知念実希人 おすすめ小説ランキング【読書好き23人に聞いた!】

『仮面病棟』の映画化、本屋大賞2年連続ノミネートで人気急上昇中のミステリー作家・知念実希人。現役の内科医であることから、その圧倒的な医療知識をふんだんに盛り込んだ「ミステリー×医療」の作風が特徴的。登場する専門用語は分かりやすく説明されているので医療に明るくない読者でも非常に読みやすい作品ばかりです。

今回は読書好きの方23名に、Twitter上で知念実希人おすすめの1冊を選んでいただきました。その結果をランキング形式でご紹介します。

知念実希人おすすめ小説ランキング

1位:仮面病棟 6票

病院にピエロの仮面をかぶった強盗犯がたてこもり、自分で撃った女の治療を要求した。その日先輩医師の代わりに当直バイトを務めていた外科医・速水秀悟は、女を治療し、密室となった病院からともに脱出を試みる。謎のカルテや看護師の不審死、病院に隠された秘密―。数々の謎と困難を乗り越えるうち、「彼女だけは救いたい…」と心に誓う。閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦、そして衝撃の結末とは!?小学上級・中学から。
(Amazon商品説明より)

『仮面病棟』の感想

ぽけまま

医師でもある作者の豊富な医療知識と、謎解きのワクワクドキドキがとても面白いです♪
ヒントがたくさんちりばめられているので、推理しながら読む楽しみがあります😆
坂口健太郎さん主演で映画化もされました!
結末にもびっくりで、最後まで一気に読めちゃいます✨

ラマンボ

医療サスペンスだけど難しい専門用語もそれほど多くないので、割と読みやすい作品です。
正直犯人はこの人だろうな、という予想は割と早い段階からついてて、「あ、やっぱり!」ってなったけど、先が読めない展開もあって、面白かった

金のシャチホコ

病院立て篭もりめっちゃ怖かったです…😭
知念さんの本は描写が好きで、リアルな臨場感が伝わってくるので余計にスリリングなミステリー小説でした📚👍
医科大卒やから病棟シリーズなのかな?
次回作も楽しみです🥰💗

メロンソーダ

作者の知念さんは医師免許を持っているので、医療系の知識が豊富ですごく引き込まれます。
漫画化も、映画化(坂口健太郎主役)もされた大ヒット作です!!

ぽぴーぴー

面白いし、続きが気になるから、一気読みしてしまいました!
最後のどんでん返しがうぉぉー!ってなります!
ほんと面白いのでおすすめです!

荒鷲師団長

医療サスペンスとは思えない程の読み応えがある作品。
展開やストーリー性も抜群!

2位:ムゲンのi 4票

眠りから醒めない四人の患者、猟奇的連続殺人、少年Xの正体。すべては繋がり、世界は一変する。一気読み必至、感動の結末。
(Amazon商品説明より)

『ムゲンのi』の感想

トリプルート

上下構成の小説は初めてでしたが、あっという間に読み終えられました!
「医療×ミステリー×ファンタジー」のトリプルパンチがとても新鮮で、かつ非常に読み応えのある作品だと思います。
タイトルの深さにも驚かされました。
さすが小説家、知念先生です!

読んでいる間、涙が止まらず、心が震える様な感覚を覚えました。
これ程までに衝撃を受けた本にはなかなか出会えないと思います。
愛に満ちた物語だと感じました。
読了後、タイトルがぐっと来ます。
まだ読んでいない方は、是非とも読んで頂きたいです。

鈴蘭's

奇病イレスに挑む若き女医の戦いとうさぎ猫のククルと共に夢幻の世界へと旅立つ愛(i)に満ちた壮大なミステリー。
とにかくククルの存在が愛しくてたまらないです。
ラスト涙腺崩壊怒涛の展開へ誘(いざな)われます。
知念先生の超大作の作品、おすすめです✨

