string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(244) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:46:"2022/07/f42f8fdf521ab2e66bda4c9ad5cb3c2c-1.jpg";s:4:"href";s:23:"https://amzn.to/3Bw2I9T";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1911|1910";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1911"
  [20]=>
  string(4) "1910"
}
string(17) "is__has_category "
bool(true)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7113 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(1910)
  ["name"]=>
  string(24) "一般ブックコラム"
  ["slug"]=>
  string(6) "normal"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(1910)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(0) ""
  ["parent"]=>
  int(1909)
  ["count"]=>
  int(66)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(4)
  ["cat_ID"]=>
  int(1910)
  ["category_count"]=>
  int(66)
  ["category_description"]=>
  string(0) ""
  ["cat_name"]=>
  string(24) "一般ブックコラム"
  ["category_nicename"]=>
  string(6) "normal"
  ["category_parent"]=>
  int(1909)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
array(1) {
  [0]=>
  string(208) "{"top":"7500","path":"2022\/07\/f42f8fdf521ab2e66bda4c9ad5cb3c2c-1.jpg","href":"https:\/\/amzn.to\/3Bw2I9T","categories":"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1911|1910"}"
}
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
array(1) {
  [0]=>
  string(208) "{"top":"7500","path":"2022\/07\/f42f8fdf521ab2e66bda4c9ad5cb3c2c-1.jpg","href":"https:\/\/amzn.to\/3Bw2I9T","categories":"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1911|1910"}"
}
bool(true)

モテる女は何が違う? 小説『夜は短し歩けよ乙女』ヒロインからモテ女の秘訣を学べ!

モテる女の子の決め手は何なのか―。

“顔”と言ってしまえばそれまでですが、そこそこの顔面偏差値でもモテる女の子はたくさんいますよね。

逆にモテない美人もまた然り。

そこで今回はモテる条件を探るべく、“理想の女の子”と名高い『夜は短し歩けよ乙女』(KADOKAWA)のヒロインに注目してみました。

その名も、好奇心旺盛な女子大生・黒髪の乙女。

もちろん本名ではありませんが、作中では名前の代わりに“黒髪の乙女”と表記されています。

天然キャラはモテる?

そんな彼女の人物像をひと言で説明するならば、とことんマイペースな天然キャラ。

たとえば男性からジーっと見つめられた際には、こんなことを思ったりします。

私を見つめるぐらいならば、炊飯器を眺めているほうが心楽しい充実した時を過ごせましょう。(中略)ひょっとして私の顔に何かオモシロオカシイものが? 私はこっそり顔をこすりました。

何がすごいってこれが計算ではなく、素でやっているから恐ろしい。そしてなぜ炊飯器…。

確かにこれだけでも彼女の可愛さは何となく伝わりますが、かといって“天然キャラ=モテる”と定義づけるにはあまりにも浅はかすぎます。

というか顔をこすっただけでモテるなら、私もここまで苦労しないはず(笑)。

誰にも媚びず、誰にでも平等に接する

では彼女の魅力はいったい何なのか。その答えの1つには、誰にでも平等に接する点が挙げられるでしょう。

というのも、彼女は1つ1つの出会いをとても大切にしています。

たとえ相手が誰もが恐れる人物であろうと、乳を揉んでくるスケベ親父であっても、その人との出会いを後悔することは一切ありません。

それどころかただの暇つぶしに語った話でさえ、彼女にとっては“立派な人生論”。

誰だって自分の話に、

じつに素晴らしい方だなあと私はしみじみ思いました。なんと心の清い人でしょう。

と感銘を受けてくれたら気持ちがいいですよね。

黒髪の乙女に隠されたギャップとは…

じつは彼女、可愛い顔してじつはかなりの酒豪。

その強さは底抜けにお酒を飲む李白(りはく)と飲み比べをして、彼に“参った”を言わせるほどです。

そもそもなぜ李白と飲み比べをすることになったのかというと、スケベ親父こと東堂(とうどう)の借金をチャラにするため。

「もうダメだ、李白にばらばらにされるッ」とうろたえる東堂に対し、黒髪の乙女は何て言ったと思います?

「東堂さん、これから李白さんと飲み比べをします。あなたの借金を賭けて」
「私は必ず勝つでしょう」

そして実際に勝利を収めた黒髪の乙女。いやそのギャップはカッコ良すぎますって…。

誰とでも平等に接し、時に意外な一面を見せつける黒髪の乙女。つまり彼女は、一緒にいて全く飽きない女の子なのです。

これこそが彼女の最大の武器であり、“理想の女の子”とされる大きな要因なのかもしれません。

私を含む全国のモテない乙女たちよ、人生は短し黒髪の乙女に習え…。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

心理術で意中の女性にアタック!デート成功率をグンと引き上げるテクニックとは? 『夜は短し歩けよ乙女』原作小説あらすじと感想【現実と妄想が入り混じる、恋愛ファンタジー】『夜は短し歩けよ乙女』原作小説あらすじと感想【現実と妄想が入り混じる、恋愛ファンタジー】 もうすぐアラサー! 小説『レインレイン・ボウ』で描かれる女性の悩みに共感MAX!?

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。