「読書会をもっと身近に」
クラウドファンディング実施中!

ボカロの歌詞と音楽が頭の中で鳴り出すティーンズ向け小説10選【動画あり】

ボカロ×小説、第二段。

ボカロ×ラノベに引き続き、今回は『ティーンズ向け』、つまりは十代向けの小説とのコラボをさせて頂こうと思う。

十代向け? それって前回やった『ライトノベル』じゃないの?
そう思う方もいるだろう。

が、しかし、『ボカロ』と一口に言っても様々な形のボカロのソフトが存在するように(これは前回の記事でも書いた一言でもある)、十代向けの小説と一口に言っても様々な種類があるのだ。

今回紹介する『ティーンズ向け』は、いわゆる『一般文芸』と呼ばれる部類に寄った小説達だ。

ライトノベルとはまた違う形態の、十代向けの小説にぜひとも注目をして頂ければ幸いである。
もちろん、読書家な方々には、ボカロという音楽にも注目をして頂きたい。

目次

カンザキイオリ『あの夏が飽和する。』

「昨日人を殺したんだ」
君はそう言っていた。
(作詞:カンザキイオリ)

今回は、最近のボカロシーンを代表するボカロPの曲から始めたいと思う。

2017年夏投稿楽曲、『命に嫌われている。』で驚異的スピードで殿堂入りをはたし、以来その名をボカロ界に轟かせることとなった『カンザキイオリ』の楽曲。
静かな空間にまるで夏を連れて来るかのように鳴りひびく蝉達の声。そして重なるピアノの旋律。
それらにのって始まるのは、あるひと夏の物語。
自分をいじめていた奴を殺してしまった『君』。そんな君と共に死の旅に出るダメ人間な『僕』の旅の話。
鏡音リン/レンという双子のボカロによる似通った、けれどはっきりと別々の人物の物であるとわかる歌声で奏でられるその姿も、まるで『君』と『僕』という人間の対比を見せつけられているような感覚になり、一つの物語として非常に高い完成度をほこった楽曲である。

あの夏が飽和する。×河野裕『いなくなれ、群青』

近年のティーンズ向けノベルの代表作とも呼べるべき青春ミステリー。
美しい表紙と題に惹かれて読み始めると、待っているのは残酷な真実、そしてその題が持つ驚きの意味。
その物語の完成度の高さに敬意を表するという意味でこの楽曲と組み合わせて頂いた。

河野裕『いなくなれ、群青』あらすじ

11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凛々しい少女、真辺由宇。あるはずのない出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎…。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。「階段島」シリーズ、開幕。
(BOOKデータベース引用)

みきとP『僕は初音ミクとキスをした』

僕はそんな そんな 意気地ない世界を 歌を
誰かに 唄って欲しかった
(作詞:みきとP)

ボカロファンであれば、一度はその名を聞いた事があるであろうボカロPの楽曲。
初のミリオン再生楽曲『いーあるふぁんくらぶ』を代表に、近年爆発的人気曲となった『ロキ』も制作したボカロPである。
そんな彼が作ったこの楽曲は、タイトルだけを見るとまるで初音ミクとの恋愛ソングのようにも思えるそれだ。
しかし、中身は全くの反対。人生の厳しさを胸ぐるしく歌った切ない系ロックソングである。
人生において、一度でも夢を追いかける為に必死になった事がある人間ならば、きっと胸を抉られる一曲だろう。
漫画のような構成で描かれるMVもまた、涙を誘う一要因である。

僕は初音ミクとキスをした×中田永一『百瀬、こっちを向いて』

恋愛短編作家、中田永一デビュー作。
人間レベル2の卑屈な主人公が、恋愛を通して自分自身と向き合う物語。
それに見合うのは、夢を通して自分自身と向き合っていくこの楽曲以外他にはないと思った。

中田永一『百瀬、こっちを向いて』あらすじ

「人間レベル2」の僕は、教室の中でまるで薄暗い電球のような存在だった。野良猫のような目つきの美少女・百瀬陽が、僕の彼女になるまでは―。しかしその裏には、僕にとって残酷すぎる仕掛けがあった。「こんなに苦しい気持ちは、最初から知らなければよかった…!」恋愛の持つ切なさすべてが込められた、みずみずしい恋愛小説集。
(BOOKデータベース引用)

レフティーモンスターP『START』

聴こえる ボクを呼んでる
ユメが動き出す スタート
(作詞:レフティーモンスターP・伊東歌詞太郎)

