【読書好き23人がおすすめする】2020今年読んだこの本がすごい

あなたは今年、何冊本を読みましたか?

心の本棚にずっと置いておきたいような素敵な1冊には出会えましたか?

今回、読書好きの方23名に「2020年読んだこの本がすごい」を聞きました。

今年1年間の読書活動を振り返りながらご覧ください!

読書好きおすすめ本2020

鬼滅の刃

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!! 血風剣戟冒険譚、開幕!!
(Amazon商品説明より)

『鬼滅の刃』の感想

ラマンボ

やっぱり今年はこれでしょう!
今年一番多くの人が触れた作品だと思います。
涙も笑いも、そしてたまにキュンもあって、なにより勇気をもらえます。
伊之助が大好きです✨
先生、素敵な作品を書いてくださりありがとうございました!
そしてお疲れさまでした!!

メロンソーダ

子供のアニメ鑑賞から始まり、すぐに全巻揃え映画も見に行きグッズも集め、家族みんなでとにかく楽しみました🥰
我が家にとって鬼滅の年と言っても過言はありません😭
コロナ禍で鬱々とした中、楽しい時間をありがとうございました🙏
鬼滅の刃 人気キャラクターを一覧で紹介!(柱や女性キャラも)【名前/誕生日/プロフィール】鬼滅の刃 人気キャラクター・登場人物を一覧で紹介!【柱や女キャラも】

夏の騎士

あの夏、ぼくは「勇気」を手に入れた。稀代のストーリーテラーによる約3年ぶり、渾身の長編小説。人生で最も大切なもの。それは、勇気だ。ぼくが今もどうにか人生の荒波を渡っていけるのは、31年前の出来事のおかげかもしれない―。昭和最後の夏、ぼくは仲の良い友人2人と騎士団を結成する。待ち受けていたのは、謎をめぐる冒険、友情、そして小さな恋。新たなる感動を呼び起こす百田版「スタンド・バイ・ミー」、遂に刊行。
(Amazon商品説明より)

『夏の騎士』の感想

とも雪

少年時代の冒険、友情、小さな恋を爽やかに描いた作品。
青春がいっぱい詰まってて甘酸っぱい!
ワクワクするストーリーで夏の思い出にノスタルジーを感じました。
読後の爽快感がとても良い。
いつ読んでも面白いけど、夏の間に読むとより雰囲気を楽しめるかなと思います。

危険なビーナス

独身獣医の伯朗のもとに、かかってきた一本の電話―「初めまして、お義兄様っ」。弟の明人と最近、結婚したというその女性・楓は、明人が失踪したといい、伯朗に手助けを頼む。原因は明人が相続するはずの莫大な遺産なのか。調査を手伝う伯朗は、次第に楓に惹かれていくが。恋も謎もスリリングな絶品ミステリー。
(Amazon商品説明より)

『危険なビーナス』の感想

鈴蘭's

ビーナスの正体が最後まで気になる展開、結末は感嘆の極みでした。
ページ数に比例した高尚なミステリー、物語の核となる『ウラムの螺旋』とは。
天文学的な数字の羅列に魅せられた人々。
人知を超えた奇跡に畏れを抱くのは、少なくとも罪ではないと信じたい。
『危険なビーナス』原作小説あらすじと感想【謎が謎を呼ぶ。弟の失踪と30億の遺産を巡るミステリー】『危険なビーナス』原作小説あらすじと感想【謎が謎を呼ぶ。弟の失踪と30億の遺産を巡るミステリー】

チェンソーマン

悪魔のポチタと共にデビルハンターとして借金取りにこき使われる超貧乏な少年・デンジ。ド底辺の日々は、残忍な裏切りで一変する!! 悪魔をその身に宿し、悪魔を狩る、新時代ダークヒーローアクション、開幕!
(Amazon商品説明より)

『チェンソーマン』の感想

nattu

ステイホームしていた為たくさんの漫画を読みましたが中でも最高でしたね。
義務教育を受けておらず破綻した生活を送っていただけあって、言動も行動も変だけど心根は素敵な少年なデンジ君、最高でした。
アニメ化、ジャンプ+で第二部楽しみです。

鹿の王 水底の橋

伝説の病・黒狼熱大流行の危機が去った東乎瑠帝国では、次の皇帝の座を巡る争いが勃発。そんな中、オタワルの天才医術師ホッサルは、祭司医の真那に誘われて恋人のミラルと清心教医術発祥の地・安房那領を訪れていた。そこで清心教医術の驚くべき歴史を知るが、同じころ安房那領で皇帝候補のひとりの暗殺未遂事件が起こる。様々な思惑にからめとられ、ホッサルは次期皇帝争いに巻き込まれていく。『鹿の王』、その先の物語!
(Amazon商品説明より)

