伊坂幸太郎おすすめ作品ランキング23選!【ファン67人が選ぶ傑作は?】

伊坂幸太郎おすすめサムネイル

大人気エンターテインメント小説作家・伊坂幸太郎。起伏に富んだプロットや魅力的なキャラクター、すべてが繋がる伏線回収などが特徴です。

今回は読書好きの方67名に、最大5冊まで伊坂幸太郎のおすすめ作品選んでいただきました。その結果をランキング形式でご紹介します。

MEMO
陽気なギャングシリーズは3作品をまとめて『陽気なギャングシリーズ』として集計しました。

今回の企画で投票された作品を出版年順に並べました。

  • 2000年12月
    オーデュボンの祈り 
  • 2002年7月
    ラッシュライフ 
  • 2003年1月
    陽気なギャングが地球を回す 
  • 2003年4月
    重力ピエロ 
  • 2003年11月
    アヒルと鴨のコインロッカー 
  • 2004年5月
    チルドレン 
  • 2004年7月
    グラスホッパー
  • 2005年6月
    死神の精度 
  • 2005年10月
    魔王
  • 2005年12月
    砂漠
  • 2006年3月
    終末のフール
  • 2007年1月
    フィッシュストーリー
  • 2007年11月
    ゴールデンスランバー
  • 2008年10月
    モダンタイムス 
  • 2010年3月
    オー!ファーザー 
  • 2010年6月
    バイバイ、ブラックバード
  • 2010年19月
    マリアビートル
  • 2012年12月
    残り全部バケーション 
  • 2013年3月
    ガソリン生活 
  • 2014年9月
    アイネクライネナハムトジーク 
  • 2015年2月
     火星に住むつもりかい? 
  • 2015年6月
    ジャイロスコープ 
  • 2016年3月
    サブマリン 
  • 2017年7月
    AX 
  • 2017年9月
    ホワイトラビット
  • 2018年11月
    フーガはユーガ 

伊坂幸太郎は現代日本を代表するミステリー作家

読者を物語に引き込む独特の疾走感が特徴的な、現代日本を代表するミステリー作家、伊坂幸太郎。

東北大学法学部を卒業後、2000年に『オーデュポンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞してデビューを果たし、以降数々の人気作を排出してきたベストセラー作家である。

新潮ミステリー倶楽部賞以外にも、日本推理作家協会賞短編部門など推理小説作家として数々の賞を受賞しており、多くの作品が映像化されているため作品の認知度が高い。

堅苦しくなく、カジュアルで読みやすい文体で書かれており、「所々で見られるちょっと面白い表現」で読者を飽きさせないので、普段あまり本を読まない人にも人気が高い作家である。

伊坂幸太郎作品の特徴を2つ紹介

伊坂幸太郎の作品には、日常的に読書をする習慣のない人々をも虜にする不思議な魅力がある。

もちろん作品によって違いはあるものの、「伊坂幸太郎作品の特徴」と言われるのは大きく下記の2つだ。

後半で一気に伏線を回収する、高度で緻密なミステリー設計

伊坂幸太郎の作品を「一冊読んで、ハマる」人が多いのは、おそらく彼の作品を読み進めると感じる、「後半の急速なストーリー展開」が非常にスリリングで爽快だからであろう。

『重力ピエロ』にしろ『グラスホッパー』にしろ、前半は複数の登場人物の視点でそれぞれの物語が語られ、一見それらは何の関連もない事象のように見える。

しかし後半、点と点とが糸で繋がれるかのように話の全体像が見え始め、そこから一気に物語が展開していく様は見事としか言いようがない。

一見普通に見える登場人物たちの中に見えるそれぞれの人生観

伊坂幸太郎作品に登場する人々は、物語前半、一見普通に暮らしているどこにでもいそうな人物に見えることが多い。

よくある探偵物やミステリーだと、最初から明らかに「こいつ怪しいだろう」と思われる人物が登場することがあるが、伊坂作品にはそれがあまりない。

ところが後半、登場人物たちは心の中の闇や壊れた部分を突如剥き出しにしてくるので、読者は驚き引き込まれる。

人間善人と悪人が存在するのではなく、誰もが心の中に二面性を抱えていることを思い知らされ、背筋が寒くなるのだ。

【読者タイプ別】伊坂幸太郎作品の選び方

ここからは読者のタイプ別でおすすめの伊坂幸太郎作品について紹介する。

【映像化作品】普段本を読まない人におすすめ

普段本を読む習慣がないが伊坂作品にトライしたい場合、映像化作品がお勧めだ。

まず映画を見てから本を読んでみることで新たな発見があることもあるし、同じストーリーであっても映像と本では感じ方がまるで違う。映画を見てから本へ移行することで、挫折もしにくくなるだろう。

