山田詠美おすすめ小説ランキング【読書好き19人に聞いた!】

山田詠美おすすめ小説ランキング【読書好き19人に聞いた!】

青春小説の金字塔『ぼくは勉強ができない』でお馴染みの直木賞作家・山田詠美。「でも、おまえ、女にもてないだろ」というような歯に衣着せぬ物言いが魅力的な登場人物たちが多く、文体も読みやすいのが特徴的。また、物事の捉え方や生き方について学べる作品ばかりなのも、老若男女問わず愛されている所以でしょう。

今回は読書好きの方19名に、Twitter上で山田詠美おすすめの1冊を選んでいただきました。その結果をランキング形式でご紹介します。

1位:放課後の音符 4票

大人でも子供でもない、どっちつかずのもどかしい時間。まだ、恋の匂いにも揺れる17歳の日々―。背伸びした恋。心の中で発酵してきた甘い感情。片思いのまま終ってしまった憧れ。好きな人のいない放課後なんてつまらない。授業が終った放課後、17歳の感性がさまざまな音符となり、私たちだけにパステル調の旋律を奏でてくれる…。女子高生の心象を繊細に綴る8編の恋愛小説。
(Amazon商品説明より)

『放課後の音符』の感想

PSyche

高校時代に読んだ、私にとって初めての山田詠美作品。
登場人物は皆私と同じ高校生。
共感というより、私よりもずっと大人びていて、少々コンプレックスを感じながら読んでたな笑
間違いなく私の読書人生に影響を与えた1冊。
やはり高校生におすすめしたい。

工藤

私たちと似たような1人の少女が色んな女の子と出会っていく短編集です。
少女から女へと素敵に成長していく様を繊細かつ豊かな表現で描写されていて、読んだら「きゅんと頬の奥が窪むような」素敵な恋をしたくなります。
女子中高生にはぜひ読んで欲しい!

MOO

中学生の頃、ちょっと背伸びして読んだ本。
この本に登場する、大人っぽくて同級生とはどこか違う雰囲気をもった女の子たちに憧れてました。
今読むと、もうこの時代には戻れないって思う。
ぜひ、10代に読んでほしい!

ちょび♪

言葉の使い方に衝撃を受けた。
慣れ親しんだ日本語なのに、初めて触れる文章だった。
お話も、思春期だった自分の琴線に触れるものばかりで、お気に入りの主人公が2人いた。
私が小説好きになったきっかけの本。
バイブル。

1位:ぼくは勉強ができない 4票

「ぼくは思うのだ。どんなに成績が良くて、りっぱなことを言えるような人物でも、その人が変な顔で女にもてなかったらずい分と虚しいような気がする」―時田秀美は17歳、サッカー好きの男子高校生。勉強はからっきしだが、めっぽうモテる。発表から四半世紀、若者のバイブルであり続ける青春小説の金字塔。
(Amazon商品説明より)

『ぼくは勉強ができない』の感想

シャロン

中学の頃に出会った、今までもこれからもわたしのバイブル。
秀美の生き方や周りの人たちのキュートさ、あざとさ、生き難さを全て自分の話だと思ってもう10年になります。
何十回も読んで本もぼろぼろだけれど、何度読んでも春には甘い香りがする気がする。

Ema

高校生の頃に勧められて読んだ本です。
当時は秀美くんのことを「変なやつだなぁ」くらいに思っていたけれど、大人になってから改めて読み返すと随分印象が違いました。
『ライ麦畑でつかまえて』っぽくもあり、今読むとなんだかとても眩しいです。

ぽんめ

主人公秀美の何にでもまっすぐ向き合う姿が眩しい。
高校生らしからぬ名言がぽんぽん出てくる。
「自由にして窮屈」というのが当初はわからなかったけど、「秀美=自由」という枠にはめられてたって事かなと今になって思う。

dhstm

学生のうちに出会えて良かったと思える一冊。

2位:ジェントルマン 2票

眉目秀麗、文武両道にして完璧な優しさを持つ青年、漱太郎。しかしある嵐の日、同級生の夢生はその悪魔のような本性を垣間見る―。天性のエゴイストの善悪も弁えぬ振る舞いに魅入られた夢生は、漱太郎の罪を知るただ一人の存在として、彼を愛し守り抜くと誓う。切なくも残酷な究極のピカレスク恋愛小説。
(Amazon商品説明より)

『ジェントルマン』の感想

とも雪

美しい狂気を描いた作品。
中学生の頃に読んで衝撃を受けました。
刺激的な内容ですが文章がとても綺麗なので読みやすかったです。
新しい世界に足を踏み入れた気分。

3位:タイニーストーリーズ 1票

当代随一の書き手がおくる、宝石箱のような短編小説集。アメリカ人兵士との恋愛を描く「GIと遊んだ話」から、街に立つ電信柱がその心情を語る「電信柱さん」まで21種のまったく異なる感情の揺らめきが、それぞれにまばゆい光を放ちます。ささやかなのに心をとらえて離さない、極上の物語たちをご堪能ください。
(Amazon商品説明より)

『タイニーストーリーズ』の感想

ラマンボ

学生時代、確か学校の図書館で読んだ作品。
笑えるところもあるけど、ブラックなラストに「こっわ!!!!!」って思ったことを覚えてます。(笑)
短編集なので、活字をたくさん読むのが苦手な人にもオススメ。
因みにこの中で一番好きだったのは「宿り木」。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。