『小説 仮面ライダーアギト』あらすじと感想【テレビ版にはなかった風谷真央の内面描写に注目】

『小説 仮面ライダーアギト』あらすじと感想【テレビ版にはなかった風谷真央の内面描写に注目】

既に仮面ライダーである男、〈津上翔一(つがみ しょういち)〉。

記憶喪失の彼は、心理学者〈美杉義彦(みすぎ よしひこ)〉宅に居候として家事に精を出す傍、〈仮面ライダーアギト〉に変身して謎の怪物〈アンノウン〉と戦う。

仮面ライダーになろうとする男、〈氷川誠(ひかわ まこと)〉。

警視庁未確認生命体対策班に所属し、かつて〈あかつき村〉で起こった事件に立ち会った唯一の刑事である彼は、警察の戦闘用スーツ〈仮面ライダーG3〉を身に纏いアンノウンから市民を守る。

仮面ライダーになってしまった男、〈葦原涼(あしはら りょう)〉。

優秀な水泳選手として将来を期待されていた彼は、しかし事故をきっかけに変化していく肉体によって、周囲の人間に見放される。

〈仮面ライダーギルス〉への変化に蝕まれる彼は、襲い来るアンノウンに立ち向かう。

其々の想いを抱えた彼らは、どのように生き、何故戦うのか。

もう1つの、〈仮面ライダーアギト〉の物語。

こんな人におすすめ!

  • ヒーローが好きな人
  • 『仮面ライダーアギト』が好きだった人
  • 『仮面ライダーアギト』に興味はあるが、視聴に時間を割けない人

あらすじ・内容紹介

人を襲う怪物、〈アンノウン〉。

正体不明のその怪物と戦う、3人の戦士がいた。

既に仮面ライダーである男、〈津上翔一〉。

心理学者、〈美杉義彦〉宅に居候し、家事全般を担う男。

記憶喪失という苦悩を抱える彼は、しかし誰よりも能天気に、誰よりも明るく日々を過ごす。

仮面ライダーになろうとする男、〈氷川誠〉。

生真面目で不器用ながら、誰よりも勇気を持った男。

警視庁未確認生命体対策班に所属する彼は、市民を守るため〈G3システム〉を身に纏う。

仮面ライダーになってしまった男、〈葦原涼〉。

粗野で粗暴ながら、胸に確かな優しさを秘めた男。

水泳選手として将来を期待されながら、その将来を断たれた彼は、〈ギルス〉に変異していく己が肉体に恐怖を抱く。

時にぶつかり、時に助け合う3人の仮面ライダー達と、その中心に位置する、〈風谷真央(かざや まお)〉。

彼女を巡り、揺れ動く関係性。

そして、〈アンノウン〉に関連する最大の謎、〈あかつき村事件〉。

其々の想いを胸に、彼らは戦いに身を投じる。

〈仮面ライダー〉とは何なのか。

〈アンノウン〉は何故人を襲うのか。

そして、〈あかつき村〉で起こった事件と、失われた津上翔一の記憶の関係とは?

3人の仮面ライダーによる群像劇と、謎が謎を呼ぶミステリアスな展開で人気を博したテレビドラマ、『仮面ライダーアギト』の物語が、1冊の小説として今蘇る!

『小説 仮面ライダーアギト』の感想・特徴(ネタバレなし)

文章で蘇る、キャラクター達の生き様

それは……ノーかな

『仮面ライダーアギト』という作品の魅力の1つは、個性豊かなキャラクター達による群像劇だろう。

人気特撮ドラマ『仮面ライダーアギト』を、1冊の小説として再編した今作。

全51話にも及ぶ作品のストーリーを1冊に纏めているため、物語の展開はテレビ版とは大きく異なる。

しかし、心配は無用。

今作中に登場するキャラクターたちは、皆一様にテレビ版の特徴をしっかりと纏っている。

能天気な津上翔一や不器用な氷川誠、気性の荒い葦原涼などは、テレビ版そのままである。

特に氷川vs豆腐のシーンなどは、キャラクターの声すらも脳内で再生されるレベルの再現度だ。

是非とも、懐かしのキャラクター達の様子を暖かく眺めてみてほしい。

かつて『仮面ライダーアギト』を観ていた読者であればきっと、〈あー、コイツはこのタイミングで、そういうこと言うよな〉という、旧知に会った様な気分になれる筈だ。

謎が謎を呼ぶ、ストーリー展開

聞かせてください、君の村でいったい何があったのか

『仮面ライダーアギト』という作品の魅力は、勿論キャラクターだけではない。

謎が謎を呼ぶ、ミステリアスな展開は、小説となった今作でも健在だ。

特に、テレビ版で〈旅客船の謎の遭難〉として描かれた〈あかつき号事件〉。

『仮面ライダーアギト』という作品の中で、最重要の位置を占めていたこの事件は、今作において〈あかつき村事件〉として描かれる(余談だが、『仮面ライダーアギト』のメイン脚本を務めた井上俊樹氏は、物語が佳境に入るまで〈あかつき号事件〉の詳細を決めていなかったらしい)。

村人全員が何者かによって惨殺された事件は、3人の仮面ライダーと1人の少女の人生に、大きな影響を与えている。

果たして、〈あかつき村〉でかつて何が起こったのか?

深まる謎に迫っていく緊迫感が、読む手を止めさせない。

恋愛小説的側面も

そしたら結婚してあげる

加えて今作には、ヒロインの〈風谷真央〉を中心に据えた恋愛小説としての側面もある。

能天気で明るい男、津上翔一。

不器用だが誠実な男、氷川誠。

粗野だが優しさを秘めた男、葦原涼。

3人の間で揺れ動く真央の内面描写は、テレビ版にはない今作独自のものなので、〈テレビ版を観たから良いや〉などと思わず是非読んでみて欲しい。

まとめ

初めての〈多人数ライダー〉として、3人の仮面ライダー(途中からは4人になったが)たちによる群像劇を描いた、『仮面ライダーアギト』。

全51話にも及ぶ長編を1冊の小説としてまとめて上げた今作は、キャラクター達の様子や深まる謎の魅力を、見事に再現している。

その上で、小説オリジナルの要素も見事に溶け込ませているので、『仮面ライダーアギト』を観たことがある人もそうでない人も、少しでも興味があれば是非とも手に取ってみて欲しい。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

仮面ライダーシリーズ小説版レビューまとめ仮面ライダーシリーズ小説版レビューまとめ 1番面白い!と思ったおすすめ本まとめ【読書好き40人に聞いた!】1番面白い!と思ったおすすめ本まとめ【読書好き40人に聞いた!】 PSYCHO-PASS小説版全巻レビューまとめPSYCHO-PASS小説版全巻レビューまとめ

書き手にコメントを届ける

あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。