『鹿の王 水底の橋』の感想

絃月おと

『鹿の王』の続編、しかもホッサルが主人公ということで期待大でした。
読後、その期待を上回る満足感があり、「さすが上橋菜穂子さん」と感嘆。
コロナ禍で苦しい中、人の温かさと明るさに包まれて心が救われました。
希望を持てる作品です。

オーバーライト

グラフィティ。それは俺と彼女の想いすら鮮やかに上書く、儚い絵の魔法―。ブリストルに留学中の大学生ヨシは、ある日バイト先の店頭に落書きを発見する。普段は気怠げ、だけど絵には詳しい同僚のブーディシアと犯人を捜索するうちに、グラフィティをめぐる街の騒動に巻き込まれることに…。
(Amazon商品説明より)

『オーバーライト』の感想

小波 蛍

個性的なキャラクターと、シンプルに見えながらも、芸術に身を置く人はきっと深く考えて共感するテーマを含んだストーリーに惹かれました。
何より、読んだ後はブリストルに行きたくなります。
そう思わせられるだけのパワーがある物語です。

SPY×FAMILY

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!
(Amazon商品説明より)

『SPY×FAMILY』の感想

ほしのすな

スパイの父、殺し屋の母、超能力者の娘、それぞれの裏側を知らない他人だった3人が家族になり日常を奮闘する話ですが、とにかく面白いです。
絵やストーリーの上手さ、娘のアーニャの可愛さやコミカルさに虜になってしまう人が続出です

ウォーリーをさがせ!トラベルコレクション

ウォーリー誕生25年記念。シリーズ7タイトルがすべて入ったスペシャル版!
(Amazon商品説明より)

『ウォーリーをさがせ!トラベルコレクション』の感想

kattobi

ウォーリー探しは簡単ですが、リストの物を探すのはやりごたえがありました。
リストのお題は絵ではなく文で描いてあるので、符号する絵を見つけた時にはウォーリーを見つけた時にはない快感が得られました。
ブレた線の絵が良い。

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました

公爵令嬢アイリーンは転生前の記憶を取り戻したものの、自らが破滅まっしぐらなことに気づいて大ピンチ!!アイリーンが起死回生の一手として選んだ手段は、ラスボスの魔王クロード攻略?!
(Amazon商品説明より)

『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』の感想

あかる

ヒロインが魅力的な悪役令嬢物はあれど、ゲームのヒロインポジ(普通はざまぁされる)キャラクターの造形がここまで練り込まれていて、かつ最後まで重要な役どころとして動き続ける作品は初めてで、本当にすごい作品だと思いました。

ブレイブストーリー

小学五年生の亘は、成績はそこそこで、テレビゲームが好きな男の子。大きな団地に住み、ともに新設校に通う親友のカッちゃんがいる。街では、建設途中のビルに幽霊が出るという噂が広がっていた。そんなある日、帰宅した亘に、父は「この家を出てゆく」という意外な言葉をぶつける。不意に持ち上がった両親の離婚話。これまでの平穏な毎日を取り戻すべく、亘はビルの扉から、広大な異世界―幻界へと旅立った!

(Amazon商品説明より)

『ブレイブストーリー』の感想

ことり

出会う人に影響を与え、自身も受けながら自分の強さや弱味に向き合っていく主人公。
子供には各々自分の世界があり、親が思ってる以上に強く、逞しく育つ。
そんな事を教えてくれる、子育て世代にもお薦めの一冊✨

ボトルネック

亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した…はずだった。ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。
(Amazon商品説明より)

『ボトルネック』の感想

だしまき

十代の少年少女を主人公とした青春小説を得意とした米澤穂信さんのイメージを大きく覆されました。
心理的にとても残酷な展開でやるせなさが幾重にも重なります。
読み終わったあとに心に残るものがありました。

旅猫リポート

野良猫のナナは、瀕死の自分を助けてくれたサトルと暮らし始めた。それから五年が経ち、ある事情からサトルはナナを手離すことに。『僕の猫をもらってくれませんか?』一人と一匹は銀色のワゴンで“最後の旅”に出る。懐かしい人々や美しい風景に出会ううちに明かされる、サトルの秘密とは。永遠の絆を描くロードノベル。
(Amazon商品説明より)

『旅猫リポート』の感想

ともも

金曜ロードショーで見た時に感動して、受験が終わったあとに原作の方を読みました。
1番好きなシーンは悟とひまわり畑に行ったシーンです!
描写が美しく描かれていてとても好きなシーンでした!
『旅猫リポート』あらすじと感想【一人と一匹が旅をする理由】『旅猫リポート』原作小説あらすじと感想【一人と一匹が旅をする理由】

