【投票1〜14位】東野圭吾おすすめ小説ランキング【読書好き81人に聞いた!】

日本を代表するミステリー作家・東野圭吾。読者をあっと驚かせる伏線回収やトリックを仕掛ける一方で、登場人物に寄り添ったドラマチックな魅力があるのも特徴です。

今回は読書好きの方81名に、最大5冊まで東野圭吾のおすすめ作品を選んでいただきました。その結果をランキング形式でご紹介します。

今回の企画で投票された作品を出版年順に並べました。

  • 1986年
    卒業 
  • 1990年
    仮面山荘殺人事件 
  • 1992年
    ある閉ざされた雪の山荘で 
  • 1995年
    パラレルワールド・ラブストーリー 
  • 1996年
    名探偵の掟 
  • 1998年
    秘密 
  • 1990年
    白夜行
  • 2002年
    時生 
  • 2003年
    手紙
  • 2004年
    幻夜
  • 2004年
    さまよう刃
  • 2005年
    容疑者Xの献身
  • 2006年
    赤い指
  • 2006年
    使命と魂のリミット 
  • 2007年
    夜明けの街で 
  • 2008年
    流星の絆
  • 2008年
    聖女の救済
  • 2009年
    パラドックス13 
  • 2009年
    新参者 
  • 2010年
    カッコウの卵は誰のもの 
  • 2010年
    白銀ジャック 
  • 2011年
    麒麟の翼 
  • 2011年
    真夏の方程式 
  • 2011年
    マスカレードホテル 
  • 2012年
    ナミヤ雑貨店の奇蹟 
  • 2013年
    祈りの幕が下りる時
  • 2015年
    ラプラスの魔女 
  • 2015年
    人魚の眠る家 

【期間限定のチャンス】

おトクに東野圭吾作品をまとめ買い!

 

 

今ならBookLive!で無料会員登録をするだけで、3つのクーポンがもらえます。

1️⃣入会限定50%OFFクーポン

2️⃣全作品50%OFFシークレットクーポン ※1,000円以下の作品なら何冊でも

3️⃣全作品20%OFFシークレットクーポン ※全作品から何冊でも

 

これらを組み合わせれば、他より圧倒的にお安く東野圭吾作品をまとめ買いできます。
本キャンペーンは最近開始でいつ終わるか分からないので、欲しい方はどうぞお早めに!

無料会員登録でクーポンGet!

東野圭吾は日本を代表するミステリー作家

ミステリーファンも唸る伏線の回収で作品毎に新鮮な驚きを提供し、ベストセラーを連発している大人気小説家・東野圭吾。

映画やドラマで人気のガリレオシリーズや、マスカレードシリーズなどのシリーズ作も多く、緻密に練り上げられたストーリーやトリックに定評がある。

1985年に、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、作家としてデビュー。

2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞するなど、文学界で確固たる地位を築いている。

【読者タイプ別】東野圭吾作品の選び方!おすすめシリーズを3つ紹介

東野圭吾といえば、映像化された作品が多いことでも有名だろう。

歌手としても活躍する福山雅治が主演のガリレオシリーズ、人気俳優の阿部寛主演で知られる加賀恭一郎シリーズなど、続編が製作される作品も多い。

今回はそんな東野圭吾のシリーズ小説を読者のタイプ別に3つ紹介する。

【加賀恭一郎シリーズ】本格ミステリーを読みたい人におすすめ

加賀恭一郎シリーズは、過去に教師の経験もある刑事・加賀恭一郎を主人公としたミステリー小説で累計発行部数が1000万部を超える超人気作だ。

シリーズ内では『新参者』『赤い指』『麒麟の翼』『眠りの森』『祈りの幕が下りる時』が実写化され、全て主演は人気俳優の阿部寛が担当している。

その中でも『眠りの森』は、2014年に放送された新春ドラマスペシャル“新参者”加賀恭一郎『眠り​の森』として放送され、阿部寛×東野圭吾×熊川哲也Kバレエカンパニーの強力タッグが実現。放送当時、大きな話題となった。

