本×音楽記事はこちら!

ボカロの歌詞と音楽が頭の中で鳴り出すライトノベル10選【動画あり】

時は平成の19年。西暦2007年。
その年、音楽界に突如あらわれ、大ブームを巻き起こした、とある音楽ジャンルがあった。

その名も、『ボカロ』

『VOCALOID(ボーカロイド)』と呼ばれる機械音声を合成し、歌を歌わせる、いわゆるパソコン打ち込み型音楽ソフトを用いて歌を歌わせる音楽ジャンルのことで、ボカロとはこのVOCALOIDの略称を含めた呼び名だ。

『初音ミク』と呼ばれるキャラクターを筆頭に、様々なキャラクター性をつけられ、『音楽』としてだけではなく、『キャラクター』という面からも人気を誇り、その人気は新元号『令和』を迎えた現在もなお、残り続けている。

そしてその枠は音楽だけにはとどまらず、小説に漫画、アニメや歌舞伎、と様々なサブカルチャーにおいても絶賛活躍中だ。

今回は、そんな平成の世で生まれたこの音楽ジャンルに乗せて、同じく平成の世にてその名を轟かせるようになった小説ジャンル、『ライトノベル』をいくつか紹介させて頂こうと思う。

平成の世において、音楽と小説という二つのジャンルで旋風を巻き起こした二大ジャンルの夢のようなコラボ。

ボカロやライトノベルを知っている人から知らない人まで。
ぜひとも今一度、この令和の年にて、平成二大旋風ジャンルに注目してほしい。

目次

黒うさP feat.初音ミク『千本桜』

千本桜 夜ニ紛レ 君が歌い僕は踊る
此処は宴 鋼の檻 さあ光線銃を撃ちまくれ

(作詞:黒うさP)

ボカロと言えば、やはり真っ先に浮かぶのはこの曲。
黒うさP制作、『千本桜』
2011年にリリースされて以降、現在も尚、ニコニコ動画のボカロ総合ランキングにて上位に入り続けてる一曲だ。
大正浪漫溢れる世界観を舞台とした楽曲でありつつ、その歌詞、ロックなメロディーは正しく平成のミュージックカルチャーだ。
小説・漫画・ミュージカル化もはたされており、ニコニコ動画主催の大型イベント『超会議』にても、『超歌舞伎』と呼ばれる歌舞伎ものとして、千本桜をモチーフにした話を中村獅童らと共に初音ミク自身も参加し披露している。
今後もボカロ界を代表する一曲としてその名を馳せ続けていくこと間違いなしの一曲だ。

千本桜×瘤久保慎司『錆喰いビスコ』

楽曲中の明記はないが、小説や舞台では世の平和を守る為『影憑』という敵と戦う物語が描かれている。
世界観は違うが、このラノベもまた大事なものを助ける為に戦う物語。
そこにかぶるものを感じ、この一冊を選択。

瘤久保慎司『錆喰いビスコ』のあらすじ

すべてを錆つかせ、人類を死の脅威に陥れる“錆び風”の中を駆け抜ける、疾風無頼の「キノコ守り」赤星ビスコ。彼は、師匠を救うための霊薬キノコ“錆喰い”を求め旅をしていた。美貌の少年医師・ミロを相棒に、波乱の冒険へ飛び出すビスコ。行く手に広がる埼玉鉄砂漠、文明を滅ぼした防衛兵器の遺構でできた街、大蛸の巣くう地下鉄の廃線―。過酷な道中で次々に迫る脅威を、ミロの知恵の閃きと、ビスコ必中のキノコ矢が貫く。しかし、その先には邪悪県知事の奸計が―。第24回電撃小説大賞“銀賞”に輝いた、疾風怒涛の冒険譚!

(BOOKデータベースより引用)

すこっぷ feat.初音ミクsoft『アイロニ』

少し歩き疲れたんだ 少し歩き疲れたんだ
月並みの表現だけど人生とかいう長い道を
少し休みたいんだ 少し休みたいんだけど
時間は刻一刻残酷と 私を引っぱっていくんだ

(作詞:すこっぷ)

初音ミクと一口に言っても、実際は様々な声の初音ミクが存在している。
初音ミクというソフトそのものに、実はいくつか種類があるのだ。定期的に新しい形のソフトを出しており、ボカロそのものが年々進化を遂げていたりするのである。
この曲は、その中でも『soft』と呼ばれるタイプを使った楽曲だ。
その名の通り、全体的に物腰が柔らかい声の初音ミクで、ゆったりとした曲調のものに似合うボイスのものとなっている。
柔らかな声で歌われる歌詞の内容は、生きることの苦しみ、悲しみについて。
主コメ(動画をアップした者からのコメントのこと)にも『上手に生きるのは難しい』との言葉があり、全体的にセンチメンタルな雰囲気のあるバラードソングだ。
MVも、可愛い絵柄でありながら、切なく情緒的なものとなっている。