胸苦しいバラードが二曲続いたので、ここいらで少々味替え。
熱意に溢れた、バンドサウンドで奏でられるこの楽曲を紹介しよう。

現在、歌い手『伊東歌詞太郎』と共に『イトヲカシ』というユニットも組んでいるボカロPの一曲。
『Lily&GUMI 楽曲コンテスト』にて最優秀賞を受賞した楽曲でもあり、彼自身の『バンドをやりたい! やらねば!』と思い至った頃の気持ちがふんだんに詰め込まれた熱い一曲となっている。
熱意で溢れたこの楽曲を聴いていると、何かを始めたい、やりたい、そんな熱い気持ちが呼び起こされるのを感じる。
そんなエネルギッシュな楽曲に合わせて紹介するティーンズ向け小説は、こちらの一冊である。

START×榎田 ユウリ『カブキブ!』

歌舞伎を部活で行うという、前代未聞の部活動小説。
誰も思いつかなかったことをするのは大変な事だ。けれど、そんな大変な現実にもめげずに、『歌舞伎が好き』という思いで突き進む主人公の姿にエールを送るつもりで、この楽曲と組み合わせて頂いた。

榎田 ユウリ『カブキブ!』あらすじ

高校一年の来栖黒悟(クロ)は、祖父の影響で歌舞伎が大好き。歌舞伎を部活でやってみたい、でもそんな部はない。だったら創ろう!と、入学早々「カブキブ」設立を担任に訴える。けれど反応は鈍く、同好会ならと言わせるのが精一杯。それでも人数は5人必要。クロは親友のメガネ男子・トンボと仲間集めを開始。無謀にも演劇部のスター、浅葱先輩にアタックするが…!?こんな青春したかった!ポップで斬新なカブキ部物語、開幕!
(BOOKデータベース引用)

てにをは『名探偵連続殺人事件』

「そして誰がいなくなった?」
(作詞:てにをは)

小説家でもあり、ボカロPでもあるという驚きの二面作家『てにをは』
彼が描く楽曲は、つねにそのP名のような不可思議で怪しい言葉遊びが詰められた楽曲となっている。
そのなかで、この楽曲は『女学生探偵シリーズ』と呼ばれるシリーズの一曲だ。
偏屈推理小説作家の『先生』と女学生で探偵に仕立てあげられている『ひばり』の二人が様々な事件を解決していく内容が歌われており、ボカロ小説としてが刊行がされている。
今作では、名探偵連続殺人事件の解決に乗り出す二人。
なんとこの楽曲ではシリーズ初、先生とひばりにプロの声優がつけられ、楽中で会話をするシーンが盛り込まれているのだ。
作家好きにはハッとさせられる文豪名をいじった歌詞も盛り込まれており、飽きを一切感じさせないミステリーソングとなっている。

名探偵連続殺人事件×市井 豊『聴き屋の芸術学部祭』

ここいらで主役の年代を少しあげたいと思う。

芸術学部というちょっと変わった人種の巣窟を舞台に、謎の軽快さを携え進む大学ミステリー。
小/中/高校とは一線引いた、大学という独特な空気のある学内で繰り広げられるミステリーを、このボカロ界のミステリーを代表するてにをはの曲にのせて読んで頂きたい。

市井 豊『聴き屋の芸術学部祭』あらすじ

生まれついての聴き屋体質の大学生・柏木君が遭遇した四つの難事件。芸術学部祭の最中に作動したスプリンクラーと黒焦げ死体の謎を軽快かつロジカルに描いた表題作をはじめ、結末が欠けた戯曲の謎の解明を演劇部の主演女優から柏木君が強要される「からくりツィスカの余命」、模型部唯一の女子部員渾身の大作を破壊した犯人を不特定多数から絞り込んでゆく「濡れ衣トワイライト」、そして深夜の温泉旅館で二人組の泥棒とともに“いったいここで何が起こったか”を推理する力作書き下ろし「泥棒たちの挽歌」の四編を収録。聴き屋の柏木君ほか、誰よりもネガティブな性格の先輩、推理マニアの美男子学生作家など、文芸サークル部第三部“ザ・フール”の愉快な面々が謎解きを繰り広げる快作。
(BOOKデータベース引用)

ハチ『ドーナツホール』

簡単な感情ばっか数えていたら
あなたがくれた体温まで 忘れてしまった
バイバイもう永遠に会えないね
(作詞:ハチ)

