string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(true)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7838 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(1911)
  ["name"]=>
  string(24) "漫画ブックコラム"
  ["slug"]=>
  string(5) "comic"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(1911)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(0) ""
  ["parent"]=>
  int(1909)
  ["count"]=>
  int(83)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(15.1)
  ["cat_ID"]=>
  int(1911)
  ["category_count"]=>
  int(83)
  ["category_description"]=>
  string(0) ""
  ["cat_name"]=>
  string(24) "漫画ブックコラム"
  ["category_nicename"]=>
  string(5) "comic"
  ["category_parent"]=>
  int(1909)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
array(1) {
  [0]=>
  string(650) "{"top":"7500","path":"2022\/04\/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg","href":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook\/dp\/B09VHB9LBF\/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1","categories":"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911"}"
}
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
array(1) {
  [0]=>
  string(650) "{"top":"7500","path":"2022\/04\/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg","href":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook\/dp\/B09VHB9LBF\/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1","categories":"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911"}"
}
bool(true)

王道CPは“ドフ鰐”、個人的には“ダズ鰐”? 腐女子視点で漫画『ONE PIECE』を読む!

大人気漫画『ONE PIECE』(集英社)の人気キャラといえば、ルフィやナミなど“麦わらの一味”の名前が挙がりますよね。しかし私の推しは、元王下七武海・クロコダイル。なぜなら、彼が生粋の“受けキャラ”だから! 今回はクロコダイルの知られざる魅力に迫っていきます。

『ONE PIECE』に詳しくない人のために、まずは彼についてご紹介しましょう。

もともと世界政府公認の海賊・王下七武海の一角を担っていたクロコダイル。

スナスナの実の能力者でもあり、かつては犯罪組織・バロックワークスのボスという一面も持っていました。

生粋の“悪役”である彼ですが、実は我々腐女子にとっては“受けキャラ”なんです。

ということで、ここからは彼の“受け”としての魅力を語り尽くしますよ!

腐女子支持率が高い王道CPは、やはり“ドンキホーテ・ドフラミンゴ×クロコダイル”。通称ドフ鰐です。

ちなみにCPとは「カップリング」のことで、「A×B」と書くと左が“攻め”、右が“受け”を表すのでぜひ覚えておいてください!

『ONE PIECE』好きの方は知っていると思いますが、ドフ鰐って対立することが多いんですよね。

でも、そこがたまらない。

普段はツンツンしてる2人だけど、いざ“そういう場面”になると…。

想像するだけで、もうニヤニヤが止まりません!

しかもクロコダイルって怖いし強いし、なんだか近寄りがたい雰囲気を纏うキャラクター。

彼みたいな強気キャラが攻められてる絵面を考えるだけで、ご飯3杯はイケる気がしませんか? 私なら5杯はイケます。

そして夜の方もやっぱりドフラミンゴが“攻め”。彼が繰り出す“攻め技”にはさすがのクロコダイルもやられまくりです。

“クロコダイル”のくせして“フラミンゴ”に食べられちゃうの!? 普段はあんなに強気なのに食べられちゃうの!!??(完全なる妄想)

…暴走しすぎですね、すみません。

ただ私的には、“ダズ・ボーネス×クロコダイル”のダズ鰐も捨てがたいかも。

ダズといえば、西の海では有名な元殺し屋。いかつい見た目ながら、クロコダイルには絶対服従を誓う忠誠心の厚い男です。

そんなダズとクロコダイルの“主従CP”。

主であるクロコダイルを“攻め”とするのが定番のところ、あえてクロコダイルを“受け”にするのが私流です。

上司が部下を… ってよりも、部下が上司をって方が燃えません?

そういえばクロコダイルには“元女性説”も囁かれていましたが、そこがまた私にとっては大事なポイント!

もし彼が本当に“元女性”だとすると、やっぱりダズみたいな“漢”に攻められたいのでは? なんて思っちゃいます。

結局ベストCPは決めかねたものの、腐女子流『ONE PIECE』の楽しみ方を少しは分かってもらえたはず!

ぜひあなたも『ONE PIECE』キャラで色々な妄想を捗らせてみては?

この記事を読んだあなたにおすすめ!

【2021年版】BL漫画おすすめ厳選40作品【キュンキュンが止まらない!名作多数紹介】 岸辺露伴はヘタレ攻め!? 高橋一生主演でドラマ化予定の小説『岸辺露伴は叫ばない』を腐女子が読むと… 開眼した時のカッコ良さは天元突破!? 計り知れない関西弁キャラの魅力に迫る

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。