アイロニ×時雨沢恵一『キノの旅 the Beautiful World』

短編連作であるキノの旅(一部例外あり)は、その短さの中に『人間』の魅力、残酷さ、といったものを凝縮させている作品だ。
そこに、人間の生き方について歌う曲を加えれば、よいスパイスになるだろうと思い、選択。

時雨沢恵一『キノの旅』のあらすじ

「キノはどうして旅を続けているの?」 「ボクはね、たまに自分がどうしようもない、愚かで矮小な奴ではないか? ものすごく汚い人間ではないか? なぜだかよく分からないけど、そう感じる時があるんだ……でもそんな時は必ず、それ以外のもの、例えば世界とか、他の人間の生き方とかが、全て美しく、素敵なものの様に感じるんだ。とても、愛しく思えるんだよ……。ボクは、それらをもっともっと知りたくて、そのために旅をしている様な気がする」 ―――短編連作の形で綴られる人間キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅の話。今までにない新感覚ノベルが登場!

(Amazonより引用)

*Luna feat.IA『僕らの夏はまた巡って』

「変わりたい自分がまだ君の中にいるのなら、
飛び出してみてよ、汗だくになって走ってみてよ」

(作詞:*Luna)

近年のボカロ曲から一曲。
制作者は*Luna。ここ数年になって、ニコニコのランキングにてよく見かけるようになったボカロPだ。
今回紹介する曲は、2018年に殿堂入りした『8.32』と対になる曲と言われている。
MVは一枚絵で、背景は対曲のMVと同じものが使用されている。青い空には入道雲。それを写す地の空と同じ色をした水面、そこに佇む鳥居。
ただし、そこに描かれる人物は8.32の時とは違う。
8.32では少女が描かれていたが、こちらでは、白い猫と戯れる少年、それを見ている同一人物と思われる青年が描かれている。
爽やかな夏の風のようなメロディー。けれど歌われる歌詞の内容は、どこか切なく、胸を締め付けられるようなものがある。
それでも、最後は背中を押されて前向きになれる、まるで一つの物語を見せつけられているような一曲だ

僕らの夏はまた巡って×赤城大空『二度めの夏、二度と会えない君』

同じ『夏』を題材にした作品として選択。
タイムリープという『巡り』を体験し、大事なもの為に奮闘する主人公の姿に応援したくなると同時に切なくなる。
この曲を合わせるのはもうこの一冊しかないと思い、選択した。

赤城大空『二度めの夏、二度と会えない君』のあらすじ

突如転校してきた森山燐は不治の病を患っていた。俺は彼女と共に、ライブを演り、最高の時間を共に過ごし…そして、燐は死んだ。俺に残されたのは、取り返しのつかない、たったひとつの後悔―決して伝えてはいけなかった言葉。俺があんなことを言いさえしなければ、きっと、燐は最後まで笑顔でいられたのに…。―二度めの夏。タイムリープ。俺はもう一度燐と出会う。あの眩しい笑顔に再び。ひと夏がくれた、この奇跡のなかで、俺は自分に嘘をつこう。彼女の短い一生が、ずっと笑顔でありますように…

(BOOKデータベースより引用)

卓球少年 feat.鏡音レン『誰でもいいから付き合いたい』

誰でもいいから付き合いたい
誰でもいいから付き合いたい
誰でもいいから付き合いたい
もう 誰でもいいから

(作詞:卓球少年)

その名の通りの歌である。
正しく、名は体を現すとはこのことであろう一曲。
歌詞の内容は、恋人が出来ない男の叫びを、男ボーカロイドキャラ『鏡音レン』の声にのせて歌わせている。
その率直すぎる内容&あるあるな事情が描かれている歌詞に、たくさんの共感を得られた結果、なんと殿堂入りをはたす(再生数ミリオンも達成。ボカロP『卓球少年』初のミリオン動画でもある)。
さらにはコミック化もはたすと、その内容からは想像ができない程の大きな成果をはたしている楽曲だ。
またこの曲は、たくさんの歌い手やネタい手に歌われており、様々な本気のおふざ――、アレンジが行われている。
もしこの曲に笑ってしまった方がいたら、他の方々の本気のアレンジでもまた楽しんでみることをオススメする。

