朝井リョウおすすめ小説ランキング【読書好き18人に聞いた!】

平成生まれの大人気作家と言えば真っ先に名前があがる直木賞作家・朝井リョウ。青春小説『チア男子!!』『桐島、部活やめるってよ』や就活生の苦悩を描いた『何者』は実写映画共に絶大な人気を誇ります。また『風と共にゆとりぬ』をはじめとしたエッセイは笑いのツボがどんなに深い人でも爆笑必至の傑作ばかりです。

今回は読書好きの方18名に、Twitter上で朝井リョウおすすめの1冊を選んでいただきました。その結果をランキング形式でご紹介します。

1位:何者 4票

就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから―。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて…。直木賞受賞作。
(Amazon商品説明より)

『何者』の感想

マサカズ

就活に挑む大学生がテーマです。
就活、SNSに翻弄される学生の心情をリアルに描写しています。
本のラストが衝撃的です!
自分自身にも相手を偏見する汚い心があるんだなと気付かされました…。
SNSをベースに物語が進む斬新な構成で、読みやすく非常に面白いです!

金のシャチホコ

この話に出逢ったのがまさに就活生の時でした。
みんなの本音が見えて、これからの就活に少し冷や冷やドキドキしました🤔💭
それが逆に私のエンジンになって内定まで頑張れたのかも?笑🤣👍
いくつになっても考えさせられるお気に入りの本です❣️

家族が就活を控えたときに読んでて、私も就活を意識しはじめたときに読みました。
読みはじめたら止まらなくて一気読みしました!
読んでて心にグサグサとくるものがあり、もっと何事にも本気で取り組もう、と思うことができました!

h i k a r i

リアルで刺さる言葉が沢山あって、社会人になって読んだので、就活前や就活中だったら最後まで読めなかったかも💦

2位:桐島、部活やめるってよ 3票

田舎の県立高校。バレー部の頼れるキャプテン・桐島が、理由も告げずに突然部活をやめた。そこから、周囲の高校生たちの学校生活に小さな波紋が広がっていく。バレー部の補欠・風助、ブラスバンド部・亜矢、映画部・涼也、ソフト部・実果、野球部ユーレイ部員・宏樹。部活も校内での立場も全く違う5人それぞれに起こった変化とは…?瑞々しい筆致で描かれる、17歳のリアルな青春群像。第22回小説すばる新人賞受賞作。
(Amazon商品説明より)

『桐島、部活やめるってよ』の感想

絃月おと

登場人物や出来事が、あまりにもリアルで普通。
小説で(フィクションで)そのように書けることが凄いです…!
読んでいる間はあまり感動を覚えませんでしたが、あとからジワジワ心を蝕んでくるような感覚があり、とても新鮮でした。

フリーターのクセに

タイトルからしてインパクト抜群。
桐島が部活やめるという事柄と周囲の人たちの人間模様が描かれてます。

るはるは

青春時代の抱えていた感情を思い出してしまう泣いてしまうふいをつかれた作品でした。

3位:チア男子!! 2票

大学1年生の晴希は、道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた。だが、負けなしの姉と比べて自分の限界を悟っていた晴希は、怪我をきっかけに柔道部を退部する。同時期に部をやめた幼なじみの一馬に誘われ、大学チア初の男子チームを結成することになるが、集まってきたのは個性的すぎるメンバーで…。チアリーディングに青春をかける男子たちの、笑いと汗と涙の感動ストーリー。
(Amazon商品説明より)

『チア男子!!』の感想

ラマンボ

アニメを見て、原作を読みました。その名の通り、男子チアを題材にした青春モノ。
定番ではありますが、チームが一つになっていくその過程が丁寧に描かれていてグッときました。
読んだあとはきっと、誰かや何かを「応援したい」という気持ちになりますよ。

ミィ

大学生たちが互いに影響を受けて成長していく過程が丁寧に描かれています。
朝井リョウ先生の描く人間関係がとにかく魅力的です。
悩み葛藤そして仲間との信頼と絆、まさにこれぞ青春ドラマです!

3位:学生時代にやらなくてもいい20のこと 2票

『学生時代にやらなくてもいい20のこと』の感想

いか

こんなにも笑ったエッセイは初めてでした。
友達じゃなくて、知り合いの知り合いという距離感で朝井リョウさんのバカ騒ぎを見ていたい。
疲れた時に読むと元気になれる1冊です。

ぽにゃ子

ユーモアがあふれすぎて爆笑しながら読みました✍️
いつもの作品とはまた違った朝井リョウさんの魅力が詰まっていておススメです✨💯👍

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。