破局

私を阻むものは、私自身にほかならない。ラグビー、筋トレ、恋とセックス―ふたりの女を行き来するいびつなキャンパスライフ。28歳の鬼才が放つ、新時代の虚無。第163回芥川賞受賞。
(Amazon商品説明より)

『破局』の感想

三日月

帯に新時代の虚無と書いてあるが、まさにその通りでした。
芥川賞受賞作品は読みづらいのかと思ったけれど、読みやすかった。
この不思議な世界観、沢山の人に経験して欲しいです。
『破局』あらすじと感想【破滅へと突き進む青年を描いた衝撃の芥川賞受賞作】『破局』あらすじと感想【破滅へと突き進む青年を描いた衝撃の芥川賞受賞作】

また、同じ夢を見ていた

「人生とは和風の朝ごはんみたいなものなのよ」小柳奈ノ花は「人生とは~」が口癖のちょっとおませな女の子。ある日、彼女は草むらで一匹の猫に出会う。そしてその出会いは、とても格好いい“アバズレさん”、手首に傷がある“南さん”といった、様々な過去を持つ女性たちとの不思議な出会いに繋がっていき―。大ベストセラー青春小説『君の膵臓をたべたい』の住野よるが贈る、幸せを探す物語。
(Amazon商品説明より)

『また、同じ夢を見ていた』の感想

Ayaka

この作品は、一匹の猫と1人の少女が幸せを探し求める物語です。
読み終わった時に自分の人生について考えさせられる作品でした。
『また、同じ夢を見ていた』あらすじと感想【幸せの形とは?】『また、同じ夢を見ていた』あらすじと感想【幸せの形とは?】

崩れる脳を抱きしめて

広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷は、脳腫瘍を患う女性ユカリと出会う。外の世界に怯えるユカリと、過去に苛まれる碓氷。心に傷をもつふたりは次第に心を通わせていく―。実習を終え広島に帰った碓氷に、ユカリの死の知らせが届く。彼女は死んだのか?ユカリの足跡を追い、碓氷は横浜を彷徨う。驚愕し、感動する、恋愛ミステリー!第8回広島本大賞、第4回沖縄書店大賞、第1回一気読み大賞、3冠!
(Amazon商品説明より)

『崩れる脳を抱きしめて』の感想

yamadakaname

終末期医療、恋、ミステリーそしてどんでん返しと盛りだくさんな内容でした。
切なさの余韻に浸れる魔力があります。
おすすめです。

心霊探偵八雲12

晴香を守り切ることができなかった。自分の無力さを実感し、後悔の念に苛まれる八雲。始まりの場所で待っている―。再び現れた七瀬美雪を前に、八雲は重大な決断を迫られるが…。深淵の果てに、八雲が見たものとは。16年にわたって紡がれた、「心霊探偵八雲」シリーズ遂に完結!!
(Amazon商品説明より)

『心霊探偵八雲12』の感想

愛藍

本編、外伝、番外編のラストがやっと刊行。
15年以上読み続けての完結。
納得と救いのある結末で本当によかった!
神永先生お疲れさまでした。

羅生門

小説家の登龍門である「芥川賞」に、その名をとどめる芥川龍之介は、深刻な人生の悩みに耐えながら、機智と諧謔と博識を駆使し、みごとな短篇小説を書き残した。新鮮な抒情、傑出した虚構、そして明晰な文章で、今なお人々を魅了してやまない不世出の天才の代表的作品を、一冊に収めた21世紀への日本の遺産。
(Amazon商品説明より)

『羅生門』の感想

綾人

下人の感情の変化、そして展開の仕方に捕らわれたよ。
久しぶりに一気に読みきってしまった物語だった。

リアルフェイス

美を創り出す芸術家のように、依頼者の顔を変える天才美容外科医・柊貴之。金さえ積めばどんな要望にも応える彼のもとに、奇妙な依頼が舞い込む。いまの妻の顔を前妻の顔に変えろ、ある男を別人にしてほしいなど。さらに、整形美女連続殺人事件の謎が…。予測不能の一気読み医療サスペンス×ミステリー!
(Amazon商品説明より)

『リアルフェイス』の感想

まやまやちゃん

美容整形の世界を舞台にしたミステリーなのですが、最後のどんでん返しがすごかった😂面白かったです✨
『リアルフェイス』あらすじと感想【現役医師が書いた医療ミステリー×サスペンス】『リアルフェイス』あらすじと感想【現役医師が書いた医療ミステリー×サスペンス】

閉鎖病棟

帚木蓬生(著)

