【投票1〜14位】東野圭吾おすすめ小説ランキング【読書好き81人に聞いた!】

日本を代表するミステリー作家・東野圭吾。読者をあっと驚かせる伏線回収やトリックを仕掛ける一方で、登場人物に寄り添ったドラマチックな魅力があるのも特徴です。

今回は読書好きの方81名に、最大5冊まで東野圭吾のおすすめ作品を選んでいただきました。その結果をランキング形式でご紹介します。

今回の企画で投票された作品を出版年順に並べました。

  • 1986年
    卒業 
  • 1990年
    仮面山荘殺人事件 
  • 1992年
    ある閉ざされた雪の山荘で 
  • 1995年
    パラレルワールド・ラブストーリー 
  • 1996年
    名探偵の掟 
  • 1998年
    秘密 
  • 1990年
    白夜行
  • 2002年
    時生 
  • 2003年
    手紙
  • 2004年
    幻夜
  • 2004年
    さまよう刃
  • 2005年
    容疑者Xの献身
  • 2006年
    赤い指
  • 2006年
    使命と魂のリミット 
  • 2007年
    夜明けの街で 
  • 2008年
    流星の絆
  • 2008年
    聖女の救済
  • 2009年
    パラドックス13 
  • 2009年
    新参者 
  • 2010年
    カッコウの卵は誰のもの 
  • 2010年
    白銀ジャック 
  • 2011年
    麒麟の翼 
  • 2011年
    真夏の方程式 
  • 2011年
    マスカレードホテル 
  • 2012年
    ナミヤ雑貨店の奇蹟 
  • 2013年
    祈りの幕が下りる時
  • 2015年
    ラプラスの魔女 
  • 2015年
    人魚の眠る家 

東野圭吾は日本を代表するミステリー作家

ミステリーファンも唸る伏線の回収で作品毎に新鮮な驚きを提供し、ベストセラーを連発している大人気小説家・東野圭吾。

映画やドラマで人気のガリレオシリーズや、マスカレードシリーズなどのシリーズ作も多く、緻密に練り上げられたストーリーやトリックに定評がある。

1985年に、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、作家としてデビュー。

2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞するなど、文学界で確固たる地位を築いている。

【読者タイプ別】東野圭吾作品の選び方!おすすめシリーズを3つ紹介

東野圭吾といえば、映像化された作品が多いことでも有名だろう。

歌手としても活躍する福山雅治が主演のガリレオシリーズ、人気俳優の阿部寛主演で知られる加賀恭一郎シリーズなど、続編が製作される作品も多い。

今回はそんな東野圭吾のシリーズ小説を読者のタイプ別に3つ紹介する。

【加賀恭一郎シリーズ】本格ミステリーを読みたい人におすすめ

加賀恭一郎シリーズは、過去に教師の経験もある刑事・加賀恭一郎を主人公としたミステリー小説で累計発行部数が1000万部を超える超人気作だ。

シリーズ内では『新参者』『赤い指』『麒麟の翼』『眠りの森』『祈りの幕が下りる時』が実写化され、全て主演は人気俳優の阿部寛が担当している。

その中でも『眠りの森』は、2014年に放送された新春ドラマスペシャル“新参者”加賀恭一郎『眠り​の森』として放送され、阿部寛×東野圭吾×熊川哲也Kバレエカンパニーの強力タッグが実現。放送当時、大きな話題となった。

【ガリレオシリーズ】サイエンスミステリーが好きな人におすすめ

『探偵ガリレオ』をはじめとする『ガリレオ』シリーズは、国民的人気を誇る福山雅治を主演に迎えて製作され、実写化が大ヒットしたことにより、東野圭吾の小説シリーズでも、最も老若男女問わず知名度が高い作品となっている。

大学の物理学助教授である湯川学が、同じ大学の同期である刑事から捜査協力を求められ、科学を駆使して難事件を解決していくシリーズだ。

中でも長編作品である『容疑者Xの献身』や『真夏の方程式』は、人間描写が濃く深く描かれ、犯人が罪を犯すまでの過程や、そこに至るまでの心理描写も緻密に練り上げられ、科学的な知識がなくとも、楽しめるシリーズとなっている。

【マスカレードシリーズ】潜入捜査官のストーリーが好きな人におすすめ

マスカレードシリーズは、「ホテル・コルテシア東京」で起こる事件を描いた小説シリーズで、フロントスタッフとして潜入捜査を任ぜられた刑事(新田浩介)と、教育指導として指名されたフロント・クラーク(山岸尚美)が共に力を合わせて事件を解決へと導いていく。

職業や価値観の違いから、当初は反発していた浩介と尚美が事件を追っていくにつれ、徐々に信頼関係を築き上げていく所が本作の魅力だ。

また、マスカレードシリーズの一つの特徴として、特設ウェブサイトの存在がある。

サイト内には、ホテルの利用者からの感想が「お客様の声」として掲載されているなど、現実にホテルが実在し、事件が起こったと思わせるような工夫もされている。

2021年7月時点で『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』『マスカレード・ナイト』の3冊が発売されている。

2019年には木村拓哉×長澤まさみのダブル主演で実写映画化されているので、原作を読了してからその違いを確かめるためにぜひ観てみて欲しい。

14位:カッコウの卵は誰のもの 1票

往年のトップスキーヤー緋田宏昌は、妻の死を機に驚くべきことを知る。一人娘の風美は彼の実の娘ではなかったのだ。苦悩しつつも愛情を注いだ娘は、彼をも凌ぐスキーヤーに成長した。そんな二人の前に才能と遺伝子の関係を研究する科学者が現れる。彼への協力を拒みつつ、娘の出生の秘密を探ろうとする緋田。そんな中、風美の大会出場を妨害する脅迫者が現れるー。(Amazon商品説明より)

カッコウの卵は誰のものの感想

うぐはら

カッコウは托卵という、ほかの鳥の巣に卵を産み付け、世話をさせて、元々いた鳥のヒナを巣から追い出してしまう(地面に捨ててしまう)という習性を持っています。
それを人間=カッコウの卵に例えるのは流石です。

こんな人におすすめ!

  • ウィンタースポーツ選手の人生ドラマを楽しみたい人
  • 親子の秘密をめぐるミステリーが好きな人
『カッコウの卵は誰のもの』の基本情報
出版社 光文社
出版日 2013/02/13
ページ数 392ページ
ジャンル ミステリー
発行形態 単行本、文庫

14位:卒業 1票

7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。ある日、祥子が自室で死んだ。部屋は密室、自殺か、他殺か?心やさしき大学生名探偵・加賀恭一郎は、祥子が残した日記を手掛りに死の謎を追求する。しかし、第2の事件はさらに異常なものだった。茶道の作法の中に秘められた殺人ゲームの真相は!?(Amazon商品説明より)

卒業の感想

Umetsu

事件を終えて残された人たちの切なさが残る話が印象的だった。

こんな人におすすめ!

  • 加賀恭一郎の学生時代を知りたい人
  • 青春群像劇のヒューマンドラマを楽しみたい人
『卒業』の基本情報
出版社 講談社
出版日 1989/05/08
ページ数 372ページ
ジャンル ミステリー
シリーズ 加賀恭一郎シリーズ全10巻
発行形態 単行本、文庫

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。