string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(true)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7842 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(1910)
  ["name"]=>
  string(24) "一般ブックコラム"
  ["slug"]=>
  string(6) "normal"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(1910)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(0) ""
  ["parent"]=>
  int(1909)
  ["count"]=>
  int(64)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(15.1)
  ["cat_ID"]=>
  int(1910)
  ["category_count"]=>
  int(64)
  ["category_description"]=>
  string(0) ""
  ["cat_name"]=>
  string(24) "一般ブックコラム"
  ["category_nicename"]=>
  string(6) "normal"
  ["category_parent"]=>
  int(1909)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
array(1) {
  [0]=>
  string(650) "{"top":"7500","path":"2022\/04\/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg","href":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook\/dp\/B09VHB9LBF\/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1","categories":"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911"}"
}
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
array(1) {
  [0]=>
  string(650) "{"top":"7500","path":"2022\/04\/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg","href":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook\/dp\/B09VHB9LBF\/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1","categories":"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911"}"
}
bool(true)

『死にたい夜にかぎって』初恋は自転車泥棒、最愛の彼女は唾売り女… 悲劇のような笑える半生に元気を貰え!

過激な女性たちに振り回された、ろくでもない男の実話小説『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)。タイトル的にてっきり鬱作品なのかと思いきや、いい歳したアラサー男子が思いのほか勇気づけられてしまいました。恐るべし、爪切男…。

そもそも原作者であり、小説の主人公でもある爪切男(つめ きりお)とは一体どのような人物なのか。まずは彼の前情報から説明させてください。

じつは彼、同人誌即売会・文学フリマにて『夫のちんぽが入らない』の作者たちとユニットを組んでいた人物。

2016年にはWebサイト「日刊SPA!」で『タクシー×ハンター』というエッセイを連載し、驚異的なPVを記録しました。

その中でも特に人気の高かった恋愛エピソードを中心に、大幅加筆修正してまとめたのがデビュー作でもある『死にたい夜にかぎって』。

今年2月には俳優・賀来賢人を主演に迎え、実写ドラマが放送スタート。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの野良の偉才・爪切男ですが、その半生はまさに波乱万丈です。

たとえば彼が出会う女性は、とにかく一癖も二癖もある者ばかり。

ある日学校一可愛い女の子に屋上へ連れて来られたかと思いきや、「君の顔のダニを殺してあげるね」と言っていきなりビンタをかまされます。

なぜ数いる男子生徒の中で彼が選ばれたのかというと、マドンナ曰くダニが多そうな顔をしているから。

そして極めつけは、彼女が放った下記のセリフ。

「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」

私もかれこれ30年くらい生きていますが、こんなこと口にするマドンナは見たことありません。恐らく母親ですら自分の息子に対して、“笑顔が虫みたい”とは言わないでしょう。

ただドラマ版では、この役柄を玉城ティナが演じていた模様。彼女から言われるのであれば、それはそれである意味ご褒美… いやなんでもありません(笑)。

話は戻り、同作には兎にも角にも個性豊かな女性がいっぱい。

初恋の相手は自転車泥棒で、初めての彼女はカルト宗教を信仰するヤリマン女。初体験の相手は出会い系サイトに生きる車椅子の女性、6年付き合った彼女は新宿で唾を売って生計を立てていました。もうどこからどう突っ込んだらいいのやら…。

そんな女性たちのせいでうまく笑えなくなったり、時に苦くて切ない経験を味わう羽目になるのですが、なぜか“彼の半生は決して悲劇ではない”と思えるから不思議。

むしろ彼女たちと出会えたからこそ、ここまで人を愛せたとすら思えるのです。

いわば悲劇のような喜劇の人生。

おかげで私もいろいろ気づかされたことがあります。

こんな生き方があるのだと。こんな愛し方があるのだ、と―。

「星が綺麗だって思えるうちは人生大丈夫」

死にたくなった夜にかぎって星が綺麗に輝いていたら、まだ自分は大丈夫なのだと笑い飛ばせばいい。

不覚にも人生数十年のアラサー男子、最高にどうしようもない男の人生に励まされてしまいました。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

『夫のちんぽが入らない』あらすじと感想【ここまでして繋がらないといけない?】『夫のちんぽが入らない』あらすじと感想【ここまでして繋がらないといけない?】 独身男、思わず感極まる!? 新聞投稿に綴った夫婦の軌跡『感謝離 ずっと一緒に』 “笑顔咲ク大塚愛”はどこにもいない… 衝撃のホラー小説『開けちゃいけないんだよ』

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。