村田沙耶香 おすすめ小説ランキング【読書好き18人に聞いた!】

コンビニアルバイト歴18年目の独身女性を描いた『コンビニ人間』で芥川賞を受賞した村田沙耶香。同作以外にも『殺人出産』や『地球星人』など、読者の価値観を揺るがす衝撃的な作品が多いのが特徴です。

今回は読書好きの方18名に、Twitter上で村田沙耶香おすすめの1冊を選んでいただきました。その結果をランキング形式でご紹介します。

1位:コンビニ人間 7票

「いらっしゃいませー!」お客様がたてる音に負けじと、私は叫ぶ。古倉恵子、コンビニバイト歴18年。彼氏なしの36歳。日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる。ある日婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて…。現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作。
(Amazon商品説明より)

『コンビニ人間』の感想

とも雪

静かな狂気を感じる作品。
主人公は周りから変わり者のレッテルを貼られ、普通を求めてコンビニ店員を続けているけど「普通」とは一体なんなのか…
多数派=正義で少数派=悪という考えからくる同調圧力って恐ろしいなと思いました。
短いけど奥が深い小説です。

ラマンボ

定期的に読むほど好きな作品。
私は、社会や周りの人間から「普通」である事を強要されるのは嫌なのに、他者に対しては無意識にそういう事をしてしまう部分があるなと、この本を読む度反省します。
「普通」って何だろう。社会人になった今の方が刺さる作品です。

じゃくにい

主人公の変わり者として生きていく様と、コンビニ店員という職業への偏見を上手く扱った作品。
「人間どこで輝いて生きるか分からない、例えそれがコンビニ店員であっても」という奇妙な心強さを感じられます。

Rëi

世間の「普通」とは何なのか改めて考えさせられる1冊でした。
自分の「普通」も他人にとっては「異常」なのかもしれないと思うと、何となく生きづらさを感じてしまう気がしました。

たまごパン

ホラーでもないのにこんなに恐ろしい物語は初めてで、心の底からゾッとしました。
こんな世界観は村田先生にしか出せないと思います。

雨野

タイトルのキャッチーさに惹かれて読んでみたら大当たりでした。
人が持つ「先入観」を、大胆に描写した作品。

仏のおかだ

表紙がめちゃくちゃ綺麗🥰

2位:地球星人 3票

私はいつまで生き延びればいいのだろう。いつか、生き延びなくても生きていられるようになるのだろうか。地球では、若い女は恋愛をしてセックスをするべきで、恋ができない人間は、恋に近い行為をやらされるシステムになっている。地球星人が、繁殖するためにこの仕組みを作りあげたのだろう―。常識を破壊する衝撃のラスト。村田沙耶香ワールド炸裂!
(Amazon商品説明より)

『地球星人』の感想

三日月

読んだときの衝撃は忘れられない。
登場人物たちの信念、同じ時代の話なのに私たちとは違う世界線で生きてるみたいなお話。
でも、他人事には思えない。
普通とは何かをとても考えさせられました。

a_i

自分は「女の子」を頑張るか、労働力になるか、どちらかのためだけに存在しているのか?という疑問や違和感。
当たり前とされている事を不思議なものとして考え直す視点が好きです。

愛藍

普通の純文学と思い込み舐めてかかると後半のぶっ飛びっぷりにヤられる!
合法の面白成分満載です。
でも読む人を選ぶ作家さんかなぁ。
私は大好き。

3位:殺人出産 2票

今から百年前、殺人は悪だった。10人産んだら、1人殺せる。命を奪う者が命を造る「殺人出産システム」で人口を保つ日本。会社員の育子には十代で「産み人」となった姉がいた。蝉の声が響く夏、姉の10人目の出産が迫る。未来に命を繋ぐのは彼女の殺意。昨日の常識は、ある日、突然変化する。表題作他三篇。
(Amazon商品説明より)

『殺人出産』の感想

木下すなす

眉を顰めながらも、ページを捲る手が止まらなかった。
今ある常識が全く異なる世界で何もかも肯定して生きる人達を、完全に否定する気になれなかったのが面白い。
どんな世界になっても全員が生きやすくなることはないのだと思った。

ミィ

10人生めたら1人殺してもいいという非現実な話。何が正義で、何が正常なのか考えさせられます。
今自分が持っている価値観は本当に正しいのか。
時代によって変化していく概念。
狂った世界観をぜひ体験してほしいです。
『殺人出産』あらすじと感想【問題作!10人産んだら1人殺してもいい⁉】『殺人出産』あらすじと感想【問題作!10人産んだら1人殺してもいい!?】

書き手にコメントを届ける

あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。