表現者・紗倉まなの魅力を読み解く【アイドル・エッセイ・小説】

紗倉まなの魅力とは?

表現の源泉にあるもの

興味があるものを貪欲に求め続けていったから現在の地位がある。

平たく言えばオタク的でナードな発想だが、異常な知的欲求が彼女の心底には渦巻いているのだろう。

紗倉まなを突き動かしているのは、探究心や好奇心なのだなと様々な表現に触れ改めて痛感した。

そしてその知性や哲学的思考はエロティックと相反するものと思いきや、地下深くで結びついており、ある種のフェティシズムのような不思議な魅力を放っている。

表現者としての紗倉まなから、多面的に感性を刺激されてやまない。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

『タナトスの誘惑』を読んでからYOASOBI『夜に駆ける』を聴いてみた小説『タナトスの誘惑』を読んでからYOASOBI『夜に駆ける』を聴いてみた Creepy Nutsと“たりないふたり“、相思相愛の関係性を徹底解説!Creepy Nutsと“たりないふたり“、相思相愛の関係性を徹底解説! クリープハイプ『信じていたのに嘘だったんだ』あらすじと感想【『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』を尾崎世界観が再解釈した短編集】『信じていたのに嘘だったんだ』を読んだらクリープハイプ1stアルバムがより楽しくなった

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。