2009年に映画が公開された重力ピエロは伊坂作品1作目としておすすめの代表作である。

連続放火事件と、その現場近くで毎回発見されるグラフィティ・アートの奇妙なリンク。二人の兄弟と家族の過去が絡んで複雑になっていくストーリーで、「究極のどんでん返し」と「魅力的な登場人物」という伊坂幸太郎の魅力が詰まった作品となっている。

映画キャストは加瀬亮、岡田将生、吉高由里子等、今となっては大人気の役者が揃い踏みとなっており、映画単体でも見応えのある作品だ。

アヒルと鴨のコインロッカーも映画から入って楽しめる伊坂作品である。

こちらもまたどんでん返し系の作品で、一回読むと他の作品も読みたくなるので伊坂幸太郎1冊目におすすめ。

映画の方がコミカルな印象が強いので、映画を楽しめた人が後から本で詳細を回収するもの面白いだろう。

「とにかく秀逸な事件モノ」を楽しみたい人におすすめ

伊坂幸太郎といえば、細部まで作りこまれた緻密なミステリー。

面白い事件モノを求めている方におすすめなのが『グラスホッパー』である。

妻を殺された恨みを晴らすため復讐を試みる「鈴木」の他、「蝉」「鯨」「押し屋」ら殺し屋たちがそれぞれの事情を抱えて繰り広げるドラマとなっており、重めのテーマの割に軽快に読み進められる一冊となっている。

陰鬱な雨の日に読んでもスカッとした気分になれる、不思議な殺し屋小説だ。

そして、もう一冊、お勧めなのが『AX アックス』である。

伊坂幸太郎の「殺し屋シリーズ」3冊目としても知られる本作。ちなみに第一弾は先ほどの『グラスホッパー』なので、そちらが気に入った方には是非この『AX アックス』も続けて読んでいただきたい。

恐妻家であり腕の立つ殺し屋、という謎の肩書きを持つ主人公「兜」が、仕事と家族の間を行ったり来たり。

殺し屋としての驚異的な能力と、家族との日常に翻弄される普通すぎる一人の男のギャップが何とも引き込まれる。

伊坂作品らしく、スピード感に飲まれて一気に読めてしまうのだが、所々で垣間見える兜の家族への愛で心が温かくなるのもこの作品の魅力。

物語としての重厚さもある作品を好むなら、『AX アックス』から読んでみるのをお勧めしたい。

「今はただただ笑いたい」人におすすめ

どれだけシリアスな作品にも、どこか「クスッ」と笑える要素があるところが魅力の伊坂作品だが、より「面白さ」が色濃く描かれている人気シリーズについて紹介しよう。

ロマンを感じられる事件モノ、例えば『名探偵コナン』や『ルパン3世』が好きなあなたにおすすめなのが、「陽気なギャングシリーズ」である。

既刊3巻で『陽気なギャングは地球を回す』『陽気なギャングの日常と襲撃』『陽気なギャングは三つ数えろ』がある。

「人の嘘を見抜ける男」「完璧な体内時計を持つ女」「天才的に口がうまい男」「スリの達人」の4人からなる銀行強盗集団が、「絶対に人を傷つけないこと」をポリシーに横取りされた現金を奪い返す話となっている。

登場人物たちの会話のテンポがよく、ちょっとした表現が重要な伏線になっていたり、騙し合いあり、人間ドラマあり。犯罪小説なのに実に明るくオシャレなのである。

「陽気なギャングシリーズ」とは違う雰囲気ながら、とても楽しく読めるのが『チルドレン』である。

『チルドレン』の魅力は、主人公「陣内」の独特の正義感とキャラクターだ。普通の日常が、彼の手にかかれば、心あたたまる、そして「クスッ」と笑えるようになる。

温かい笑いを求めているなら、まずは『チルドレン』にトライしてみよう。

14位:『ガソリン生活』 2票

こんな人におすすめ!