米津玄師の名でも有名なボカロP『ハチ』による楽曲。
情緒的で切なくありながら、思わず何度も再生ボタンを押したくなる独特的で洗脳性の高いメロディー。
それはハチの持つ独創的な音楽性のそれとしか言いようがなく、もはや他になんと表現をいれていいかわからない。
歌詞もよく聴いてみると、これまでの楽曲を示唆していると思われるものが混ぜ込まれており、考察のしがいがある一曲となっている。
『少年漫画っぽいのを目指して作った』という主コメも合わせて見てみれば、少年漫画のような物語をかけていく主人公の姿が浮かぶような歌詞にも見えてくる為、ハチの曲であり、少年漫画でありと、一曲の筈なのに二つの別々の食べ物を一気に食べさせられているような気持ちになる。

そんな異質さに溢れる独創的なこの曲に、この本を組み合わせさせて頂きたい。

ドーナツホール×櫛木理宇『ホーンテッドキャンパス』

前紹介同様、大学が舞台の作品だが、こちらは『ホラー』というゾッとする世界観で構築された小説。
その上で大学生ならではの胸キュン恋愛事情も描かれており、なんとも異色な展開の一冊だ。
そんな異色さに見惚れ、ドーナツホールと組み合わせさせて頂いた。

櫛木理宇『ホーンテッドキャンパス』あらすじ

八神森司は、幽霊なんて見たくもないのに、「視えてしまう」体質の大学生。片思いの美少女こよみのために、いやいやながらオカルト研究会に入ることに。ある日、オカ研に悩める男が現れた。その悩みとは、「部屋の壁に浮き出た女の顔の染みが、引っ越しても追ってくる」というもので…。次々もたらされる怪奇現象のお悩みに、個性的なオカ研メンバーが大活躍。第19回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞の青春オカルトミステリ。
(BOOKデータベース引用)

 40mP『キミボシ』

僕らが今、見つけたもの
この場所でずっと
光り続けるから
(作詞:40mP)

『少しだけ不似合いな二人の歌』だというこの楽曲。
制作者は上記のみきとPに続く、ボカロファンであればその名を知らない人はいないであろうボカロP『40mP』
40mPの特徴とも言える爽やかな曲調に加え、涙を誘うぬくもりも伴われた曲となっている。ニコニコ動画内でも『切ない』『愛しい』『綺麗すぎて泣ける』などの賛辞が送られている一曲だ。
くわえ、MVもこの曲の世界観を美しく仕上げさせている要因だろう。
明け方近くの真夜中の街中。曲が進むほどに徐々に風景の時間も経過し、空に赤みがさし、その赤みが青になり、そうして朝があけていく。
まるで、不似合いな二人がその出会いから少しずの心を通わせていく光景を比喩しているような、美しいMVだ。

キミボシ×大沼 紀子『真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ』

年齢幅をまた一つステップアップさせてみようと思う。

タイトルからお仕事小説に見えるかもしれないが、実はいじめに育児放棄といった重い話が描かれる、ヒューマンドラマ。
人生と不似合いな登場人物達が、真夜中のパン屋を中心に心通わせ始めていく光景にこの曲が被り、選曲。

大沼 紀子『真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ』あらすじ

都会の片隅に真夜中にだけ開く不思議なパン屋さんがあった。オーナーの暮林、パン職人の弘基、居候女子高生の希実は、可愛いお客様による焼きたてパン万引事件に端を発した、失綜騒動へと巻き込まれていく…。期待の新鋭が描く、ほろ苦さと甘酸っぱさに心が満ちる物語。
(BOOKデータベース引用)

The Egoistic Garden『ブランコ乗りのサン=テグジュペリ』

舞い上がる想いと夢は光の中へ
悠遠を乗せて飛び立つ
(作詞:ダルビッシュP・Keisuke.N)

ここいらで、現代からファンタジックな現実へ舞台を移したいと思う。
というわけで、ファンタジックな現実から生まれたとある一曲の紹介。

ダルビッシュPKeisuke.Nの二人が組んでいるユニット『The Egoistic Garden』にて制作されたこちらの楽曲。
重圧感のあるギターメロが目立つロックバラードな一曲だが、その歌詞は叙事詩のような幻想的な言葉で制作されたものとなっている。
けれど、ただ美しい言葉を連ねているというよりは、まるで何か決まった光景が見えており、それをモデルに書かれているような印象も覚える。
それもその筈。実はこの楽曲は、とある小説がモデルとなって作られているのだ。
その作品とは……。次の項目で紹介させて頂こう。