かなっぺ

愛衣の分身のククルと一緒に事件を解決していく展開は楽しめた。
『ムゲンのi』あらすじと感想【夢の世界で4人の魂を救う壮大な医療ファンタジー】『ムゲンのi』あらすじと感想【夢の世界で4人の魂を救う壮大な医療ファンタジー】

3位:優しい死神の飼い方 3票

犬の姿を借り、地上のホスピスに左遷…もとい派遣された死神のレオ。戦時中の悲恋。洋館で起きた殺人事件。色彩を失った画家。死に直面する人間を未練から救うため、患者たちの過去の謎を解き明かしていくレオ。しかし、彼の行動は、現在のホスピスに思わぬ危機を引き起こしていた―。天然キャラの死神の奮闘と人間との交流に、心温まるハートフルミステリー。
(Amazon商品説明より)

『優しい死神の飼い方』の感想

たぬころ

ゴールデンレトリバーな死神という設定に惹かれ、初めて読んだ知念さんの本でした。
ホロリとしたり笑ったりですが、何よりレオをもふもふしたくなる…!
読後感も良い1冊でした。
にゃんこな続編もおすすめ!

のん

冒頭から引き込まれて楽しく読みました。
数人の患者のエピソードがラストに向かって繋がっていく、内容は重い話もあったけど、終始爽やかな感じがして、ほっこりもしました。
素敵なお話です♪

あるとのんでる

1冊の本の中に、何件何話もが入ってて、美しく収斂する。

4位:崩れる脳を抱きしめて 2票

広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷は、脳腫瘍を患う女性ユカリと出会う。外の世界に怯えるユカリと、過去に苛まれる碓氷。心に傷をもつふたりは次第に心を通わせていく―。実習を終え広島に帰った碓氷に、ユカリの死の知らせが届く。彼女は死んだのか?ユカリの足跡を追い、碓氷は横浜を彷徨う。驚愕し、感動する、恋愛ミステリー!第8回広島本大賞、第4回沖縄書店大賞、第1回一気読み大賞、3冠!
(Amazon商品説明より)

『崩れる脳を抱きしめて』の感想

とも雪

恋愛とミステリーと医療の融合。
後半、怒涛のように明らかになる真相にページをめくる手が止まりませんでした。
タイトルの意味がわかったとき、はっとしたと同時に感動。
恋愛小説としてもミステリー小説としても好きです。

yamadakaname

終末期医療、恋、ミステリー、そしてどんでん返しと盛りだくさんな内容でした。
夢中で読みふけてしまう魔力がありました。
切なさの余韻に浸れます。

4位:誰がための刃 レゾンデートル 2票

自らが末期癌に冒されていることを知った若手の外科医、岬雄貴。自暴自棄となった彼は体を鍛え上げ街の不良を襲撃した!それがきっかけで連続殺人鬼「ジャック」と接触を持った雄貴は、彼の思想に感化されその共犯者に。が、暴漢に襲われていたところを偶然助けた少女、沙耶と心を通わすうちに自らの行動に苦悩し始める…。「ジャック」はなぜ殺人を繰り返すのか、少女はなぜ追われるのか!?残り少ない命をかけ、雄貴は少女のために戦いを挑む。第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作。
(Amazon商品説明より)

『誰がための刃 レゾンデートル』の感想

だしまき

デビュー作とは思えない作品。
場面展開のうまさにグイグイ引き込まれ、気づいたら読み終わっていました。
主人公がとにかく格好良く、そして主人公たちの切なく悲しい運命に泣けました。
病が徐々に進行していく様子がリアルに描写されていて、痛みが伝播していくようでした。

のん

知念実希人さんのデビュー作。
後半のどんでん返しがたまらない!
ハードボイルドでなかなかスリルのある作品。
また、最後の展開が感動的です。

4位:天久鷹央の推理カルテⅡ 2票

炭酸飲料に毒が混入された、と訴えるトラック運転手。夜な夜な吸血鬼が現れる、と泣きつく看護師。病室に天使がいる、と語る少年。問題患者の巣窟たる統括診断部には、今日も今日とて不思議な症例が舞い込んでくる。だが、荒唐無稽な事件の裏側、その“真犯人”は思いもよらない病気で…。破天荒な天才女医・天久鷹央が“診断”で解決する新感覚メディカル・ミステリー第2弾。
(Amazon商品説明より)

