ガッキーと結婚しても敵を作らない!星野源の性格と恋愛観に迫る

5月末、星野源と新垣結衣が発表した婚約は、大袈裟じゃなく列島中を騒がせた。

国民的女優として国内外からも愛される新垣結衣と家族になる男、星野源は果たしてどんな人間だろうか。

本稿ではそんな星野源の性格を、邪推も込みで推測していく。

とは言え、星野源を下げる記事ではないので安心して頂きたい。

ラジオからダダ漏れる人たらしな性格

先月25日に放送された『星野源のオールナイトニッポン』はかなり注目されていた。

結婚を発表して以来、初めての公の場。その様子を星野源は「ライターがすげぇ見てる」とされるオードリーの番組「あちこちオードリー」を例に出し、オールナイトニッポンを愛するリスナーたちの笑いを誘った。

メールはもちろん新垣結衣に関するものが多かった。

「お互いの呼び方は?」という質問には「僕からは結衣ちゃんで、向こうからは源さん、たまに星野さんが混ざる」と回答。初々しい二人の姿を想像してなんだか心が弾む。

番組は記者会見のニュアンスを含んだ回になるのかと思いきや、ド下ネタを交えたり、グダったり、結果的にはいつもの『星野源のオールナイトニッポン』。ファンにとっては嬉しかったことだろう。

星野源自体はあくまでも自然体だったが、スタッフ陣はやや緊張していたようにも感じられた。

スタッフに気を使い、リスナーにも楽しんでもらうために、ただのミスを、ただのミスにしない星野源の気遣いでエンターティナーな一面が良く滲み出ていた”星野源らしい”回だった。

終盤には、ライブの前口上も担当したことがある、ファンの間では寺ちゃんとして親しまれている放送作家の寺坂が、最新曲でラブソング『不思議』の前口上を努めた。

熱いものが込み上げてくる感動的な前口上だった。

翌週の放送では「寺ちゃん泣いていたじゃない? 僕はあのとき、完璧に本番スイッチが入っていたので、目線を合わせると、もっと泣くからと思っていたので、僕は下を向いていました。」と語り、自身もタイムフリーで聞いて泣いたと明かした。

雑誌『SWICH』で語っていた『逃げ恥』のエピソードと新垣結衣という人

昨年12月に出版された雑誌『SWICH』の表紙は、星野源と新垣結衣ががっちりと手を繋いでるものだった。スペシャルドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のインタビューでは『逃げ恥』の撮影に関してこう答えている。

正式にスペシャルドラマをやると聞いたのは『MIU404』の撮影をしてる最中で。僕にとって『逃げ恥』の現場は楽しい思い出ばかりだったんですよ。だから、これが終わったら『逃げ恥』があるんだという思いで『MIU404』の過酷な撮影を頑張れたところはあります。

単純にガッキーがいるからだと邪推してしまいそうになるが、もちろんそれだけではなく現場のスタッフの空気感なども、ここには含まれているだろう。

星野源にとって『逃げ恥』はそれだけメモリアルな作品だった。一際思い入れの強い作品だったからこそ、共に作った新垣結衣と親密になっていき、作品が撮り終わった後で交際を始めたのだろう。

自身のエッセイ『命の車窓から』では新垣結衣について

おとなしいけれど、現場で面白い話が生まれれば一緒に笑うし、話しかけると気さくに話してくれる。ただ、相手のテリトリー内に侵入することは決してしない。ニュートラルな状態でただそこにいる

と綴っている。

個性を生かす芸能界において、普通でいることはかなり難しく、水と油のような関係性だ。新垣結衣は特別な何かをするわけではなく、常に自然体だった。

「新垣結衣という人」というタイトルがつけられたこのエッセイで、星野源は彼女について”あなたは本当に素敵な、普通の女の子である”と締めている。

音楽雑誌『MUSICA』で明らかになる星野源の恋愛観

婚約発表がされた日、音楽雑誌『MUSICA』が出版された。

30,000字にも及ぶインタビューには、新垣結衣に関することは一切なく、あくまで音楽家としての熱が伝わってくるものだった。

最新曲『不思議』はラブソングとして、恋愛にまっすぐ向き合った作品だ。

血が繋がっていようが繋がっていまいが、私とあなたは他人なんだっていうところからスタートすると改めて相手のことをもっと知りたいと思うし、大切にしたいと思うんじゃないかなと思う。

恋愛すると同一化したくなって、自分と同じ共通点を見出したくなり、そこから2人の距離感は少しずつズレていき、やがて綻びが生まれてしまうと、自身の過去の体験を語った。

「今では育ってきた環境も何もかも違う人間同士が、たまに分かり合える瞬間にグッとくる」と楽曲の想いについて話している。

星野源自身も恋愛に対する考え方が変わり、2人の”同じを喜ぶのではなく違いを楽しめるようになっていった。そういう想いもあって『不思議』で描かれているのは一貫して、”自分たち”ではなく”自分と他人”である。

さらにワールドツアーで感じたことも大きく影響しているそうだ。恋愛ではないが、国も言語も違うのに想いが伝わった感動が根底にあり、その”違うもの同士が一瞬だけ同じ気持ちを共有する喜び”が楽曲に反映されている。

 

この楽曲はラブソングだが、新垣結衣に向けたものではない。自身の制作スタイルは、「体験したものを曲にするタイプではない」と話し、”自分の思う愛”に基づいて作られたそうだ。

恋愛という普遍的ながらも極めてパーソナルなものを、ポップスに変換し、より多くの人に聞いてもらうための工夫を凝らしている。楽曲についてのインタビューからは誠実さが滲み出ていて音楽と真摯に向き合う、音楽家としての情熱が見受けられた。

二人を今歩きだす星野源と新垣結衣


ラジオではひょうきんで人好きな一面が窺え、音楽には真摯な誠実さが滲み出ている。

『逃げ恥』の脚本を努めた野木亜紀子は星野源と新垣結衣について

お二人ともそれぞれ魅力は違いますが、共通しているのは普通を演じるのが上手ということ。(中略)お二人の持つ”普通力”が『逃げ恥』で活かされていたんだと思います。

とコメントしている。

世界でツアーが出来る腕があり、多方面で活躍していきながらも、一般人と同じような”普通”を感じさせる。

新垣結衣と結婚しても、彼を否定する意見がほとんどないのは、他者を敬い褒め称え、どこまでもストイックに表現を追求する姿勢にもあるとは思うが、多くの人が、星野源の素朴で和やかな空気感を、新垣結衣からも同じように感じたからではないだろうか。

報道された時は本当に驚いたが、今となってはこれ以上お似合いな二人もなかなかいない。

年齢も出身地もまるで違うのに、やがて同じ場所で眠る二人に、不思議な温かい気持ちを抱く。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

音楽家、俳優、文筆家。さまざまな顔を持つ星野源の引力に迫る! 文庫本ジャンル別おすすめ作品22選!絶対に面白い【2021年最新版】 星野源おすすめ本3選【生活と仕事と変態と】星野源おすすめ本3選【生活と仕事と変態と】

1 Comment

あらり

上辺だけでない、しっかり色々なものを見て聞いて……な上で書かれた記事だと感じました。素敵な内容でした。

返信する

あらり へ返信する コメントをキャンセル

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。