【ガリレオシリーズ】サイエンスミステリーが好きな人におすすめ

『探偵ガリレオ』をはじめとする『ガリレオ』シリーズは、国民的人気を誇る福山雅治を主演に迎えて製作され、実写化が大ヒットしたことにより、東野圭吾の小説シリーズでも、最も老若男女問わず知名度が高い作品となっている。

大学の物理学助教授である湯川学が、同じ大学の同期である刑事から捜査協力を求められ、科学を駆使して難事件を解決していくシリーズだ。

中でも長編作品である『容疑者Xの献身』『真夏の方程式』は、人間描写が濃く深く描かれ、犯人が罪を犯すまでの過程や、そこに至るまでの心理描写も緻密に練り上げられ、科学的な知識がなくとも、楽しめるシリーズとなっている。

【マスカレードシリーズ】潜入捜査官のストーリーが好きな人におすすめ

マスカレードシリーズは、「ホテル・コルテシア東京」で起こる事件を描いた小説シリーズで、フロントスタッフとして潜入捜査を任ぜられた刑事(新田浩介)と、教育指導として指名されたフロント・クラーク(山岸尚美)が共に力を合わせて事件を解決へと導いていく。

職業や価値観の違いから、当初は反発していた浩介と尚美が事件を追っていくにつれ、徐々に信頼関係を築き上げていく所が本作の魅力だ。

また、マスカレードシリーズの一つの特徴として、特設ウェブサイトの存在がある。

サイト内には、ホテルの利用者からの感想が「お客様の声」として掲載されているなど、現実にホテルが実在し、事件が起こったと思わせるような工夫もされている。

2021年7月時点で『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』『マスカレード・ナイト』の3冊が発売されている。

2019年には木村拓哉×長澤まさみのダブル主演で実写映画化されているので、原作を読了してからその違いを確かめるためにぜひ観てみて欲しい。

14位:カッコウの卵は誰のもの 1票

こんな人におすすめ!

  • ウィンタースポーツ選手の人生ドラマを楽しみたい人
  • 親子の秘密をめぐるミステリーが好きな人

往年のトップスキーヤー緋田宏昌は、妻の死を機に驚くべきことを知る。一人娘の風美は彼の実の娘ではなかったのだ。苦悩しつつも愛情を注いだ娘は、彼をも凌ぐスキーヤーに成長した。そんな二人の前に才能と遺伝子の関係を研究する科学者が現れる。彼への協力を拒みつつ、娘の出生の秘密を探ろうとする緋田。そんな中、風美の大会出場を妨害する脅迫者が現れるー。(Amazon商品説明より)

カッコウの卵は誰のものの感想

うぐはら

カッコウは托卵という、ほかの鳥の巣に卵を産み付け、世話をさせて、元々いた鳥のヒナを巣から追い出してしまう(地面に捨ててしまう)という習性を持っています。
それを人間=カッコウの卵に例えるのは流石です。

『カッコウの卵は誰のもの』の基本情報
出版社 光文社
出版日 2013/02/13
ページ数 392ページ
ジャンル ミステリー
発行形態 単行本、文庫

14位:卒業 1票

こんな人におすすめ!

  • 加賀恭一郎の学生時代を知りたい人
  • 青春群像劇のヒューマンドラマを楽しみたい人

7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。ある日、祥子が自室で死んだ。部屋は密室、自殺か、他殺か?心やさしき大学生名探偵・加賀恭一郎は、祥子が残した日記を手掛りに死の謎を追求する。しかし、第2の事件はさらに異常なものだった。茶道の作法の中に秘められた殺人ゲームの真相は!?(Amazon商品説明より)

卒業の感想

Umetsu

事件を終えて残された人たちの切なさが残る話が印象的だった。
『卒業』の基本情報
出版社 講談社
出版日 1989/05/08
ページ数 372ページ
ジャンル ミステリー
シリーズ 加賀恭一郎シリーズ全10巻
発行形態 単行本、文庫

14位:名探偵の掟 1票

こんな人におすすめ!