『天久鷹央の推理カルテⅡ』の感想

まゆ

戸惑いながらもなんとか健太くんに向き合う鷹央先生と、その鷹央先生を支える小鳥遊先生のコンビが最高すぎる。
ラスト泣いた……

NOX

1冊にしぼるのであれば天久鷹央シリーズⅡです。
探偵役の超人、天久鷹央の成長が大きくみえる部分を推します。

5位:黒猫の小夜曲 1票

黒毛艶やかな猫として、死神クロは地上に降り立った。町に漂う地縛霊らを救うのだ。記憶喪失の魂、遺した妻に寄り添う夫の魂、殺人犯を追いながら死んだ刑事の魂。クロは地縛霊となった彼らの生前の未練を解消すべく奮闘するが、数々の死の背景に、とある製薬会社が影を落としていることに気づいて―。迷える人間たちを癒し導く、感動のハートフル・ミステリー。
(Amazon商品説明より)

『黒猫の小夜曲』の感想

ジャスミン

黒猫のクロが可愛い💕
「黒猫の小夜曲」っていうタイトルが素敵ですよね🐈
本当にこの本にぴったり✨
1つ1つの事件が、最後、1つに繋がっていくので、ドキドキ、ハラハラ、泣いて、笑って。
読み出したら本当に止まらないです。
犯人には、驚きました!!

5位:時限病棟 1票

目覚めると、彼女は病院のベッドで点滴を受けていた。なぜこんな場所にいるのか? 監禁された男女5人が、拉致された理由を探る……。ピエロからのミッション、手術室の男、ふたつの死の謎、事件に迫る刑事。タイムリミットは6時間。謎の死の真相を掴み、廃病院から脱出できるのか!?
(Amazon商品説明より)

『時限病棟』の感想

柚結

スピード感があり一気読み必至!
過去の事件の真実や登場人物の関係性が気になりますよ💭
真相を推理しながら読んでみてください📖
前作の『仮面病棟』が映画化されたのでこっちも映画化希望!
怖くて見れなそうだけど笑

5位:十字架のカルテ 1票

心の闇を暴くミステリーの新境地!罪を犯した本当の理由とは―精神鑑定医・影山司が繰り広げる、究極の頭脳戦。
(Amazon商品説明より)

『十字架のカルテ』の感想

ぽにゃ子

ぜひ読んで欲しい作品です💗
精神鑑定ってなかなか物差しが難しく、断定しにくいナイーブなところですが、真剣に向き合う影山さんの熱意や、助手の凛さんの過去にどんどん引き込まれていきます

5位:螺旋の手術室 1票

純正会医科大学附属病院の教授選の候補だった冴木真也准教授が、手術中に不可解な死を遂げた。彼と教授の座を争っていた医師もまた、暴漢に襲われ殺害される。二つの死の繋がりとは。大学を探っていた探偵が遺した謎の言葉の意味は。父・真也の死に疑問を感じた裕也は、同じ医師として調査を始めるが…。「完全犯罪」に潜む医師の苦悩を描く、慟哭の医療ミステリー。
(Amazon商品説明より)

『螺旋の手術室』の感想

うめちゃ

謎と医療が上手く絡まれてあって凄く良かったです。
あとラストの展開がとても好みでした……!

おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

自分の大好きな1冊、懐かしい1冊、再読してみたくなった1冊、気になってはいたが読めていない1冊などはランクインしていましたか?

この記事が新たな作品との出会いのきっかけになればと願っております。

他にもたくさんの作家さんのまとめ記事があるので、ぜひ覗いてみてください!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

『ひとつむぎの手』あらすじと感想【2019本屋大賞ノミネート!医療×ミステリー】『ひとつむぎの手』あらすじと感想【2019本屋大賞ノミネート!医療×ミステリー】