恋愛漫画おすすめ40選【マンガでも恋愛を楽しんじゃおう!】

「おもしろい恋愛漫画を読みたいけど、あまりにもたくさんあってどれがオススメなのか分からない…誰か教えてっ!」

と、お悩みのそこのあなた!

この記事では、そんなあなたにぴったりの恋愛漫画を40選ご紹介します。

気になる作品がきっと、見つかりますよ?

『椿町ロンリープラネット』

父親が多額の借金を抱えたため、とある小説家のもとで住み込み家政婦として働くことにした主人公。

その小説家は古風な作品を書く、イケメンでした。

そんなイケメンの小説家と恋をし、徐々に距離を近づけていきます。

『きみはかわいい女の子』

小さくて細い体に幼い頃から、コンプレックスを持っていた主人公

そんな主人公は同じ高校に通う正宗に出会います。

なくしたものを一緒に探してくれる・荷物を一緒に運んでくれるなどの彼の優しさに惚れ、次第に恋心を抱いていきます。

『アオハライド』

初恋の人が突然転校してしまい思いを伝えられなかった主人公。

ある日、その初恋の人に出会いましたが、両親が離婚したことによって名字、そして性格も変わってしまっていました。

あの頃には戻れないと思いつつも、再び思いを寄せます。

『花野井くんと恋の病』

隣のクラスの花野井君に傘を貸したことがきっかけで、「僕と付き合ってください」と告白されてしまった主人公。

主人公は花野井君とお試しで付き合うことにしますが、徐々に本当に好きになっていきます。

『ストロボ・エッジ』

恋をすることがよく分からない主人公。

自分を好きだと思っている大樹を知り、いい人だとは思っているのに好きにはなれませんでした。

ある日、電車で学校で人気者の蓮に出会い、少し会話しただけで恋をしていきます。

『初めて恋をした日に読む話』

親の期待に応え、中高では成績上位だった順子。

しかし、大学受験に失敗してしまい就職活動をするも上手くいかずに自信を失っていきました。

それから、不良の高校生に出会い順子の人生が少しずつ変わっていきます。

『どうせもう逃げられない』

主人公の夢は、OLになること。

夢を叶えるために短期バイトをすることにしますが、最初はバイトの代表に良いイメージがありませんでした。

そこから就職仲間に利用されても責めない主人公を、バイトの代表は慰めてくれ少しずつ思いを寄せます。

『オオカミ少女と黒王子』

主人公は、プライドが高い高校生。

そのため、彼氏が居ないのに誰かと付き合っているかのようにイケメンを盗み撮りして友だちに見せました。

そのイケメンは同じ学校に通っていて、本人にバレてしまいイケメンのになることを命令されてしまいます。

『君に届け』

暗い見た目なので、周りから怖がられていた主人公。

そんな主人公にも優しく接してくれる風早に憧れていました。

風早の提案で文化祭でお化け屋敷をやることになり、そこで主人公はお化け役として徐々に距離を近づけていきます。

『なのに、千輝くんが甘すぎる。』

人生初の告白に失敗し、もう告白なんかしないと誓った主人公。

主人公の告白を見ていた学校で1番モテる千輝君に、片思いごっこをしようと提案されます。

片思いごっこをしながら、千輝君のことを好きになっていきます。

『高嶺の蘭さん』

見た目も勉強もスポーツもできる主人公は、高嶺の花と呼ばれて周りからは絡みづらい存在でした。

そんな主人公を晃だけは周りと同じように接してくれるので、少しずつ晃に心を惹かれていきます。

『エマ』

ウィリアムはお世話になった家庭教師の家を訪れました。

そこで住み込みで働いているエマに出会い、少しずつ意識していきます。

そのうちエマもウィリアムのことを好きになっていきますが、エマの家族はお互いの関係を認めようとしませんでした。

『春待つ僕ら』

いじめられた過去があり友達ができない主人公。

高校では友達を作ると意気込んだ主人公ですが、些細なことからバスケ部のイケメン4人と仲良くなっていきます。

それから、主人公の人生が変化していきます。

『四月は君の嘘』

母親の死がきっかけで、ピアノの音が聞こえなくなってしまった主人公。

主人公は、かつてピアノ界の神童とも言われており、どんな難曲でも完璧に弾けるほどの実力を持っていました。

そんな主人公がヴァイオリニストの宮園かをりと出会い、成長していきます。

『聲の形』

小学生の時にろう者の女の子をいじめてしまった主人公

そんな主人公は逆にいじめられてしまい、引きこもってしまいました。

高校生の時にかつていじめていた女の子と再会し、将也は手話を学ぶなどと少しずつ距離を縮めていきます。

次のページ

『ソラニン』

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。