごと多すぎ!な、すーちゃん。でも、みんなが日々感じているけれど、表現できていなかった感情を「言語化」しているんです。そこはあいみょんさんにも通じるな~と思います。

そんなすーちゃんに、読書家なら誰もが夢見る(?)素敵な「出会い」が巡ってきます。返信をさりげなく気にするすーちゃんを、応援したくなること間違いなし。もちろん、LINEじゃなくて普通のEメールです。

益田ミリ『すーちゃんの恋』のあらすじ

カフェを辞めたすーちゃんの転職先は保育園。子供たちに囲まれて調理師として働き始めて5ケ月。37歳になったら結婚して子供を産んで、「お母さん」として生きていると思っていたのに、結婚どころか、彼氏もいない。そんなある日、すーちゃんに訪れた久々の胸の「ときめき」。これは恋? すーちゃん、どうする!? 共感のベストセラー4コマ漫画。

(BOOKデータベースより引用)

次のページ

マトリョーシカ