誰でもいいから付き合いたい×平坂読『僕は友達が少ない』

残念系青春ソングには、やはり残念系青春がいいよな!
なんだかんだリア充してる気もする話だが、当の本人は気づいていないところが正しく残念系……。
リア充な奴ほど、自分がリア充なことには気づかないものだ。

平坂読『僕は友達が少ない』のあらすじ

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、ある時いつも不機嫌そうな美少女の三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「(駄目だこいつ…)」小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部まで作ってしまう。しかも何を間違ったか続々と残念な美少女達が入部してきて―。みんなでギャルゲーをやったりプールに行ったり演劇をやったり色々と迷走気味な彼らは本当に友達を作れるのか?アレげだけどやけに楽しい残念系青春ラブコメディ誕生。

(BOOKデータベースより引用)

ねじ式 feat.結月ゆかり&IA『ピニャコラーダ』

誰かが決めた常識を超えて
苦く 甘い 想い 交わし
狂った夜を墜とせ

(作詞:ねじ式)

昨年(2018年)に殿堂入りをしたばかりの楽曲。
ジャンルは恋愛ソング。しかし、無垢な恋心や切ない片思いを歌うものではなく、禁断の恋に墜ちてしまったある二人の姿を描いたものとなっている。
『禁断の果実を齧ったら最後/あとは狂った夜を堕とすだけ』と主コメにも書かれているように、酷くえぐみがあり、こちらにぬだらにまとわりついてくるような空気のある一曲となっている。
人はどうしても『禁断』とされるものに手を伸ばしたくなるもの。
あの神話の男女が禁断の果実に手を伸ばしてしまったように、禁断という言葉からかもし出される危うさと怪うさは人を魅了してやまない。
この曲の魅力も、そんな禁断の空気にあるのかもしれない。
ぜひとも一度、その禁断に触れてみてほしい。

ピニャコラーダ×山形石雄『六花の勇者』

敵は勇者同士という『常識』を逸脱したこの小説。そこから得る興奮の味は、他の勇者ものでは感じられないものだろう。
それは、普通の恋愛ソングとはまた違うこの曲の空気と似たようなものがあるのではないだろうか。

山形石雄『六花の勇者』のあらすじ

闇の底から『魔神』が目覚めるとき、運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。地上最強を自称する少年アドレットは、その六人、『六花の勇者』に選ばれ、魔神復活を阻止するため、戦いへ向かう。だが、約束の地に集った勇者は、なぜか七人いた。その直後、霧幻結界が作動し、七人全員が森に閉じ込められてしまう。七人のうち誰かひとりが敵であることに気づいた勇者たちは疑心暗鬼に陥る。そして、その嫌疑がまっさきにかかったのはアドレットで―。伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、堂々始動。

(BOOKデータベースより引用)

 

伊東歌詞太郎 feat.初音ミク『さよならだけが人生だ』

どうかお願いだ見せてくれないか
君が愛したものをすべて

(引用:伊東歌詞太郎)

さて、六曲目と紹介も折り返しにきたところで、一曲、新しい形のものをいれてみようと思う。
この曲はボカロPではなく、歌い手である『伊東歌詞太郎』が作曲作詞をした一曲だ。
現在のボカロには、このように歌い手が制作した楽曲も存在している。
そのなかでもこの曲は、しっとりとしたバラード曲で、そのタイトルからわかるように『人生』というものはどういうものなのか、その答えのようなものを彼なりに解釈したものを歌っていると思われる。
人工的でかたく切ない、けれどどこか優しい電子音のイントロ。間奏のギターソロの情緒的なメロディー。そして、まるで願い乞うように『どうかお願いだ』と歌われるサビ。
まるで人生という題材そのものを、そのまま音楽という形に生まれ変わらせたような、そんな不思議で、そして暖かさがある一曲だ。

さよならだけが人生だ×紅玉いづき『ミミズクと夜の王』

人権を奪い取られたかのような育ちをしてきた主人公。そして人間嫌いの人外の王。
全く違う生物であり、生き方をしてきた二人が心をかよわせていくさまは、改めて『生きる』ということを読者に説いているかのように見える。
そんな物語の姿とこの曲が重なりあい、選択。

紅玉いづき『ミミズクと夜の王』のあらすじ

魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。願いはたった、一つだけ。「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。―それは、絶望の果てからはじまる小さな少女の崩壊と再生の物語。第13回電撃小説大賞「大賞」受賞作、登場。

(BOOKデータベースより引用)

HoneyWorks feat.GUMI&初音ミク『大嫌いなはずだった』

やっぱり君なんだ
君じゃなきゃダメなんだ

(作詞:HoneyWorks)