  • 普段考えもしない視点から社会を見てみたい人
  • 王道の伊坂作品からちょっと外れて楽しみたい人

のんきな兄・良夫と聡明な弟・亨がドライブ中に乗せた女優が翌日急死!パパラッチ、いじめ、恐喝など一家は更なる謎に巻き込まれ…!?車同士がおしゃべりする唯一無二の世界で繰り広げられる、仲良し家族の冒険譚!愛すべきオフビート長編ミステリー。(Amazon商品説明より)

紗綾

実は車に意識があるとすれば?
車同士は、人間には分からないけど実はコミュニケーションを取っているという設定のお話。
人間が知らないことを知ってるのに教えられないというジレンマもかわいい、そんな小説です。

『ガソリン生活』の基本情報
出版社 朝日新聞出版
出版日 2016/03/07
ページ数 528ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

13位:『オー!ファーザー』 3票

こんな人におすすめ!

  • 「変わった形の家族」の暮らしを疑似体験したい人
  • 小説にコミカルな楽しさを重視する人

父親が四人いる!?高校生の由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4に囲まれ、息子が遭遇するは、事件、事件、事件ー。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。伊坂ワールド第一期を締め括る、面白さ400%の長篇小説。(Amazon商品説明より)

紗綾

高校生の主人公には4人の父親がいて、、、
性格も職業も違う父親が息子を救うために奮闘するストーリー。
父親の団結力が光る小説です。
映画化もされました!
『オー!ファーザー』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2013/06/26
ページ数 557ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

13位:『モダンタイムス』3票

こんな人におすすめ!

  • ディストピア的要素を楽しめる人
  • 『魔王』からのつながりが随所に見られるので、『魔王』を読んで楽しめた人

恐妻家のシステムエンジニア・渡辺拓海が請け負った仕事は、ある出会い系サイトの仕様変更だった。けれどもそのプログラムには不明な点が多く、発注元すら分からない。そんな中、プロジェクトメンバーの上司や同僚のもとを次々に不幸が襲う。彼らは皆、ある複数のキーワードを同時に検索していたのだった。(Amazon商品説明より)

20代男性

伊坂作品の特徴だと思うんですが登場人物に人間味がないのが多い笑
特にこの物語は人間味ない人がたくさん出てきて、その中でも特に妻がとても人間味なさすぎて、歪んでるような愛情表現がとても好きな作品です。
長編ですがサクサク読めます。
僕としては、モダンタイムス読む前に魔王を読んでもらいたいですね。

『モダンタイムス』の基本情報
出版社 講談社
出版日 2011/10/14
ページ数 352ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

13位:『グラスホッパー』3票

こんな人におすすめ!

  • スピード感に溢れたミステリーが好きな人
  • 軽快な事件小説が好みの人

「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。それぞれの思惑のもとにー「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説。(Amazon商品説明より)

『グラスホッパー』の基本情報
出版社 KADOKAWA
出版日 2007/06/23
ページ数 345ページ
ジャンル ミステリー
発行形態 単行本、文庫、電子書籍、オーディオブック

12位:『バイバイ、ブラックバード』 4票

こんな人におすすめ!

  • 人間の表面と中身のギャップを楽しみたい人
  • カオスな世界観を楽しめる人

星野一彦の最後の願いは何者かに“あのバス”で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」-これらの単語を黒く塗り潰したマイ辞書を持つ粗暴な大女、繭美。なんとも不思議な数週間を描く、おかしみに彩られた「グッド・バイ」ストーリー。特別収録:伊坂幸太郎ロングインタビュー。(Amazon商品説明より)

とけい

五股かけている主人公が突如訪れた絶望の中、最後に5人の彼女に別れを告げに行く話。
五股は最低なのに男が愚直で憎めない。
始めは恐ろしかった見張り役の大女も読み進めていく内に愛らしく感じてしまう。
五人の彼女もみんな魅力があって読むのが楽しくなってしまうこと間違いなし!
そんな人々が織りなす色んな別れに感情を揺らされて、唯一無二の大好きな話になりました!

『バイバイ、ブラックバード』の基本情報
出版社 双葉社
出版日 2013/03/14
ページ数 368ページ
発行形態 単行本、文庫

12位:『火星に住むつもりかい?』4票

こんな人におすすめ!

