辻村深月おすすめ小説10選【ファンが本気で選んだ!絶対に外せない作品とは?】

辻村深月おすすめ小説10選【ファンが本気で選んだ!絶対に外せない作品とは?】

今や「辻村深月」という作家を知らない人はいないのではないでしょうか。

映画『ツナグ』の原作者として知っていた人も、『かがみの孤城』『ドラえもんのび太の月面探査記録』(脚本)の作者としても知っているかと思います。

彼女は15年以上のキャリアで多くの作品を書いてきましたが、そうなってくると何から読んでいいかわからなくなってしまいます。

そこで今回はこれだけは外せない辻村作品10作に絞りました。

デビュー作から最新作『小説 のび太の月面探索記』『傲慢と善良』まで紹介していますのでお楽しみあれ。

『冷たい校舎の時は止まる』

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその顔と名前がわからない。どうして忘れてしまったんだろうー。第31回メフィスト賞受賞作。

(BOOKデータベースより)

メフィスト賞でのデビュー作。「SF(少し不思議)」「ミステリー」が合わさっている辻村深月作品の始まりです。

校舎に閉じ込められた8人の高校生たちによる、学園祭中に死んだ同級生を巡るミステリー。

作者のデビュー作を知ることによってほかの作品がさらに楽しむことができます。

このときは大人への反抗がうかがえますが、『かがみの孤城』になるとただ反抗するだけでなく……と、この作品を読んでおくと作者の変化を楽しむこともできます。

『凍りのくじら』

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすときー。

(BOOKデータベースより)

章題がドラえもんの道具になっていることでお馴染みの作品。

どんな相手にも合わせてしまう、合わせられてしまう芦沢理帆子。藤子・F・不二雄の「SF(少し・不思議)」のように友達など周りの人に「少し・〇〇」とつけていきます。そして自分は「少し・不在」

さまざまなドラえもんの道具が出てくるところや「少し・〇〇」がどのように変化していくかというところにおもしろさがあります。

読み終わったあとに必ず「少し・〇〇」と周りの人や自分につけたくなってしまうと思います。

『凍りのくじら』あらすじと感想【存在意義と記憶から溢れだす「ドラえもん」】

『ツナグ』

一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、失踪した婚約者を待ち続ける会社員…ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、何をもたらすのだろうか。心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。

(BOOKデータベース)

松坂桃李主演で映画化もされた吉川英治文学新人賞受賞作

死んだ人に一度だけ会うことができる話。もしあの人にもう一度だけ会えるならという叶わぬ願いを小説という形で叶えてくれます。

イチオシは、会えた友だちに、親にバレないようにBL本や同人誌を捨ててほしいと頼まれる場面。

拍子抜けしそうですが、その人間らしさが懐かしくも、そのようなことを頼むのは死んでしまったからということを思わせて一層切ないです。

『鍵のない夢を見る』

どうして私にはこんな男しか寄ってこないのだろう?放火現場で再会したのは合コンで知り合った冴えない男。彼は私と再会するために火を?(「石蕗南地区の放火」)。夢ばかり追う恋人に心をすり減らす女性教師を待つ破滅(「芹葉大学の夢と殺人」)他、地方の町でささやかな夢を見る女たちの暗転を描き絶賛を浴びた直木賞受賞作。

(BOOKデータベースより)

ドラマ化された直木賞受賞作

地方の「犯罪」について書かれ、地方特有の閉鎖感がいやになるほど書かれています。

普通に人が犯罪に手を染めてしまう、些細なきっけから大きく人生の歯車が狂っていく様子は圧巻です。

『盲目的な恋と友情』

タカラジェンヌの母をもつ一瀬蘭花は自身の美貌に無自覚で、恋もまだ知らなかった。だが、大学のオーケストラに指揮者として迎えられた茂実星近が、彼女の人生を一変させる。茂実との恋愛に溺れる蘭花だったが、やがて彼の裏切りを知る。五年間の激しい恋の衝撃的な終焉。蘭花の友人・留利絵の目からその歳月を見つめたとき、また別の真実がー。男女の、そして女友達の妄執を描き切る長編。

(BOOKデータベースより)

おそらくもっとも人の裏側を書いた作品です。

辻村さんは『かがみの孤城』の影響もあり、優しい救いのある温かい小説のイメージが強いかもしれませんが、人の裏側もおそろしいほど書いています。まったく正反対のものなので最初は度肝をぬかれるかもしれせん。

恋と友情の2つの視点から「女」を書ききっています。

『ハケンアニメ!』

1クールごとに組む相手を変え、新タイトルに挑むアニメ制作の現場は、新たな季節を迎えた。伝説の天才アニメ監督・王子千晴を口説いたプロデューサー・有科香屋子は、早くも面倒を抱えている。同クールには気鋭の監督・斎藤瞳と敏腕プロデューサー・行城理が手掛ける話題作もオンエアされる。ファンの心を掴むのはどの作品か。声優、アニメーターから物語の舞台まで巻き込んで、熱いドラマが舞台裏でも繰り広げられるー。

(BOOKデータベースより)

アニメ好きを公言する作者が書いたのだから間違いのない「アニメ制作仕事小説」

アニメの覇権を目指すアニメ業界をさまざまな視点から書かれています。

アニメというとオタクというレッテルを貼られてしまったり、世代によって受け入れられなかったりしますが、それらをただ反発するのではなく、相手に向き合わせてくれる小説です。

『きのうの影踏み』

小学生のころにはやった嫌いな人を消せるおまじない、電車の中であの女の子に出会ってから次々と奇妙な現象が始まり…、虫だと思って殺したら虫ではなかった!?幼い息子が繰り返し口にする謎のことば「だまだまマーク」って?横断歩道で事故が続くのはそこにいる女の子の霊が原因?日常に忍び寄る少しの違和感や背筋の凍る恐怖譚から、温かさが残る救済の物語まで、著者の“怖くて好きなもの”を詰め込んだ多彩な魂の怪異集。

(BOOKデータベースより)

こちらは怪談小説。

作者の多彩さをここでも感じます。

短編集となっており、どれも日常と非日常が地続きになっていることによる怖さがあります。

赤ん坊を書いた短編はちょうど自分の子どもが生まれた時なのに、自分で書いてて怖くないのかと思ってしまいます。

次のページ

『かがみの孤城』

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。