殺人事件はこんな場所でよく起こる

金田一少年の事件簿サムネイル

ミステリーに殺人事件は付き物。

しかし、すぐ警察が到着してしまっては話にならない。探偵が活躍するには場所選びが重要だ。

殺人事件が起こりやすい場所には条件がある。

今回はさとうふみやの漫画『金田一少年の事件簿』から、魔の惨劇地帯の特徴を考察していきたい。

1.絶海の孤島

オペラ座館殺人事件の舞台となった歌島は絶海の孤島だ。定期便のクルーザー以外に渡航手段はない。

他にも墓場島や悲報島など、本作には曰く付きの孤島が数多く登場するが、中でも歌島の不吉さは断トツ。

『金田一37歳の事件簿』と合わせたら、なんと4度も殺人事件が起きている。自殺志願者のツアーを組んでほしい。

絶海の孤島ではしばしば殺人事件が起きる。

島を出るには定期便の船を頼るしかないが、往々にして到着は1週間後。

電話や無線は犯人に壊されており、事件の関係者は完全に孤立する。

断崖絶壁と荒れた海に囲まれた島からは脱出不可能。外部と連絡もとれないときては詰んでいる。

殺人事件が起こる島は大抵無人島か、変わり者の金持ちが1人で屋敷に住んでいる為、駐在なんて気の利いた存在はおらず、いたところで役に立たないか初期に殺されるかの二択だ。

事件が起きても通報できず警察の救援が見込めないなら、名探偵がしゃしゃりでるお膳立ては整った。

事件と時同じくして嵐に襲われるのもお約束。孤島に行く時は殺人鬼と遭遇しないことを祈りたい。

2.僻地の洋館(雪の山荘など)

殺人事件は洋館で起きる。絶海の孤島も厄介だが、陸の孤島もそれはそれで厄介だ。「雪の山荘」もこの系譜に連なる。

共通点は外部との連絡が遮断されていること。

金田一は何度となく洋館で起きた惨劇に巻き込まれているが、犯行現場の多くは「何故そこに建てた!?」とツッコミ不可避のアグレッシブな立地。

吊り橋一本で外部と繋がった崖の上の洋館など、いくら家主が人嫌いで変わり者とはいえ、安全性を度外視している。

ちなみに吊り橋は燃え落ちるのがお約束。

「何故木製!?何故腐ったまま放置!?何故下が激流!?」と読者もツッコミ疲れしてくるが、広義の密室を作り上げるには、鉄筋コンクリートの不落の橋なんてお呼びじゃないのだろう。

実際洋館と行き来する唯一の手段がゴツい鉄橋だったら興ざめだ、ミステリーの雰囲気にそぐわない。

この手の洋館では吊り橋が落とされた後、食糧の備蓄を巡って争いが起きるのもポイント。

「人殺しと一緒にいられるか、部屋に帰る!」と死亡フラグを立てる被害者は事欠かないが、所詮洋館の中しか行く場所がないので、犯人が隠し通路を経由、あるいは見取り図を持っていたり一枚も二枚も上手な場合、逃げきるのは絶対不可能だ。

3.退路が断たれたキャンプ場

悲恋湖殺人事件は『13日の金曜日』のような、湖の畔のコテージが舞台となった。金田一はキャンプ場でも事件に巻き込まれている。

森の中の別荘地やキャンプ場は要注意。高確率で土砂崩れが発生し帰り道を塞ぐ。

しかも電波は圏外ときて警察に助けを求めるのもままならず、マイナスイオンをたっぷり浴びた殺人鬼が大ハッスル!

避暑には最高のロケーションだが、周囲には洞窟や底なし沼、ボートを桟橋に係留した湖に蜂の巣、下草に埋もれて見えにくい急斜面など、天然のトラップが数多く仕掛けられている。

大自然とコラボしたい、アウトドア系犯人ホイホイだ。

この手の犯人の多くはDIYを嗜んでおり、凶器は鋸やチェーンソー、それに斧を好む。

山奥のキャンプ場に遊びに行く時は、大工道具を持った殺人鬼が徘徊してないか注意されたし。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

『英国庭園の謎』書影画像以心伝心阿吽の呼吸。探偵と助手の理想の関係とは? ミステリー漫画30選サムネイル【2021年版】ミステリー漫画おすすめ厳選30作品【丁々発止の心理戦】 おすすめミステリー・推理小説まとめ!初心者必見【読書好き34人に聞いた!】【2021年版】読書好きおすすめミステリー小説34選!

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。