上記までは少年向けのライトノベルの紹介ばかり行ってきたが、ここからは二冊ほど、少女向けのライトノベルについて紹介したい。
というわけで、これぞ少女向け! といったボカロソングを紹介させて貰おうと思う。

HoneyWorks作のこの楽曲は、『告白実行委員会~恋愛シリーズ~』と呼ばれる、高校生達の恋愛模様を描くシリーズ楽曲の一つである。
このシリーズの特徴は、MVが歌詞にリンクするようなストーリー仕立てで作られていること。絵柄も少女漫画風で、本当に一つの漫画を読んでいるような気持ちになる。
報われるような恋愛ばかりではないかもしれない。だが、『好き』の気持ちはそう簡単にはなくなるものじゃない。
それに、時にはそれが自分の力にもなる――。
そんな甘酸っぱく、前向きな、きゅんっとくるような片恋ラブソング、それがこの楽曲である。

大嫌いなはずだった×あずまの 章『堀川さんはがんばらない』

思い通りになることばかりじゃないが、『好きになる』ことは大事なものだと再認識できる作品。
恋愛もそれ以外でも、『好き』って気持ちはいつだって自分達の活力になる。
この曲にぴったりだと思い、選択した。

あずまの 章『堀川さんはがんばらない』のあらすじ

「先輩、弓道は楽しいですか?」堀川伊与は、無気力マイペースな高校1年生。なるべくラクな部活を選ぼうと、ゆるいと噂の弓道部を見学しに行った伊与は、一人黙々と弓を射る鏑木鉄矢と出逢う。彼に入部希望者だと思われた伊与は、強引に弓を引かされたうえ「お前、弓道に向いてるぞ」と言われて圧倒されっぱなし!思わず入部したものの、鉄矢の伊与に対する距離はやけに近くて…!?甘酸っぱい、青春部活ストーリー!!

(BOOKデータベースより引用)

家の裏でマンボウが死んでるP(裏マンP)『色恋沙汰は全て作図で解決可能であることの証明』

作図だ!

(作詞:家の裏でマンボウが死んでるP)

家の裏でマンボウが死んでるP、略して『家マン』、または『裏マンP』
彼が作る曲は、比較的、頭がおかしい(悪口ではない。褒め言葉である)。
ストーリー仕立ての曲を作ることが多く、なぜそんな発想に至ってしまったんだ! と言いたくなるような楽曲ばかり。
しかし、笑いだけで終わる曲もあれば、反面、なぜか最後には泣いてしまう曲もある。突飛すぎる内容の筈なのに、いつの間にかその内容に感動しているのだ。
この曲もそんな部類の一つ。数学好きの主人公が数学の力を用いて、想い人である幼馴染へアタックしていくさまを描いている。
その内容があまりにもバカげているのだが、気がつけば拍手をしたくなるような純な展開を迎える。
そんなラブコメディのさらにななめ上をいく、数学ラブソングをぜひこの本と共に聴いてほしい。

色恋沙汰は全て作図で解決可能であることの証明×山口 悟『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』

『乙女ゲーム』という少女向けならではの転生先で悪役になってしまう主人公。
最悪な未来を回避する為、奮闘を始めるが、その方法がお馬鹿というか……。
そんな主人公の姿がこの曲の主人公と被り、選曲した次第だ。

山口 悟『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』のあらすじ

頭をぶつけて前世の記憶を取り戻したら、公爵令嬢に生まれ変わっていた私。え、待って!ここって前世でプレイした乙女ゲームの世界じゃない?しかも、私、ヒロインの邪魔をする悪役令嬢カタリナなんですけど!?結末は国外追放か死亡の二択のみ!?破滅エンドを回避しようと、まずは王子様との円満婚約解消をめざすことにしたけれど…。悪役令嬢、美形だらけの逆ハーレムルートに突入する!?恋愛フラグ立てまくりの破滅回避ラブコメディ★

(BOOKデータベースより引用)

niki feat.Lily『WAVE』

眩しさに 今ココロを 狙われているの

(作詞:niki)

『伝説のLilyマスター』の称号をもつボカロP、nikiによる楽曲。
その称号通り、Lilyと呼ばれるボカロを使うことで有名で、その調教(ボカロの声を調整すること)のクオリティは天下一品。Lily使いとして初、複数のLilyオリジナル曲殿堂入りをはたしているボカロPだ。
この曲はそのなかでも再生数ミリオンに至った、彼の代表曲。nikiの特徴ともいうべきエモーショナルな世界観がふんだんに詰め込まれた楽曲だ。
曲中にて縦横無尽に鳴り響く電子音は、まるで一種の近代SFな世界に連れていかれたかのような、不可思議な感覚を聴く者に与えてくれる。
ノリも非常によい曲な為、思わず体を揺らして踊りたくなる。まるで、クラブハウスで流されるダンスミュージックのような印象を覚えさせてくる一曲である。

