ギャグ漫画おすすめ15選【抱腹絶倒!】

あなたは最近声を出して笑っているだろうか?

もし仕事や生活に疲れて笑ってないなら危険信号、心が活力を失っているかもしれない。

最高に面白い漫画を読むことで、心はちょっと前向きになる。

今回は古今東西の傑作ギャグ漫画15選を紹介したい。

『極主夫道』【元極道、現在主夫】

おおのこうすけにによる漫画。Netflixオリジナルでアニメ化も決定してる。

不死身の龍と呼ばれた最凶のヤクザがキャリアウーマンと結婚し、専業主夫として家事をこなす姿を描く。

眼力だけで人を殺せそうな強面ヤクザが、ヒラヒラフリフリのファンシーなエプロンを身に付け、ママチャリで商店街を駆け抜けていく絵面は職質待ったなし。

シュールなギャグセンスもボディブローのようにじわじわきいてくる。

周囲がちびってびびる龍の意外な人の好さと、倹約の知恵を駆使する家庭的な一面にはギャップ萌えだ。

『聖☆おにいさん』【ブッダとイエスの立川ライフ】

中村光による漫画。

世紀末を乗り越えたブッダとイエスの至聖コンビが、東京の立川にバカンスとして降臨し、安アパートで同居を営む姿を描く。

信者ならずとも知っている有名エピソードを「実はあれってこうだったんだよ」とネタに落とし込み、「な、なんだってー!?」とツッコまずにいられないギャグに仕上げる手腕が見事。

立川で送る日常をすっかりエンジョイしてるブッダとイエス、二人のとぼけたやりとりは脱力と癒し満点。たびたび賑やかしにやってくる、愉快な使徒たちにも注目。

『鬼灯の冷徹』【ブラックな職場です?】

江口夏実による漫画。アニメ化もした。

閻魔大王の信任篤い部下にして地獄の獄卒である鬼灯が、ブラックな職場で起こる様々なトラブルに対処する。

仏頂面がデフォルトの鬼灯が、鬼の金棒の一振りで迷惑クレーマーを撃沈させていくのが痛快。

古今東西の神話や民話を彩る神々や妖怪、さらには歴史上の実在の人物に至るまでが、天国と地獄を股にかけわちゃわちゃ馬鹿をやらかすのも楽しい。

様々なハラスメントがはびこって問題山積みの地獄を、時に閻魔大王の代理として統括する、鬼灯の苦労は絶えないのだった。

『天地創造デザイン部』【ざんねんでおかしな動物の誕生秘話】

蛇蔵&鈴木ツタ&たら子による漫画。アニメ化もした。

世界の創造主たる神から、地球に生息する動物たちのデザインを請け負ったデザイナーたちの苦労を描く。

神を無茶振りクライアントに見立てた設定が面白い。

ふわっとした依頼に試行錯誤悪戦苦闘する下請け業者には共感することうけあい。

オネエ・インテリ・グルメマニア・ゴスロリと、個性豊かな面々が揃った会議風景を見ているだけで楽しい。

実際「こんなのアリ!?」というデザイン案が採用されるので、レアな動物の生態に詳しくなれる。

『せんせいになれません』【トラブルメイカーな教師が活躍する四コマ】

小坂俊史による四コマギャグ漫画。

市立西の台小学校を舞台に、ギャンブル狂だったりイタズラ狂だったり、トラブルメイカーなダメ教師たちの日常を描く。

こんな先生リアルにいたらいやすぎ!なエピソードの連続だが、正しく反面教師な彼らのドタバタに、しょうもない笑いを誘われてしまうのもまた事実。

生徒よりも大人げない河田や池田たちの失敗談を見ていると小学校時代を思い出し、不思議と愛着が湧く。

『みつどもえ』【三つ子JSの下ネタ劇場】

桜井のりおによるギャグ漫画。

見た目も性格もばらばら、世界一似てない三つ子である丸井家のひとは・ふたば・みつばを中心に、鴨橋小学校6年3組のドタバタを描く。

下ネタ耐性があるならぜひ読んでほしい傑作。クラスで飼っているハムスターにチクビと名付け、学級会において皆でチクビ連呼するなど、馬鹿馬鹿しいエピソードは爆笑もの。

巻を重ねるごとに三つ子の周辺にスポットライトがあたり、どんどん賑やかになっていくのもポイント。

『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』【ハーレム人数最多?彼女が100人できるかな♪】

100回連続で失恋した主人公の恋太郎は、今まで最悪だった恋愛運の救済措置として、インチキ臭い縁結びの神に「高校で100人の彼女に出会うが、彼女達を幸せにできなければ死ぬ」と予言される。

その言葉通り、彼の前にはタイプが千差万別のヒロインたちが次々登場するのだが……。

今一番エッジの利いたラブコメ漫画。

ギャグのセンスが恐ろしくキレッキレで、3ページに1回は声を出して笑ってしまった。

ハーレム構成員のバリエイションも豊かすぎ、ツンデレツインテールや小動物系文学少女、クールビューティーな理系彼女から何と未亡人と、あらゆる全方位に向けた性癖の需要を装備している。

本当に100人ヒロインが登場するのか、キャラ被り回避や描き分けは可能なのか、一話で意味深に登場して別れた友人が伏線なら男の娘やТSもこの先でてくるのか興味が尽きない。

『東京タラレバ娘』【アラサー女たちの恋愛事情】

東村アキコによる漫画。ドラマ化もされている。

脚本家の倫子とその友人の香と小雪、そろそろ婚期が気になるアラサーだけど彼氏のいない三人娘が、「こうしていれば」「ああしていたら」と女子会で嘆くのと並行し、運命の相手をさがす顛末を描く。

恋と仕事の板挟みに悩む、「タラレバ」が口癖の女性たちに贈りたい漫画。

あるあるわかる~な彼女たちの心の叫びには全力で共感してしまうし、倫子が付き合うことになった映画好き男の、いかにもなベストセレクションには笑ってしまった。

『中国ラブアタック』【社長とボディガードのBL】

ぷにこによるBL四コマ漫画。

遺伝子工学の権威の大天才にして、中国の巨大企業の経営者である布袋と、彼のボディガードに任命された倒了の行き違いを描く。

「結合、ケツ合♡」など下ネタ満載のギャグがぶっとんでいるのは勿論だが、四コマの最後に添えられた、作者と編集のツッコミが癖になる。

ショタコン趣味のトラブルメイカー・布袋の年甲斐ない可愛さにはキュンとするし、彼に振り回されるうちに忠義心以上の愛情が芽生えてしまい動揺する、倒了の朴訥さにはもっとキュンキュン。当事者だけが気付いていない両片想い同士のノロケに頬が緩みっぱなし。

書き手にコメントを届ける

あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。