ブランコ乗りのサン=テグジュペリ×紅玉いづき『ブランコ乗りのサン=テグジュペリ』

SFチックな未来を舞台に、ブランコ乗りという職種に魅了された少女達の話。
憧れなんて綺麗なものだけではなく、渦巻く才への嫉妬や絶望。
だがそれ故に、それでも咲き誇ろうとする少女達の姿は美しく、私達の感情を揺さぶってくる。
そしてその揺さぶりこそが、この楽曲が生み出されたその理由なのである。

紅玉いづき『ブランコ乗りのサン=テグジュペリ』あらすじ

20世紀末に突如都市部を襲った天災から数十年後、震災復興のため首都湾岸地域に誘致された大規模なカジノ特区に、客寄せで作られたサーカス団。花形である演目を任されるのは、曲芸学校をトップで卒業したエリートのみ。あまたの少女達の憧れと挫折の果てに、選ばれた人間だけで舞台へと躍り出る、少女サーカス。天才ブランコ乗りである双子の姉・涙海の身代わりに舞台に立つ少女、愛涙。周囲からの嫉妬と羨望、そして重圧の渦に囚われる彼女を、一人の男が変える。「わたし達は、花の命。今だけを、美しくあればいい」。
(BOOKデータベース引用)

HarryP(はりーP)ft.初音ミク 『声』

時間よ止まれ 止まれば戻れ
叶わないと分かっていても
(作詞:HarryP(はりーP))

繊細なバラード曲を作り上げる事で名高い『HarryP(はりーP)』。
2012年に投稿した『ぼくらのレットイットビー』が涙腺崩壊曲として大きな反響があり、以来、その名をボカロ界に轟かせ続けている。
この楽曲は、そんな彼が『針原 つばさ(現在は『翼』)』名で制作した小説『ぼくらは、そっとキスをした』、その執筆中に思いついたメロディーを基に完成させた楽曲だという。
執筆中の気持ちを連ねた歌詞となっており、一度でも小説を読んだ事がある者ならば思わずその物語を思い出す楽曲となっている。が、反面、読んだ事もない者の心にもまた響くものがあり、『涙が止まらない』『鳥肌が立った』『心がグワッとくる』などといった感想がよせられている。
そんなこの曲。私は初めて聴いた時、ある少女達の物語を思い出した。

声×伊藤計劃『ハーモニー』

見せかけのユートピアに馴染めないまま大人になってしまった、三人の元少女達。
世界に反抗したいという気持ちでつるんでいた三人だが、物語の最後では対立する形で終わってしまう。物語の展開上避けられない結果だが、彼女達が共に過ごしていた少女時代の事を思うと、苦い気持ちを感じざる得ない。
そんな戻らない友情へ。
私はこの曲を送りたいと思う。

伊藤計劃『ハーモニー』あらすじ

21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢する“ユートピア”。そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択したーそれから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰にただひとり死んだはずの少女の影を見るー『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。第30回日本SF大賞受賞、「ベストSF2009」第1位、第40回星雲賞日本長編部門受賞作。
(BOOKデータベース引用)

れるりり feat.ミク&リン&GUMI『神のまにまに』

神のまにまに 仰せのままに
誰だって地球を愛してる
飲めや歌えや どんちゃ騒ぎ
たまにゃそんなのもいいね
(作詞:れるりり)

処女作から殿堂入りをはたすという、驚異の実力ボカロP『れるりり』。
代表曲は『脳漿炸裂ガール』『聖槍爆裂ボーイ』といえば、もしかしたらボカロ好きでなはい方でも名ぐらいは聞いた事があるのではないだろうか。
そんなれるりりによるこの楽曲は、日本神話『天岩屋戸』を基に作られた楽曲。
一見、神話にあったことをそのまま歌われているような楽曲に見えるが、しかしそれはあくまでも比喩であり、中身そのものは現代社会を生きる人々に向けたメッセージ性の高い楽曲のようになっている。
世の中、嫌な事ばかりで疲れる事がたくさん。
だが、そんな時こそ、たまには飲めや歌えやなどんちゃん騒ぎをしちゃおう。そうしてまた明日からも長い人生を頑張っていこう。
そんな人生を前向きにしてくれる、最高のどんちゃんソングである。

神のまにまに×瀬川貴次『ばけもの好む中将』

こんな題だが、本作にばけものは一切出てこない。
悪霊妖怪跋扈な平安時代の筈だが、この作品はあえて全ての事柄には人の影がある形をとっている。
話の展開も軽快で、歴史が苦手な方でも気楽に読める。
そんな新感覚歴史小説に見合うのはこの一曲しかないと、組み合わせた。

