東京卍リベンジャーズ 人生に役立つ名言・名シーン10選

アニメ化・実写映画化が決定し、絶賛大人気中のSFヤンキー漫画『東京卍リベンジャーズ』。

不良だった主人公・花垣武道(はながき たけみち)が中学時代へのタイムリープ能力に目覚めたことをきっかけに、かつての恋人が殺害される運命を変えるべく暴走族チームで成り上がっていくという物語。

不良だからこそ不器用でまっすぐな言葉が読者に刺さります。

今回はその中から特に印象に残る名言を10個紹介します。

オレが変わらないと何も変えれない(花垣武道)

未来から来た武道が格上の相手にボロボロになりながらも立ち向かうときのセリフです。

恋人を救うためには逃げ出したいことから目を背けてはいけません。

武道が立ち向かうことを決めた覚悟の言葉は心に響きます。

何か新しいことにチャレンジするときは誰しもが怖気づいてしまいます。

でも、自分が変わりたいと願うなら一歩踏み出すしかありません。

このセリフはその時の励みになってくれます。

オマエはダセェ!!でもなぁダセェのはテメェだけだなんて思うなよ!オレはもっとダサかった(花垣武道)

仲間に対しての言葉でありながら、自分への怒りでもあるセリフです。

ここで武道のすごいところが、自分の悪かった部分をしっかり理解して認めているというところ。

なかなか自分の弱さをさらけ出せる人はいません。

武道が前を向いて成長している様がわかり、リーダーとしての素質が感じられました。

自分の弱さを認めた先に成長はあります!

引けねぇんだよ!!!!引けねぇ理由があるんだよ!!!(花垣武道)

ボコボコにされながらも戦う武道が相手に向かって言ったセリフです。

未来を知っているからこそ、ここで逃げるわけにはいかないという覚悟が現れた熱い言葉に感動した人も多いのではないでしょうか。

どんな強い相手にも拳1つで立ち向かっていくという勇気は多くの人が見習わなければなりません!

その期待が人を苦しめる事もあるんだよ(柴 柚葉)

敵チームのボスの妹で出番はあまりありませんが、このセリフは印象に残っています。

全く期待されないというのもつらいですが、過度な期待はその人を押しつぶしてしまいます。

仕事や部活、子育てや勉強など様々な場面にあてはまる言葉です。

知らず知らずのうちに優しさがプレッシャーに変わっていることもあります

人間関係の難しさを考えさせられました。

本当に大切な事は喧嘩に勝つ事じゃねぇ 自分に負けない事だ(佐野万次郎)

東京卍會(東卍)の創設者であり、そのカリスマ性から総長を務めるマイキーこと佐野万次郎(さの まんじろう)のセリフです。

幼少の頃から喧嘩最強のマイキーが言うからこそ重みのある言葉です。

本当に強い人間はどんな時も自分に負けない

弱くても立ち向かう武道をマイキーは「本当に強い」と認めます。

普通の不良とは違う、心の大きさがわかるシーンです。

肉体的な痛みより精神的な痛みの方が、長くてつらい気がします。

オレが後ろにいる限り誰も負けねぇんだよ(佐野万次郎)

敵に向かって放ったマイキーのセリフです。

敵に対しては全く容赦のないマイキーですが、誰よりも仲間に対しては優しいです。

このセリフもその性格からきたものでしょう。

自他ともに認める最強のマイキーだからこその言葉ですが、こんな自信のあることを言われるとどんな状況でも元気が湧いてきます。

君は負けるってわかってて助けに来てくれたんだよ 勝てる人より100倍すごいよ(橘日向)

武道の元恋人・橘日向(たちばな ひなた)が武道に対して言ったセリフです。

負けるとわかっていながらも守りたいもののために懸命になる武道のすごさを理解した日向の発言は多くの人を勇気づけました。

自分の頑張りは必ず誰かが見てくれていて、報われる日が来ます

今は芽が出ていない人も自分にとっての日向が現れるまでかんばりましょう!

どんなに苦しくても力は守る為に使えよ(三ツ谷隆)

東卍創設メンバーの一人であり、弐番隊隊長を務める三ツ谷隆(みつや たかし)のセリフです。

不良でありながら、手芸部の部長を務めているという変わった人物です。

意味のない自己満足だけの暴力は奮ってはいけないという三ツ谷の信念が見て取れます。

誰かを守るために使うという芯の強さは見習わなければないところがあります。

芯を貫き通すということは特に私たち日本人には必要なものなのかもしれません。

喧嘩の強ぇやつなんていくらでもいんだよ。でもな“譲れねぇモン”の為ならどんな奴にも楯突けるオマエみたいなやつはそーいねぇ。(龍宮寺堅)

東卍創立メンバーのひとりであり、副総長でもあるドラケンこと龍宮寺堅(りゅうぐうじ けん)が武道に言ったセリフです。

マイキーの一番の理解者であり、喧嘩の実力も折り紙付きです。

武道が自分よりも強いとわかっているマイキーたちに立ち向かっていく姿を見て、その強さを認めます。

武道ももちろんすごいのですが、自分よりもはるかに弱い武道に対して「お前は強い」と素直に言えるドラケンもかっこいいです。

大切なもののためになら無我夢中になれる

そんな人をうらやましく思う人も多いのではないでしょうか。

下げる頭持ってなくてもいい 人を想う”心”は持て(龍宮寺堅)

親友の彼女が、敵対する暴走族に暴行されて入院し、その療養中に様子をドラケンとマイキーが見に行った時の言葉です。

「”不良の世界”は不良の中だけで片付ける、一般人に被害出しちゃダメだ、周りの奴泣かしちゃダメだ」というドラケンの言葉は、本当に中学生なのかと疑うほど大人びています。

表面的な対応だけでは誠意は伝わりません。

でも、どれだけかっこ悪くても気持ちがこもっていれば伝わります。

人として大事なことを学ばせてくれる言葉です。

まとめ

今回は『東京卍リベンジャーズ』の名言10個を紹介しました。

ストーリーが面白いのはもちろんのこと、1人1人のキャラクターにしっかりスポットが当たるので、自分の中で好きなキャラクターが必ず出てきます。

2021年間違いなく爆発的に人気になる作品の一つになると思います。

まだ読んだことのない方は実写映画が始まる前に一度是非ご覧ください!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

キン肉マン 愛と友情の元祖プロレス漫画名言・名シーン10選 合言葉は「やっぱりプロだな俺」 漫画『ザ・ファブル』に学ぶ“最強仕事術”がタメになる!?合言葉は「やっぱりプロだな俺」 漫画『ザ・ファブル』に学ぶ“最強仕事術”がタメになる!? 漫画名言記事まとめページ【気になる漫画の名言を、のぞきにいこう!】

書き手にコメントを届ける

あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。