『小説 仮面ライダーブレイド』あらすじと感想【300年の時を経て、アンデットとの新たな戦いが始まる】

『小説 仮面ライダーブレイド』あらすじと感想【300年の時を経て、アンデットとの新たな戦いが始まる】

かつて、世界を守るために戦った男がいた。

男の名前は、〈剣崎一真(けんざき かずま)〉。

彼は〈仮面ライダー剣(ブレイド)〉に変身し、不死の怪物〈アンデット〉を封印するために奔走した。

彼を取り巻くのは、幾度となく対立しながら、次第に心を通わせていった仲間達。

激しい戦いの末、最後の1体〈ジョーカー〉を残した、全てのアンデットを封印することに成功した剣崎達。

しかし、〈ジョーカー〉が勝ち残ってしまったが故に、世界は滅びかける。

そんな世界と、〈ジョーカー〉の想いを救うため、1つの決断をした剣崎は、世界を救った末に皆の前から姿を消した。

それから300年後。

自らが何物かを忘れてしまった〈ケンザキ〉は、過酷な状況で生きる人々をアンデットの脅威から救うため、〈仮面ライダー剣〉として再び立ち上がる。

特撮テレビドラマ『仮面ライダー剣』の300年後を描いた新たなる戦いの記録‼︎

こんな人におすすめ!

  • ヒーローが好きな人
  • ディストピア小説が好きな人
  • 『仮面ライダー剣』を視聴済みの人

あらすじ・内容紹介

かつて、〈仮面ライダー剣(ブレイド)〉として不死の怪物〈アンデット〉と戦い、世界を救った男がいた。

男の名は、〈剣崎一真〉。

人々を救うために奔走する彼は、徐々に多くの仲間達に慕われるようになっていく。

クールでかっこいい先輩ライダー、〈橘朔也(たちばな さくや)〉。

普通の学生でありながら、力を手にしてしまった〈上城睦月(かみじょう むつき)〉。

そして、最凶のアンデット〈ジョーカー〉でありながら、人の心を持ってしまった〈相川始(あいかわ はじめ)〉。

時に対立し、時に傷つけ合いながらも、彼らの間には確かな絆が芽生えていった。

しかし、〈ジョーカー/相川始〉を除く全てのアンデットの封印に成功した時、破滅の幕が開いた。

〈ジョーカー〉が最後の1人になれば、地球上の生態系はリセットされる。

剣崎は、地球に生きる人々と〈相川始〉の双方を救うため、とある決断をする。

人ならざるものへと変貌した剣崎は、〈相川始〉に人間達の中で生きるように言い残すと、何処かへ姿を消した。

そして、2度と仲間達の前に姿を見せることはなかったのだった。

時は流れ、300年後。

自らが何物であるかも忘れてしまった〈ケンザキ〉は、過酷な状況で生きる人々を救うために、〈仮面ライダー〉として再び立ち上がる。

一方、〈天蓋都市〉と呼ばれる格差社会の底辺に暮らす人々の中には、〈相川始〉の姿があった…。

新たなる脅威を前に、仮面ライダー達が再び立ち上がる‼︎

『小説 仮面ライダーブレイド』の感想・特徴(ネタバレなし)

300年を経て蘇る、仮面ライダーたちの活躍

変身!

永き封印から蘇った怪物〈アンデット〉と、アンデットを再び封印するために立ち向かった〈仮面ライダー〉たちの戦いを描いたテレビドラマ『仮面ライダー剣』。

物語の最後、主人公の〈剣崎一真/仮面ライダー剣(ブレイド)〉は、とある決断をした。

最凶のアンデット〈ジョーカー〉でありながら、人の心を持ってしまった〈相川始/仮面ライダーカリス〉。

最後に生き残ったアンデットが〈ジョーカー〉1人になってしまった時、地球の生態系はリセットされてしまう。

始が人間達の中で暮らせるようにするため、剣崎は自ら不死の怪物と化し、仲間達の前から姿を消した。

今作では、それから300年後の未来を描いている。

世界は荒廃し切ってしまい、唯一の安全に暮らせるであろう土地〈天蓋都市〉はあまりにも過酷な格差社会となっている。

そんな世界に再び迫る、アンデットの脅威。

人々を守るため、再び立ち上がる剣崎と始の姿からは、目が離せない。

更に、かつては〈橘朔也〉が変身していた〈仮面ライダーギャレン〉と、同じく〈上城睦月〉が変身していた〈仮面ライダーレンゲル〉も再び登場する。

変身者は、かつての橘と睦月を思わせる男、〈タチハラ〉と〈サツキ〉。

新たな仮面ライダーとして戦うことを選んだ彼らの覚悟も、今作の要注目ポイントだろう。

(特に〈タチハラ〉に至っては、〈そんなところまで似なくても〉という部分でも橘さんを思わせるので、その辺りも注目していると楽しいかもしれない)

〈統制者〉との戦い

封印の石……またの名を、統制者!

『仮面ライダー剣』という作品の中で、唯一誰も抗うことができなかった絶対的な存在、〈統制者〉。

世界のルールのような存在であったこの〈統制者〉は、今作において意思を持った存在として襲い掛かる(おそらくは賛否両論ある展開だが、否定派の人であっても満足できるシーンんが控えているので、まだ待ってほしい)。

『仮面ライダー剣』のテレビ本編において、沈黙を貫き続け、何事も語ることのなかった〈統制者〉の意思が明かされるのも、今作の大きな見どころだろう。

あまりにも強大な敵である〈統制者〉の恐ろしいまでの力と、それに立ち向かう4人の仮面ライダーの雄姿を、じっくりと楽しんでほしい。

剣崎一真と相川始、2人の結末

もうすぐ夜が明ける

何度も傷つけ合いながら、しかし徐々に互いを信頼し合い、深い絆で結ばれていった剣崎一真と相川始。

道を違え、2度と出会うことはなかったはずの2人の本当の結末が描かれているのも、今作の大きな魅力だ。

たった1ページ、ほんの7行の結末ではあるが、このページを読んだだけで全てが報われたような気持ちになるはずだ。

この1ページだけでも価値のある作品であるため、1度だけでもまずは読んで見てほしい。

きっと、満足できるはずだ。

まとめ

『仮面ライダー剣』本編から300年後という、遙か未来での戦いを描いた今作。

それ故、テレビ本編から続投するキャラクターは〈剣崎一真〉と〈相川始〉の2人だけである。

しかし、〈橘朔也〉や〈上城睦月〉を思わせる〈タチハラ〉と〈サツキ〉が登場し、〈ギャレン〉や〈レンゲル〉に変身するため、〈4人の仮面ライダーが並び立つ〉という熱い展開を見せてくれる作品となっている。

更に、本編では悲痛な別れで終わるしかなかった剣崎と始の、希望の残る結末が描かれるなど、本編を見ていた読者にも確実に刺さるシーンもあるので、〈あまりにも本編から時間時空が離れすぎている〉と敬遠することなく、まずは1度読んで見てほしい。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

仮面ライダーシリーズ小説版レビューまとめ仮面ライダーシリーズ小説版レビューまとめ 1番面白い!と思ったおすすめ本まとめ【読書好き40人に聞いた!】1番面白い!と思ったおすすめ本まとめ【読書好き40人に聞いた!】 PSYCHO-PASS小説版全巻レビューまとめPSYCHO-PASS小説版全巻レビューまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です