東卍の双悪兄弟!アングリー/スマイリーこと河田兄弟を徹底解説【東京卍リベンジャーズ】

アングリースマイリーサムネイル

関東事変後の現代で河田兄弟は何してる?

関東事変が終わった後の現代で、河田兄弟は「双悪」というラーメン屋を2人で切り盛りしている。

暴走族のチーム名だった「双悪」という名前だが、ラーメン屋の店名としてとてもしっくりきている。(22巻193話と195話)

また、店で出しているメニューの名前も彼らのあだ名にちなんでつけられていて面白い。白トンコツラーメンが“スマイリー”、黒トンコツラーメンが“アングリー”である。

スマイリーが言うには、”スマイリー”はスパイシーで、”アングリー”は優しい味をしており、味は「殺人級にうまい」とのこと。

その証拠に、タケミチがヒナと一緒に店を訪れた際には多くの客で賑わっていた。

おわりに

今回は、スマイリー・アングリーこと河田兄弟を徹底解説した。

スマイリーは笑顔と残酷な性格、アングリーは怒り顔ともう1つの顔。

2人とも、『東京卍リベンジャーズ』で登場するキャラクターの中でもトップクラスにギャップを持っており、とても驚かされた。

現代でも2人の仲の良さは変わらず平和に過ごしていたため、このまま何事もなくラーメン屋の店長として幸せに過ごしてほしいと願っている。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。