WAVE×川上 稔『境界線上のホライゾン』

SF世界観でありながら、歴史再現ものとして史実も書き出しているストーリーの重厚さには、圧巻の一言しかない。
近代SFダンスミュージックのような曲をBGMにすれば、新たな物語考察ができるのではないのかと思い選択。

川上 稔『境界線上のホライゾン』のあらすじ

各国により分割統治された中世の神州・日本。その上空を8隻からなる都市艦“武蔵”が航行していく―。遥か遠い未来。“重奏統合争乱”を経て、人類の命運を懸けた“聖譜”をもとに歴史の再現を行う国々。そして、さまざまな思惑と決意を胸に、未来を切り拓こうとする人々。重なり合う中世の世界を舞台に、学生達による学園国家間の抗争が始まろうとしていた!AHEADシリーズ『終わりのクロニクル』と都市シリーズの間の時代を描く、壮大な物語“GENESIS”シリーズ、遂にスタート。

(BOOKデータベースより引用)

和田たけあき feat.『わたしの未成年観測』

未成年だった。未成年だった。
湧き上がる感情の、名前も知らないから

(作詞:和田たけあき)

ラストはこの曲。
近年人気なボカロPの一人であり、今年のマジカルミライ2019にてテーマソングを務めることも決定した『和田たけあき(くらげP)』から一曲。
初のメジャーアルバム『わたしの未成年観測』の表題曲であり、と同時にアルバムに収録されたこれまでの楽曲を全てまとめた一曲でもある(一部の楽曲達は動画サイトにて公開されている)。
未成年特有の悩みなんかをもった各楽曲の主人公達が、それでも世界に何かを残そうとするかのようい生き抜くさまを一人の未成年の少女が見つめている、という設定で歌われる楽曲。
耳にとても馴染みやすいロックサウンドにのせられて歌われる、少しだけ歪で、でもほんの少し前向きに歩きこうと思えるようになれる――。そんな未成年ソングだ。

わたしの未成年観測×鴨志田一『さくら荘のペットな彼女』

凡人と天才の間には、絶対に敵わない差がある。
でも諦めきれないから絶望したりして――……、また頑張る。
ラブコメだが、そんな己の才にもがく登場人物達の姿も描かれるこの話こそ、この楽曲は合うと思い、選択。

鴨志田一『さくら荘のペットな彼女』のあらすじ

俺の住む寮『さくら荘』は、学園の変人たちの集まり。そんな寮に転校早々入ってきた椎名ましろは、可愛くて清楚で、しかも世界的に有名な天才画家だという。天才美少女を寮の変人たちから守らねば!と意気込む俺だったが、入寮翌日恐るべき事実が発覚する。ましろは、外に出れば必ず道に迷い、部屋はめちゃくちゃ、ぱんつすら自分で選べないし、穿けない、生活破綻少女だったのだ!そんなましろの“飼い主”に任命された俺。って、服とか俺が着替えさせるの!?これでも俺、健全な男子高校生なんですけど!?変態と天才と凡人が織りなす、青春学園ラブコメディ登場。

(BOOKデータベースより引用)

 

まとめ

ボカロ×ラノベ、いかがだっただろうか。

初音ミクという存在が、その一言だけでは片づけられない程に種類があるように、ラノベというジャンルもまたこの一言では納められない幅の広い世界だったりする。

今回は、ライトノベルを出版している文庫のみから作品を選ばせて頂いたが、世の中には『ネット小説』『ライト文芸』と呼ばれる存在もあり、それらもライトノベルの一つとして捉えている人がいることもまた事実のはずだ。

実際、今回紹介させて頂いたライトノベル内でも、『少年向け』『少女向け』の二種を分けている。
ライトノベルの世界は、その名前(ライト)のわりには、とても奥深い世界だったりするのだ……。

そして、ボカロ自体の奥深さだって、実際ここでは紹介しきれていない。

この記事を読んでもしボカロに、そしてラノベに、興味を持った方がいたら幸いである。

 

この記事を読んだあなたにおすすめ!

曲に合う本をアーティストごとにまとめてみた!【椎名林檎、Mr.Children、星野源、米津玄師・・・】
本×音楽の世界、初心者向け特集。
全30アーティスト×本の組み合わせ!

曲に合う本をアーティストごとにまとめてみた!【椎名林檎、Mr.Children、星野源、米津玄師・・・】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です