  • ミステリーの入門書のような本を読んでみたい人
  • あんまり東野圭吾っぽくない作品も楽しんでみたい人

完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。フーダニットからハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、恐るべき「ミステリ界の謎」とは?本格推理の様々な“お約束”を破った、業界騒然・話題満載の痛快傑作ミステリ。(Amazon商品説明より)

名探偵の掟の感想

ミステリ作家がミステリについてユーモアあふれる皮肉を書いた作品でミステリ好きなら絶対に楽しめる1冊。
『名探偵の掟』の基本情報
出版社 講談社
出版日 1999/07/15
ページ数 348ページ
ジャンル ミステリー
シリーズ 天下一大五郎シリーズ全2巻
発行形態 単行本、文庫

14位:使命と魂のリミット 1票

こんな人におすすめ!

  • ハラハラドキドキの怒涛の展開に酔いしれたい人
  • 東野圭吾の医療サスペンスを読みたい人

「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる帝都大学病院。「隠された医療ミスなどない」と断言する心臓血管外科の権威・西園教授。しかし、研修医・氷室夕紀は、その言葉を鵜呑みにできなかった。西園が執刀した手術で帰らぬ人となった彼女の父は、意図的に死に至らしめられたのではという疑念を抱いていたからだ…。あの日、手術室で何があったのか?今日、何が起こるのか?大病院を前代未聞の危機が襲う。(Amazon商品説明より)

使命と魂のリミットの感想

うぐはら

運命という「腐れ縁」の強さを痛感させられる1冊。
心臓バイパス手術、自動車のリコール問題など、犯人の動機が実際にありえそうで、胸が苦しくなりました。
主人公の夕紀の父親、氷室健介が放った言葉、「人は生まれながらに使命を持っている」という言葉が重くのしかかります。

『使命と魂のリミット』の基本情報
出版社 KADOKAWA
出版日 2010/02/25
ページ数 452ページ
ジャンル サスペンス
発行形態 単行本、文庫

14位:ある閉ざされた雪の山荘で 1票

こんな人におすすめ!

  • ヘビーな内容の青春小説を読んでみたい人
  • 叙述トリックのエンタメ作品を楽しみたい人

早春の乗鞍高原のペンションに集まったのは、オーディションに合格した男女7名。これから舞台稽古が始まる。豪雪に襲われ孤立した山荘での殺人劇だ。だが、 1人また1人と現実に仲間が消えていくにつれ、彼らの間に疑惑が生まれた。はたしてこれは本当に芝居なのか?驚愕の終幕が読者を待っている!(Amazon商品説明より)

ある閉ざされた雪の山荘での感想

ねねこ

推理小説の定番設定【クローズドサークル】。
最後の最後まで、ドキドキ&ハラハラが止まらない!!
『ある閉ざされた雪の山荘で』の基本情報
出版社 講談社
出版日 1996/01/11
ページ数 306ページ
ジャンル ミステリー
発行形態 単行本、文庫

14位:聖女の救済 1票

こんな人におすすめ!

  • アッと驚くトリックのガリレオシリーズを読みたい人
  • 想定の斜め上から来る犯人の巧妙な仕掛けを楽しみたい人

資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。難航する捜査のさなか、草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが…。驚愕のトリックで世界を揺るがせた、東野ミステリー屈指の傑作。
(Amazon商品説明より)

聖女の救済の感想

しおっち

とにかく怖いです。
きっと男性ならこんなことはしないだろうなと思うからやっぱり女性特有の復讐の仕方なのかなと思います。
これは極端だけど、でも取り巻く環境は今の日本も変わらないよね、って思いました。

千春

「私はあなたを心の底から愛しています。それだけに今のあなたの言葉は私の心を殺しました。だからあなたも死んで下さい。」

彼女にとって結婚とは?
ガリレオシリーズの中でも完全犯罪をテーマとした東野圭吾ミステリー。
とんでもない動機と決意と殺意にが明らかになる?