瀬川貴次『ばけもの好む中将』あらすじ

二人の姉が居る以外は、ごく平凡な中流貴族の宗孝。御所に鬼が出たという噂を聞き、仲間たちと度胸試しで確かめに行くが、そこに居たのは怪異を愛する変人と名高い名門貴族・宣能だった。なぜか彼に気に入られてしまった宗孝は、彼と共に鬼の正体を追うことに。結局、人の仕業とわかって落胆する宣能だったが、その後も続く怪異の裏には、とある陰謀が隠れていて…。新感覚、平安冒険譚。
(BOOKデータベース引用)

 TOKOTOKO(西沢さんP)『僕らの街に愛が降る夜だ』

僕らの街に愛が降る夜だ
オンステージまでは3歩手前
叱られてるうちが華だろって
もう勝手なこと言わないでおくれよ
(作詞:TOKOTOKO(西沢さんP))

2009年にデビューして以来、中堅な人気を保ち続けてきているロキノン系ボカロP『TOKOTOKO(西沢さんP)』。
明るくポップな楽曲の上で歌われるのは、『何気ないことが幸せだってほら僕は気づいてしまった』という歌詞の一部を引用した主コメ通りの内容。少しひねくれた言い回しがなんだか心にほろりと染みる一曲だ。
実は元々この楽曲、4tnアルバムに収録されていたショートソングで、それをリメイクしたものとなっている。
元の楽曲には主コメで引用された歌詞は存在しておらず、最後の歌詞も『ほらモヤモヤしてる 解決はできない』と曖昧な言葉で終わらされていた。が、今作ではその曖昧さを解決するかの如く、爽快な答えを導き出す一曲にリメイクされている。
この楽曲に添えるのはこの一冊がいい! そう思った小説を紹介。

僕らの街に愛が降る夜だ×宮部みゆき『ステップファザー・ステップ』

降ってくるのは愛じゃなくて、泥棒(偽の父)なんですけどね!
最後に紹介する作品は、現代を舞台に戻しつつも、奇抜な展開から始まるミステリー小説。
ここでしか見られない家族(?)の絆で進むストーリーのユーモアさ。
この爽快な癒しソングと共にぜひ読んでもらいたい。

宮部みゆき『ステップファザー・ステップ』あらすじ

中学生の双子の兄弟が住む家に落っこちてきたのは、なんとプロの泥棒だった。そして、一緒に暮らし始めた3人。まるで父子のような(!?)家庭生活がスタートする。次々と起こる7つの事件に、ユーモアあふれる3人の会話。宮部みゆきがお贈りする、C・ライス『スイート・ホーム殺人事件』にも匹敵する大傑作!
(Amazon 引用)

 まとめ

ボカロ×小説第一段『ラノベ』は多くの方に見て頂けたようで、とても恐縮に思う。
この『まとめ』の冒頭を借りて、改めてお礼を言わせて頂く。ありがとう。

言葉のみの感謝で非常に申し訳ないが、心の底から感謝をしている事を伝える事ができたら幸いに思う。

さて、ボカロ×ティーンンズ向け小説、どうだっただろうか。
お気づきになった方がいるかもしれないが、ボカロ主体とした記事構成だった前回とは反対に、小説を主体とした記事構成にさせて頂いている。

今時『文芸』と一口に言っても、『一般文芸』『ライト文芸』『キャラクター文芸』と色々組み分けがされているものだろう。
だが今回は、わざとその枠組みには捕らわれず、『これぞ十代の方々にぜひ読んで貰いたい』というものを紹介させて頂いた。

そのため、少々私個人の趣味趣向が強く反映された記事ともなっている。
その点に関しては申し訳がない。しかし、『これぞ十代の方々へ!』と思う作品を集めた為、ぜひ一度手に取って頂けると幸いだ。

もしまたボカロ×小説を書く事があれば、その際にはもっと細かくわけたものをやりたいと思う。
その際は、またよろしくして下さると、とても嬉しく思う。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

ボカロの歌詞と音楽が頭の中で鳴り出すライトノベル10選【動画あり】
ボカロ×小説特集、第一段。
新旧様々なボカロ曲にあわせて『ライトノベル』を紹介!

ボカロの歌詞と音楽が頭の中で鳴り出すライトノベル10選【動画あり】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です