知念実希人 おすすめ小説ランキング【読書好き23人に聞いた!】

『仮面病棟』の映画化、本屋大賞2年連続ノミネートで人気急上昇中のミステリー作家・知念実希人。現役の内科医であることから、その圧倒的な医療知識をふんだんに盛り込んだ「ミステリー×医療」の作風が特徴的。登場する専門用語は分かりやすく説明されているので医療に明るくない読者でも非常に読みやすい作品ばかりです。

今回は読書好きの方23名に、Twitter上で知念実希人おすすめの1冊を選んでいただきました。その結果をランキング形式でご紹介します。

1位:仮面病棟 6票

病院にピエロの仮面をかぶった強盗犯がたてこもり、自分で撃った女の治療を要求した。その日先輩医師の代わりに当直バイトを務めていた外科医・速水秀悟は、女を治療し、密室となった病院からともに脱出を試みる。謎のカルテや看護師の不審死、病院に隠された秘密―。数々の謎と困難を乗り越えるうち、「彼女だけは救いたい…」と心に誓う。閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦、そして衝撃の結末とは!?小学上級・中学から。
(Amazon商品説明より)

『仮面病棟』の感想

ぽけまま

医師でもある作者の豊富な医療知識と、謎解きのワクワクドキドキがとても面白いです♪
ヒントがたくさんちりばめられているので、推理しながら読む楽しみがあります😆
坂口健太郎さん主演で映画化もされました!
結末にもびっくりで、最後まで一気に読めちゃいます✨

ラマンボ

医療サスペンスだけど難しい専門用語もそれほど多くないので、割と読みやすい作品です。
正直犯人はこの人だろうな、という予想は割と早い段階からついてて、「あ、やっぱり!」ってなったけど、先が読めない展開もあって、面白かった

金のシャチホコ

病院立て篭もりめっちゃ怖かったです…😭
知念さんの本は描写が好きで、リアルな臨場感が伝わってくるので余計にスリリングなミステリー小説でした📚👍
医科大卒やから病棟シリーズなのかな?
次回作も楽しみです🥰💗

メロンソーダ

作者の知念さんは医師免許を持っているので、医療系の知識が豊富ですごく引き込まれます。
漫画化も、映画化(坂口健太郎主役)もされた大ヒット作です!!

ぽぴーぴー

面白いし、続きが気になるから、一気読みしてしまいました!
最後のどんでん返しがうぉぉー!ってなります!
ほんと面白いのでおすすめです!

荒鷲師団長

医療サスペンスとは思えない程の読み応えがある作品。
展開やストーリー性も抜群!

試し読みする

『仮面病棟』の基本情報
出版社 実業之日本社
出版日 2019/12/13
ジャンル ミステリー
ページ数 312ページ
発行形態 単行本、文庫、新書、電子書籍

2位:ムゲンのi 4票

眠りから醒めない四人の患者、猟奇的連続殺人、少年Xの正体。すべては繋がり、世界は一変する。一気読み必至、感動の結末。
(Amazon商品説明より)

『ムゲンのi』の感想

トリプルート

上下構成の小説は初めてでしたが、あっという間に読み終えられました!
「医療×ミステリー×ファンタジー」のトリプルパンチがとても新鮮で、かつ非常に読み応えのある作品だと思います。
タイトルの深さにも驚かされました。
さすが小説家、知念先生です!

読んでいる間、涙が止まらず、心が震える様な感覚を覚えました。
これ程までに衝撃を受けた本にはなかなか出会えないと思います。
愛に満ちた物語だと感じました。
読了後、タイトルがぐっと来ます。
まだ読んでいない方は、是非とも読んで頂きたいです。

鈴蘭's

奇病イレスに挑む若き女医の戦いとうさぎ猫のククルと共に夢幻の世界へと旅立つ愛(i)に満ちた壮大なミステリー。
とにかくククルの存在が愛しくてたまらないです。
ラスト涙腺崩壊怒涛の展開へ誘(いざな)われます。
知念先生の超大作の作品、おすすめです✨

かなっぺ

愛衣の分身のククルと一緒に事件を解決していく展開は楽しめた。

試し読みする

『ムゲンのi』あらすじと感想【夢の世界で4人の魂を救う壮大な医療ファンタジー】『ムゲンのi』あらすじと感想【夢の世界で4人の魂を救う壮大な医療ファンタジー】
『ムゲンのi』の基本情報
出版社 双葉社
出版日 2019/09/18
ジャンル ミステリー
受賞 2020年本屋大賞8位
ページ数 368ページ
発行形態 単行本、電子書籍

3位:優しい死神の飼い方 3票

犬の姿を借り、地上のホスピスに左遷…もとい派遣された死神のレオ。戦時中の悲恋。洋館で起きた殺人事件。色彩を失った画家。死に直面する人間を未練から救うため、患者たちの過去の謎を解き明かしていくレオ。しかし、彼の行動は、現在のホスピスに思わぬ危機を引き起こしていた―。天然キャラの死神の奮闘と人間との交流に、心温まるハートフルミステリー。
(Amazon商品説明より)

『優しい死神の飼い方』の感想

たぬころ

ゴールデンレトリバーな死神という設定に惹かれ、初めて読んだ知念さんの本でした。
ホロリとしたり笑ったりですが、何よりレオをもふもふしたくなる…!
読後感も良い1冊でした。
にゃんこな続編もおすすめ!

のん

冒頭から引き込まれて楽しく読みました。
数人の患者のエピソードがラストに向かって繋がっていく、内容は重い話もあったけど、終始爽やかな感じがして、ほっこりもしました。
素敵なお話です♪

あるとのんでる

1冊の本の中に、何件何話もが入ってて、美しく収斂する。

試し読みする

『優しい死神の飼い方』の基本情報
出版社 光文社
出版日 2016/05/12
ジャンル ミステリー
ページ数 441ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。