『聖女の救済』の基本情報
出版社 文藝春秋
出版日 2012/04/10
ページ数 432ページ
ジャンル ミステリー
シリーズ ガリレオシリーズ全9巻
発行形態 単行本、文庫

14位:夜明けの街で 1票

こんな人におすすめ!

  • ただの不倫小説では終わらない展開を読みたい人
  • 男女のドロドロした心理描写を楽しみたい人

不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなるー。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜ちた。2人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。彼女は真犯人なのか?渡部の心は揺れ動く。まもなく事件は時効を迎えようとしていた…。(Amazon商品説明より)

夜明けの街での感想

Sayaka

普通の「不倫のストーリー」と思いながら読みはじめましたが、ただの不倫小説ではなく、ある意味とても深く、意味のある不倫…。
いや、不倫だけの一言ではすまされない1冊です。

『夜明けの街で』の基本情報
出版社 KADOKAWA
出版日 2010/07/24
ページ数 391ページ
ジャンル ミステリー
発行形態 単行本、文庫

14位:白銀ジャック 1票

こんな人におすすめ!

  • 東野圭吾のスキー場シリーズを読みたい人
  • 展開の早いミステリーが好きな人

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。(Amazon商品説明より)

白銀ジャックの感想

Reiko

スキー場を舞台に、ゲレンデパトロールとスノーボーダーが活躍するサスペンスシリーズ第1弾。
私はスキーもスノボも全く経験ないんだけど、長男が修学旅行でスキーに行くのをきっかけにシリーズ読破した。
ゲレンデでの疾走感が事件のスリリングさを増してとても楽しめた。
作品が進むごとに親密さを増していく主役たちにも注目してほしい。

『白銀ジャック』の基本情報
出版社 実業之日本社
出版日 2010/10/15
ページ数 416ページ
ジャンル ミステリー
シリーズ スキー場シリーズ全4巻
発行形態 単行本、文庫

13位:パラレルワールド・ラブストーリー 4票

こんな人におすすめ!

  • 記憶の齟齬が生み出す絶妙なストーリーを楽しみたい人
  • 人間の嫉妬が生み出す切ないラブストーリーを読みたい人

親友の恋人を手に入れるために、俺はいったい何をしたのだろうか。「本当の過去」を取り戻すため、「記憶」と「真実」のはざまを辿る敦賀崇史。錯綜する世界の向こうに潜む闇、一つの疑問が、さらなる謎を生む。精緻な伏線、意表をつく展開、ついに解き明かされる驚愕の真実とは!?傑作長編ミステリー。(Amazon商品説明より)

パラレルワールド・ラブストーリーの感想

だい

恋愛における、嫉妬・理性で制御できない想い・消したい過去などの苦悩がリアルに描かれています。
悲しいお話ではあるし、ハラハラさせられるけども、等身大な主人公には誰もが惹きつけられるはずです!
2つの空間が並行するだけに、何が本当で何が空想なのか分からない。
それもまた、面白い。
ミステリーでファンタジックでキュートな話だけに、心揺さぶられるモノが好きな方はぜひ!
『パラレルワールド・ラブストーリー』の基本情報
出版社 講談社
出版日 1998/03/13
ページ数 450ページ
ジャンル ミステリー
発行形態 単行本、文庫

13位:ラプラスの魔女 4票

こんな人におすすめ!