  • ジョージ・オーウェルの『1984年』に衝撃を受けた人
  • ディストピアの考察を楽しめる人

「安全地区」に指定された仙台を取り締まる「平和警察」。その管理下、住人の監視と密告によって「危険人物」と認められた者は、衆人環視の中で刑に処されてしまう。不条理渦巻く世界で窮地に陥った人々を救うのは、全身黒ずくめの「正義の味方」、ただ一人。ディストピアに迸るユーモアとアイロニー。伊坂ワールドの醍醐味が余すところなく詰め込まれたジャンルの枠を超越する傑作!(Amazon商品説明より)

うぐはら

魔女狩りの話から始まる時点で、モダンタイムスを髣髴とさせるような、重厚でハードボイルドな話に引き込まれました。
平和警察に支配されるぐらいなら、私は自ら死を選ぶでしょう。
彼らが行っているのは、「正義」という名の暴力です。

hrp__1

この物語の世界がフィクションだと思いたい。
しかし、現実に生きる我々の社会にもなり得るんじゃないかと思います。
そういった社会の中に陥った場合、我々はどうするのか?
タイトル『火星に住むつもりかい?』は、読者である我々に問いかけている言葉でもある。
考えさせられるとともに、衝撃的な一冊でした。

佐郷顕

1つの大きな流れに乗って互いに監視し合う社会の中で、反対の行動することがいかに勇気の要ることかわかる。
作品の中ではわかりやすい「監視社会」だったけれど、実は僕たちのいるこの社会もすでに「監視」し合っているのかも。。
『火星に住むつもりかい?』の基本情報
出版社 光文社
出版日 2018/04/12
ページ数 501ページ
ジャンル ミステリー
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

11位:『魔王』 5票

こんな人におすすめ!

  • 本を通して現実世界を考察するのが好きな人
  • 情報操作、大衆の行動理論に興味がある人

会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。五年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語。(Amazon商品説明より)

紗綾

不思議な力を手に政府の闇に立ち向かう兄弟のストーリー。
周りに流されてばかりでは大事なものを失うと感じるストーリーです。
宮沢賢治の「眼にて云う」という詩の抜粋が、心に刺さります。
殺し屋シリーズで漫画化、舞台にもなった小説です。

『魔王』の基本情報
出版社 講談社
出版日 2008/09/12
ページ数 384ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

11位:『ラッシュライフ』5票

こんな人におすすめ!

  • バラバラ殺人事件モノが好きな人
  • なんだか自分の人生が不幸に思えてしまう人

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場ー。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。(Amazon商品説明より)

紗綾

別々の4つの事件が仙台駅周辺で繰り広げるストーリー。
別々なのに仙台駅を舞台にすることで繋がるストーリー。
伏線回収が凄いです。

Minori

1つの事件を5人の視点で書かれていて、5人それぞれの物語がだんだん繋がっていく展開が読んでいて面白い。
『ラッシュライフ』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2005/04/24
ページ数 469ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

11位:『残り全部バケーション』5票

こんな人におすすめ!

  • ニヒルでオシャレな悪党をカッコいいと思う人
  • サラッと読んでケラケラ笑いたい人

裏稼業コンビの岡田と溝口。離婚や虐待、拉致など様々な出来事に遭遇しては、予想もつかない方法で事件を解決する! その出会いは偶然か、必然か。5編からなる小さな奇跡の物語。(Amazon商品説明より)

『残り全部バケーション』の基本情報
出版社 集英社
出版日 2015/12/17
ページ数 304ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

11位:『終末のフール』5票

こんな人におすすめ!

  • SF的な要素が好きな人
  • 生きるのに疲れたと感じている人
  • 何のために自分は生きるのかを考えたい人

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。(Amazon商品説明より)

うぐはら

隕石が降ってきて、明日自分が死ぬかもしれない。
そのような状況に置かれてもなお、伊坂さんの登場人物たちは希望を捨てたりしません。
「深海のポール」で、「死んでも死なない」を何度も連呼する未来が印象的でした。
人事を尽くして隕石を待つ」も。

ふみち

この作品を読むまでは「伊坂幸太郎さんはミステリーの作家さん」と思っていたので、読み始めてまず驚きました。
ひとつひとつのストーリーが、心を癒してくれるようにすーっと染み込んでくる。
そして読み終わった後、誰かに寄り添いたくなるような気持ちと、未来をしっかり考えたくなるような気持ちになります。
この作品は“意思が強くて芯がある”と私は思います。
『終末のフール』あらすじと感想【僕等の運命を決めるのは宇宙だ】『終末のフール』あらすじと感想【僕等の運命を決めるのは宇宙だ】
『終末のフール』の基本情報
出版社 集英社
出版日 2009/06/26
ページ数 384ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。