池井戸潤おすすめ小説ランキング10選+最新1選【読書好きに聞いた!】

池井戸潤おすすめ小説ランキング【読書好き14人に聞いた!】

お仕事エンタメ小説で右に出る者はいない直木賞作家・池井戸潤。半沢直樹シリーズや下町ロケットシリーズなどドラマ化されお茶の間でも多くの支持を集めている作品ばかり。業界モノの話が好きな方、様々な人間模様が繰り広げられる物語を読みたい方必見です。

今回は読書好きの方14名に、Twitter上で池井戸潤おすすめの1冊を選んでいただきました。その結果をランキング形式でご紹介します。

池井戸潤作品を読むおすすめの順番とその理由を解説!

池井戸作品にまったく触れたことがないというあなたは、まず『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』の半沢シリーズから読み始めることをおすすめしたい。

分かりやすい正義と悪が存在しており、謎解き要素も含まれているためとにかく楽しく、読みやすい。

2冊読んでハマったら、もう誰かに勧められなくとも『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』を貪り読み始めるだろう。

半沢シリーズを制覇したら、次に読みたいのが

  • 『花咲舞が黙ってない』
  • 『下町ロケット』
  • 『アキラとあきら』
  • 『ノーサイド・ゲーム』
  • 『陸王』

の5冊。

この5冊に共通しているのは、半沢と同じく「正義が日の目を見るスッキリ感」が感じられ、明るい気持ちで楽しめることである。

ここまで来るとあなたはもう池井戸潤の見せてくれる痛快小説の虜になっていることだろう。

また、『かばん屋の相続』『シャイロックの子供たち』『七つの会議』については、上記で紹介した他の作品と比べると若干重苦しい現実に向き合わされる印象を受ける。

池井戸潤の作品はどれも銀行要素が絡んでくることが多く、これは彼自身が銀行員として勤めた経験に基づいていると言われている。

銀行、即ち「金」が絡むと、世の中決して楽しいことばかりではなく非情で残酷な現実も見えてくるものだ。

この3作品についてはそんな暗い要素も含めて魅力となっているので、楽しい作品を満喫した後に覗いてみることをお勧めする。

池井戸潤のおすすめ小説10選

ここからは、読書好きの方々がおすすめする池井戸潤の小説をランキング形式で10作品紹介していきます。

3位:かばん屋の相続 1票

こんな人におすすめ!

  • 壮大なスケールの長編よりも、サクッと読める短編を求めている人
  • 企業経営者の苦悩を覗いてみたい人
  • 最後スッキリした終わり方よりも、リアリティのある泥臭さを楽しめる人
池上信用金庫に勤める小倉太郎。その取引先「松田かばん」の社長が急逝した。残された二人の兄弟。会社を手伝っていた次男に生前、「相続を放棄しろ」と語り、遺言には会社の株全てを大手銀行に勤めていた長男に譲ると書かれていた。乗り込んできた長男と対峙する小倉太郎。父の想いはどこに?表題作他五編収録。
(Amazon商品説明より)

『かばん屋の相続』の感想

だしまき

オリジナルの短編が6作収録されています。
それぞれにテイストが全く違っていてどの話もとてもおもしろかったです。
短編集なので、通勤時間などのスキマ時間にサクッと読めるのが魅力です。
ファンはもちろん、初めて池井戸作品を読む方にもおすすめします。
『かばん屋の相続』の基本情報
出版社 文藝春秋
出版日 2011/04/10
ページ数 290ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍、オーディオブック

3位:シャイロックの子供たち 1票

こんな人におすすめ!

  • 長編小説より短編小説が読みやすくて好き!
    (短編同士が最終的には繋がるものの、一つ一つ区切られて構成されているので読みやすい)
  • 人間の闇の部分を覗いてみたい人
  • 銀行の恐ろしさに興味がある人
ある町の銀行の支店で起こった、現金紛失事件。女子行員に疑いがかかるが、別の男が失踪…!?“たたき上げ”の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上らない成績…事件の裏に透ける行員たちの人間的葛藤。銀行という組織を通して、普通に働き、普通に暮すことの幸福と困難さに迫った傑作群像劇。
(Amazon商品説明より)

『シャイロックの子供たち』の感想

yamadakaname

近年の池井戸さんの作品のような勧善懲悪ものではないため、それを期待すると戸惑いを覚えるかもしれません。
しかし、登場人物ひとり一人の生き様や人間くさい欲望や葛藤が巧みに描かれ心を揺さぶられます。
池井戸さんの文才を堪能できる作品です。
『シャイロックの子供たち』の基本情報
出版社 文藝春秋
出版日 2008/11/10
ページ数 347ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

3位:下町ロケット 1票

こんな人におすすめ!

  • 小さな会社が巨大勢力に立ち向かう、「下剋上的」ストーリーが好みの人
  • ロケット開発や宇宙産業にロマンを感じる人
研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた―。男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!第145回直木賞受賞作。
(Amazon商品説明より)

『下町ロケット』の感想

金のシャチホコ

中小企業ながら世界に誇れる技術を社員たちと奮闘しながら高めていく、広めていくところに夢とロマンを感じます????
さまざまな困難な中でも立ち向かう姿勢、わたしも大切にしよう!と思えました????
『下町ロケット』原作小説あらすじと感想【仕事に夢を乗せた、ある中小企業のサクセスストーリー!】『下町ロケット』原作小説あらすじと感想【仕事に夢を乗せた、ある中小企業のサクセスストーリー!】
『下町ロケット』の基本情報
出版社 小学館
出版日 2013/12/26
ページ数 496ページ
受賞 第145回直木賞受賞
シリーズ 下町ロケットシリーズ既刊4巻
発行形態 単行本、文庫、電子書籍、オーディオブック

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。