  • ミステリーだけどSFみたいな不思議な世界観を楽しみたい人
  • 東野圭吾らしい伏線のオンパレードを楽しみたい人

ある地方の温泉地で硫化水素中毒による死亡事故が発生した。地球化学の研究者・青江が警察の依頼で事故現場に赴くと若い女の姿があった。彼女はひとりの青年の行方を追っているようだった。2か月後、遠く離れた別の温泉地でも同じような中毒事故が起こる。ふたりの被害者に共通点はあるのか。調査のため青江が現地を訪れると、またも例の彼女がそこにいた。困惑する青江の前で、彼女は次々と不思議な“力”を発揮し始める。(Amazon商品説明より)

『ラプラスの魔女』の基本情報
出版社 KADOKAWA
出版日 2018/02/24
ページ数 496ページ
ジャンル ミステリー
シリーズ ラプラスの魔女シリーズ全2巻
発行形態 単行本、文庫

13位:新参者 4票

こんな人におすすめ!

  • 読後感の良い刑事ものの小説が好きな人
  • 東京の下町を舞台にしたミステリーが読みたい人

日本橋の片隅で一人の女性が絞殺された。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎の前に立ちはだかるのは、人情という名の謎。手掛かりをくれるのは江戸情緒残る街に暮らす普通の人びと。「事件で傷ついた人がいるなら、救い出すのも私の仕事です」。大切な人を守るために生まれた謎が、犯人へと繋がっていく。(Amazon商品説明より)

新参者の感想

Kaori

最後に今まで全然別だと思ってた1つ1つの物語が最後に全て繋がった時のスッキリ感、騙された感、納得感が味わえる1冊。
繋がってることが気づいた瞬間、これはすごい小説だと感心しました笑
加賀恭一郎シリーズの中で1番好きな作品です。

yurika

日本橋小伝馬町で40代女性が殺害された。
加賀恭一郎はその事件の手がかりから、日本橋にある彼女が寄った場所で聞き込みを行う。
最後の最後まで犯人像が見えないにもかかわらず、殺人が起きたと思えないほど、日本橋が出す下町の雰囲気があり、そのアンバランスに惹かれました。
『新参者』の基本情報
出版社 講談社
出版日 2013/08/09
ページ数 416ページ
ジャンル ミステリー
シリーズ 加賀恭一郎シリーズ全10巻
発行形態 単行本、文庫

13位:パラドックス13 4票

こんな人におすすめ!

  • ノンフィクションのようなSF大作を楽しみたい人
  • 最初から最後までノンストップな怒涛の展開に圧倒されたい人

13時13分13秒、街から人が消えた。無人の東京に残されたのは境遇も年齢も異なる13人の男女。なぜ彼らが選ばれたのか。大雨と地震に襲われる瓦礫の山と化した街。そして生き抜こうとする人達の共通項が見えてくる。世界が変れば善悪も変る。殺人すらも善となる。極限状態で見えてくる人間の真理とは。(Amazon商品説明より)

パラドックス13の感想

紗綾

著者には珍しいSF小説です。
運命の13秒。
3月13日13時13分13秒。
謎の現象が起こり東京の街には誰もいなくなる。
同じ現象に出くわした13人。
様々な難を乗り越え解決の糸口を探すストーリー。
ハラハラドキドキの展開に引き込まれる作品です。

省吾

生き残るためには常識を捨てねばならず、ときには仲間の安楽死すらいとわない。
極限の人間心理を描いた、怖いほどの臨場感がある作品。
文字を読んでいる感覚がなくなっていく。
気づけば手にしている本が消え、目の前に動画として再生され始める。
これはもう読む映画だ。
『パラドックス13』の基本情報
出版社 講談社
出版日 2014/05/15
ページ数 576ページ
ジャンル ミステリー
発行形態 単行本、文庫

12位:幻夜 5票

こんな人におすすめ!

  • 『白夜行』の続きが気になる人
  • 魔性の女を巡る哀しい話に酔いしれたい人

幻の夜を行く男と女。息もつかせぬ傑作長編!阪神淡路大震災の直後に、出会った男と女。男が犯した殺人を知る女は、彼を徹底的に利用し、野心を実現していく。だが彼女にも恐るべき秘密が。名作『白夜行』の興奮が再び!
(Amazon商品説明より)

『幻夜』の基本情報
出版社 集英社
出版日 2007/03/20
ページ数 792ページ
ジャンル ミステリー
発行形態 単行本、文庫

12位:仮面山荘殺人事件 5票

こんな人におすすめ!