とある精神科病棟。重い過去を引きずり、家族や世間から疎まれ遠ざけられながらも、明るく生きようとする患者たち。その日常を破ったのは、ある殺人事件だった…。彼を犯行へと駆り立てたものは何か?その理由を知る者たちは―。現役精神科医の作者が、病院の内部を患者の視点から描く。淡々としつつ優しさに溢れる語り口、感涙を誘う結末が絶賛を浴びた。山本周五郎賞受賞作。
(Amazon商品説明より)

『閉鎖病棟』の感想

柴田 剛

精神科病院の患者さん達はどんな一日を送っているのか、今まで精神疾患を扱った小説はあるけれど、ここまで丁寧に扱っている作品は初めてでした。
遠い家族よりも患者さんの事をより理解しているのは近くの他人(看護師)で、素敵な言葉を投げかけてくれていました。
また、主要人物の一人である少女の心の解け方がわかり易く描かれていて、特別接せずに自然と話が生まれ、これが本当の作業療法だなと感じました。
そして、皆、生きづらさを抱えているのだけれど、とても暖かく、他者への接し方が優しい方という印象を持ちました。
胸が締め付けられる程の切なさとじんわりと暖かくなる物語でした。

逆境をプラスに変える吉田松陰の究極脳

トップ脳神経外科医が、どんな逆境でも負けることのなかった吉田松陰の「不屈の脳」を解析。
吉田松陰は脳の使い方の達人だった。その究極の脳の使い方を知れば、誰もがレベルアップできる!
松陰はなぜ逆境に強かったのか
なぜあれほど人を魅了したのか
その答えは松陰の脳の使い方にあった!(Amazon商品説明より)

『逆境をプラスに変える吉田松陰の究極脳』の感想

あっきー

幕末に生きた吉田松陰の脳や生き方を参考に、今の私たちにも役に立つストレスに負けない方法が書かれている。
今年は例年よりたくさん本を読んだ年だったが、歴史上の人物の一つ一つの言葉に感銘を受けたのは、中学生のときに出会った孔子の論語以来なので10年以上ぶり。
改めて吉田松陰のことが知れてよかった。
吉田松陰の残した言葉、行動から、私もたくさん影響受けて以前より前向きに頑張ろうと思えるようになっている。
コロナ渦で思うようにいかない、つまらないと思っている人にこそ、読んでみてほしい一冊。
『逆境をプラスに変える吉田松陰の究極脳』あらすじと感想【吉田松陰から学ぶストレスに負けない脳の使い方】『逆境をプラスに変える吉田松陰の究極脳』あらすじと感想【吉田松陰から学ぶストレスに負けない脳の使い方】

ドクター・デスの遺産

安らかな死をもたらす白衣の訪問者は、聖人か、悪魔か。警視庁vs闇の医師=極限の頭脳戦が幕を開ける。どんでん返しの帝王が放つ、息もつかせぬ警察医療ミステリ!
(Amazon商品説明より)

『ドクター・デスの遺産』の感想

うぐはら

犬飼隼人シリーズ第4弾。テーマは『安楽死』。
最強のバディが戦う相手は、顔の見えない正体不明の医者「ドクター・デス」。
重い内容に囚われがちですが、そこはミステリの名手中山七里さん。
切れ味鋭いユーモアとハイテンポな展開が魅力です。

今回の事件は他人事ではありません。
難病を抱えた娘の沙耶香ちゃんを巡り犬飼はひとりの父として葛藤します。
暴走しがちな彼を引き戻す相棒、高千穂の活躍も見所です。
被害者のない殺人は罪に問われるのか。安楽死は認められるべきなのか。
ドクター・デスの真意は何なのか。
映画と原作では結末が異なります。くれぐれも見逃さないでください。

Think clearly

この複雑な世界を生き抜くための、鮮明なる指針。心理学、行動経済学、哲学、投資家や起業家の思想をひもとき、スイスのベストセラー作家が渾身の力でまとめ上げた、未来が変わる「52の考え方」。
(Amazon商品説明より)

『Think clearly』の感想

ゆうや

以下に1つでも当てはまる方はぜひ読んでみて本書の素晴らしさを知ってほしいです!!
「今よりもっともっと幸せな人生を送れるようになるための考え方を知りたい」「スキマ時間にサクッと読めて、すぐに実践できてためになる知識が満載のビジネス書を読みたい」「単純に読み物として楽しい作品と出会いたい」「ウォーレン・バフェットなど俗に言う成功者と呼ばれる経営者たちが成功した理由が気になる」「長期的に1つのことをコツコツ続けるのが得意だけど、本当にこのまま続けていいのかと悩んでいる」
読了後、あなたの人生のバイブル、道標になってくれること請負です。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です