角田光代おすすめ小説10選!【心をえぐる作品群!】

角田光代おすすめ小説10選!【心をえぐる作品群!】

大好きな作家さんである角田光代さんのおすすめ作品を独断で選んでみました。

私は元々読書が好きでしたが、のめり込むほどの「読書マニア」になったのは角田光代さんの作品がきっかけです。

角田さんの作品は「何故こんなにも人の心境を描き出すのが上手いんだろう?」と思うほど心理描写が細やかで的確。

そんな鮮やかな「角田ワールド」に浸れるお手伝いを少しでもできたら、という思いでこの記事を書かせていただきました。

私にとってはどれも1番の作品なので、ランキングはつけずに全て個別に紹介したいと思います。

角田光代とは?

角田光代(かくたみつよ)

神奈川県横浜市出身。1967年3月8日生まれ。

代表作…『八日目の蝉』『対岸の彼女』『キッドナップ・ツアー』『紙の月』

デビュー作…『幸福な遊戯』

海燕新人文学賞(1990年)、野間文芸新人賞(1996年)、坪田譲治文学賞(1997年)、路傍の石文学賞(2000年)、婦人公論文芸賞(2003年)、直木三十五賞(2005年)、川端康成文学賞(2006年)、中央公論文芸賞(2007年)、伊藤整文学賞(2011年)、柴田錬三郎賞(2012年)、泉鏡花文学賞(2012年)

角田光代『八日目の蝉』

角田光代さん、と言ったら映画化もされたこの作品を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

簡単にあらすじを説明します。

主人公の希和子は、想いを寄せていた男と別の女との間に出来た赤ちゃんをほんの出来心から誘拐してしまいます。

宗教施設や、海の見える町、希和子は「薫」と名付けた女の子を連れて、警察の目をかいくぐり逃げ続けます。

そして行きつく先は――

最初から最後までハラハラとドキドキが止まらない、スリリングで、また角田さん独特の毒を含む世界観が魅力的です。

角田光代さんの本をまだ読んだ事がない方は、角田さん入門書としてすごくおすすめです。

角田光代『さがしもの』

単行本での旧題は「この本が、世界に存在することに」となっていましたが、文庫化で「さがしもの」と改題されました。

本にまつわる九つの短編が収録されていて、本好きにはたまらない一冊となっています。

ひとり暮らしすることをきっかけに、一冊の本を売り、その本が“旅”をしていく「旅する本」、あまりにも本が魅力的に見えて初めて万引きをしてしまった書店にまつわるお話「ミツザワ書店」など、紹介したのは一部ですが、他にも魅力的な短編がたくさん詰まっています。

ページをめくるごとに本に対する愛情を再確認するような、そんな一冊です。

角田光代『それもまたちいさな光』

主人公の仁絵は、仕事中にかけている「モーニングサンシャイン」というラジオの竜胆美帆子の喋りを、「それにしても、毎朝よくこんなどうでもいいことをぺらぺらとしゃべれるものだなあ」と思いながらもそのどうでもよさが心地よくて、毎日ラジオを聴き続けています。

三十五歳独身、結婚もせず働き続ける中、このまま一人で歳をとっていくのかと悩んでるところ、幼なじみの雄大から「三十五歳になってどちらも独り身だったら結婚しようって約束したのを覚えているか」と持ちかけられます。

しかし、仁絵にはその雄大の誘いには乗れない理由があって――

三十代と言えばこれからの人生を考えてしまう年齢、人生の岐路にもなりうる年頃でしょう。

そんなときに幼なじみから結婚を持ちかけられたら自分ならどうするのだろう、とついつい感情移入してしまうのが角田さん作品の魅力の一つです。

また、「モーニングサンシャイン」の竜胆美保子が意外な形でこの物語に絡んでいくのもこの作品の面白い所です。

大人のラブストーリーとして極上の一冊です。

角田光代『くまちゃん』

さて、タイトルはとっても可愛いのですがこの小説は、毒だらけで読むごとに刺さってくるとっても鋭利な本です。

と言うのもこの短編集は全部「振られる」ことをテーマにして書かれている失恋小説だからです。

くまのプリントがされたTシャツを着ているバンドマンに恋してしまい、その恋はとてもつらく苦しいものとなっていく表題作の「くまちゃん」や、交際した男性の数と振られた男性の数がぴったり一緒の主人公の失恋をえがく「乙女相談室」など。

例えば失恋したときは、思いっきり失恋ソングを聴く派と全然関係ない事をして気を紛らわす人がいると思いますが、この作品は前者タイプの人におすすめです。

すごく真正面から“失恋”をえがいているので、爽快感すらあるこの本を読んであなたも泣いてみませんか?

角田光代『対岸の彼女』

第百三十二回直木賞受賞のこの作品は、女同士の友情をえがいた作品です。

小夜子と言う一人の主婦が、面接で女社長の葵と出会いベンチャー企業に勤める所から物語は始まります。

そして、物語は葵の過去と交錯していきます。葵とナナコと言う少女の間に生まれた、異様とも呼べる友情関係…そして家出、心中未遂。

壮絶な過去を持つ葵と友情のようなものを芽生えさせていく小夜子。

女同士の絆をここまで鮮烈にえがききった作品を、私は他に見たことがありません。

読んだあとしばらくこの本の世界観にぼんやりとしてしまう程、私は打ちひしがれました。

個人的に角田さんの作品をこれから読みたいと思う方には必読な一冊だと思います。

角田光代『愛がなんだ』

2019年4月に映画の公開が決定しているこの本は、決定的に「ダメ」な男マモちゃんに恋をしてしまったテルコと言う女性が主人公のお話です。

何をするにもマモちゃん最優先、仕事さえもおろそかにする、言われれば何でも言うとおりにする――テルコもテルコでどこか欠けてしまっているのです。

しかしそんなに愛してもマモちゃんはテルコの事が好きではなく、辛い恋にテルコは苦しみ続けます。

毒を含むどころか、毒が全面に出ていて角田ワールド全開と言った感じのこの作品は、読んでいて苦しいのにページをめくる手がやめられない、共感度がかなり高い本です。

ついつい男性に振り回されてしまう…そんな女性がこの本を読むと「わかるわかる!」と思ってしまうのではないでしょうか。

『愛がなんだ』あらすじと感想【純度100%の恋愛小説!】『愛がなんだ』原作小説あらすじと感想【純度100%の恋愛小説!】

角田光代『エコノミカル・パレス』

後に「フリーター文学」と呼ばれるようになったこの作品の主人公は、34歳フリーターの「私」。

同棲相手の男性は「タマシイのない仕事はしたくない」などと言いまともに働かず、生活費のほとんどを「私」が工面していた。

そんなとき携帯に突然かかってきた「テキ電」――適当に番号を打って電話すること――で「私」は一人の男に恋をする。

何もかもが行き詰まって行くような感覚に襲われながらも、ラストはどうなるんだろうと、苦しいながらも読ませてしまう角田光代さん独自の世界観が魅力です。

私は角田さんの小説に含まれる毒を「癖になる毒」と呼んでいます。

この作品はまさにその「癖になる毒」がたっぷり含まれていて、最高のエンタテインメントです。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。