  • 斬新なトリックに騙されたい人
  • 衝撃のどんでん返しに驚きたい人

八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。七人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった…。(Amazon商品説明より)

仮面山荘殺人事件の感想

ふみち

ものすごくいい意味で期待を裏切ってくれる最高の作品。
終盤は「あぁなるほどね〜こういうこと〜」なんて甘く見てたらとんでもないことになります!
後の展開は「予想外」というより、「全くそんなこと考えてなかったんだけど!」と衝撃が襲ってくる!
どんな急展開にもついていける自信があったはずなのに、こればかりは読後固まってしまいました。

itsuki

ラストで明かされる真相には驚愕必至。
読み終わってから改めてタイトルを見ると、その秀逸さがわかる。
『仮面山荘殺人事件』の基本情報
出版社 講談社
出版日 1995/03/07
ページ数 294ページ
ジャンル ミステリー
発行形態 単行本、文庫

12位:祈りの幕が下りる時 5票

こんな人におすすめ!

  • 加賀恭一郎シリーズの最終作を楽しみたい人
  • 加賀恭一郎の母親にまつわる話を知りたい人

明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。シリーズ最大の謎が決着する。吉川英治文学賞受賞作。(Amazon商品説明より)

祈りの幕が下りる時の感想

ゆうや

小説もさることながら、映画がすごい。
松嶋菜々子演じる博美の隠された父との過去が明かされるシーン、あれは大号泣必至だ。
主題歌はJUJUの『東京』。
この曲のPVをぜひ観ていただきたい。
涙が出すぎて前が見えなくなるだろう。
『祈りの幕が下りる時』の基本情報
出版社 講談社
出版日 2016/09/15
ページ数 499ページ
ジャンル ミステリー
シリーズ 加賀恭一シリーズ全10巻
受賞 2014年吉川英治文学賞受賞
発行形態 単行本、文庫

11位:さまよう刃 6票

こんな人におすすめ!

  • 少年犯罪と少年法について真剣に考えたい人
  • 「正義や善悪は何か?」を問う重厚な作品を読みたい人

長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躪された末の遺棄だった。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。犯人の一人を殺害し、さらに逃走する父親を、警察とマスコミが追う。正義とは何か。誰が犯人を裁くのか。世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎えるー。重く哀しいテーマに挑んだ、心を揺さぶる傑作長編。(Amazon商品説明より)

さまよう刃の感想

さささ

「自分がどれほどの憎悪を受ける行為をしたのかを思い知らせてやりたい」
反省しない連続レイプ魔の未成年者VS.被害者の親。
少年法による未成年の更生VS.被害者感情。

法は何を守るのか。正義とは何か。
「正義の刃」はどこへ向かうのか。
行き場のない遺族らの想いをどう果たすのか。
物語の結末の是非も含め、深く考えさせる作品。

Reiko

大事な一人娘が凶悪な性犯罪者たちの餌食にされてしまった父親の復讐劇。
私が読んだ東野圭吾作品でいちばん胸を抉られた事件で、描写もかなり生々しい。
だけどこれが現実にあることなんだ。
目を逸らしちゃいけない。
父親を追う警察の苦悩。
覚悟を決めた父親に東野圭吾がどんなラストを与えたのか、是非読んで確かめてみて。

省吾

これはおすすめしない。
誰も救われない物語だ。
娘は汚され、殺された。あいつらが少年法に守られるなら、俺がこの手で裁いてやる。
父親の狂気は鬼と化し、咎人の亡きがらを切り刻む。
この本を読み終えたとき、「人を殺してはだめ」とは言い切れない自分を発見した。
あなたは刃を手にせずにいられるだろうか?
『さまよう刃』の基本情報
出版社 KADOKAWA
出版日 2008/05/24
ページ数 499ページ
発行形態 単行本、文庫

次のページ

10位:時生 7票

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。