string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7832 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(543)
  ["name"]=>
  string(21) "作家ランキング"
  ["slug"]=>
  string(14) "author-ranking"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(543)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(366) "■おすすめ記事
作家別おすすめ小説ランキング【読書好きのみんなに聞いた!】
"
  ["parent"]=>
  int(326)
  ["count"]=>
  int(52)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(13.1)
  ["cat_ID"]=>
  int(543)
  ["category_count"]=>
  int(52)
  ["category_description"]=>
  string(366) "■おすすめ記事
作家別おすすめ小説ランキング【読書好きのみんなに聞いた!】
"
  ["cat_name"]=>
  string(21) "作家ランキング"
  ["category_nicename"]=>
  string(14) "author-ranking"
  ["category_parent"]=>
  int(326)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(true)

朝井リョウおすすめ小説・エッセイランキング16選【読書好き18人に聞いた!】

平成生まれの大人気作家と言えば真っ先に名前があがる直木賞作家・朝井リョウ。青春小説『チア男子!!』『桐島、部活やめるってよ』や就活生の苦悩を描いた『何者』は実写映画共に絶大な人気を誇ります。また『風と共にゆとりぬ』をはじめとしたエッセイは笑いのツボがどんなに深い人でも爆笑必至の傑作ばかりです。

今回は読書好きの方18名に、Twitter上で朝井リョウおすすめの1冊を選んでいただきました。その結果をランキング形式でご紹介します。

朝井リョウとは?

本名 朝井遼
生年月日 1989年5月31日
出身地 岐阜県不破郡垂井町
出身校 早稲田大学文化構想学部
デビュー作 『桐島、部活やめるってよ』
主な受賞歴 ・第22回小説すばる新人賞
・第148回直木賞
・第34回柴田錬三郎賞
好きなもの スタジオジブリ、ハロープロジェクト、つんく♂、バレーボール

朝井リョウといえば、緻密な人間関係の描写、リアルな会話文、胸を打つ設定などで人気の小説家です。しかしながら、真面目な印象を受ける著書(小説)とは裏腹に、彼のエッセイを読むと、とてもユーモラスで魅力的な人物であることが分かります。

自分のものと間違えて母親の携帯電話の機種変更をしてしまったり、買ってもいない不動産を「買ったでしょ?」と言われたり……。はたまた、顔色が悪いという理不尽な理由で「紺色が似合うね」と言われてしまったり。

それだけでなく、いたたまれない状況にもよく陥っているようです。

あきらかに不審な下半身黒タイツおじさんに絡まれたり、講義の時間が迫っているというのに倒産するバイト先の先輩の愚痴に付き合わされたり……と、エッセイではそのいたたまれなさを全力で表現しています。

ご本人には申し訳ないのですが、そのようないたたまれない状況によく陥るのは、天性の才能ではないでしょうか。

朝井リョウ作品の選び方を2通り紹介!

朝井リョウ作品にはドラマ・映画化、コミカライズなどのメディアミックスされた小説や、文学賞を受賞したものが数多くあるので、どの作品から読めばいいか迷うかもしれません。

そんな方のために、こちらの章では朝井リョウ作品の選び方について2通り紹介します。

笑いたいときは爆笑エッセイで決まり!

「朝井リョウの本に興味があるけれど、いきなり小説はハードルが高い!そして、何より難しい作品を今は読みたい気分じゃない…!」

そんな方にぜひおすすめしたいのが、朝井リョウ自身のことを書いた爆笑必至のエッセイです。

朝井リョウのエッセイは2021年10月時点で『時をかけるゆとり』と『風と共にゆとりぬ』の2冊しかありません。何冊にも渡ってシリーズを追う必要もないですし、何より爆笑エピソードが満載なのが最大のおすすめポイントです。

例えば2冊を通して描かれる痛切な「痔」の問題。淡々とその経過を綴りながらも、どこか哀切の口調が読者の笑いを誘います。

もちろん笑っていられる病気ではないのは百も承知なのですが、全編を通して語り口がコミカルなので、笑わないほうが難しいくらいです。

私はそのとき、画面の中の肛門が、まだまだよろしくなと、呟いた気がした。

という具合に。

また、2作目のエッセイ『風と共にゆとりぬ』ではなんと「肛門記」というタイトルの短編が登場します。

それだけでも笑いがこみ上げてくるというのに新潮社の雑誌「考える人」連載時のタイトルはなんと「どっこい生きてる、ど肛門ガエル」。どういう経緯でこのタイトルがOKされたのかが気になるところです。

肩の力を抜いて気軽に読める2冊となっていますので、とにかく笑える本を読みたい方はぜひ手にとってみてください。

ドラマ化作品から選ぶのもおすすめ

小説がビジュアル化したものから読むのもおすすめです。

ハロプロ好きを公言している朝井リョウの著書には、アイドルたちの裏側を描いた『武道館』という作品があります。その内容はあまりにも生々しく、リアルなものです。

アイドルの殺傷事件や、ファンの行き過ぎた暴走、少しでも体型が変化すれば容赦なく世間から叩かれる……。そんなアイドルたちの様子が小説内では書かれています。

そしてこちらの作品は、フジテレビとスカパー!協力のもと、ドラマ化されています。出演は本物のアイドル「Juice=Juice」。楽曲は、朝井リョウがハロプロのファンを公言していたおかげでつんく♂がプロデュースしています。

朝井リョウの念願が叶った小説を、ドラマという切り口から読んでみるのはいかがでしょうか?

朝井リョウおすすめ作品ランキング

1位:何者

就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから―。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて…。直木賞受賞作。
(Amazon商品説明より)

マサカズ

就活やSNSに翻弄される学生の心情をリアルに描写しています。

ラストが衝撃的です!自分自身にも相手を偏見する汚い心があるんだなと気付かされました…。

SNSをベースに物語が進む斬新な構成で、読みやすく非常に面白いです!

金のシャチホコ

この話に出逢ったのがまさに就活生の時でした。

みんなの本音が見えて、これからの就活に少し冷や冷やドキドキしました。それが逆に私のエンジンになって内定まで頑張れたのかも?笑

いくつになっても考えさせられるお気に入りの1冊です!

家族が就活を控えたときに読んでて、私も就活を意識しはじめたときに読みました。

読みはじめたら止まらなくて一気読み!心にグサグサとくるものがあり、「もっと何事にも本気で取り組もう」と思うことができました。

hikari

私は社会人になってから読みましたが、リアルで刺さる言葉が沢山あったので就活前や就活中だったら最後まで読めなかったかも。

受賞 2013年直木賞受賞
ページ数 346ページ
メデイア化 実写映画化
『何者』原作小説あらすじと感想【頭の中で考えるうちはいつだって何者かになれそうなのに】『何者』原作小説あらすじと感想【頭の中で考えるうちはいつだって何者かになれそうなのに】

2位:桐島、部活やめるってよ

田舎の県立高校。バレー部の頼れるキャプテン・桐島が、理由も告げずに突然部活をやめた。そこから、周囲の高校生たちの学校生活に小さな波紋が広がっていく。バレー部の補欠・風助、ブラスバンド部・亜矢、映画部・涼也、ソフト部・実果、野球部ユーレイ部員・宏樹。部活も校内での立場も全く違う5人それぞれに起こった変化とは…?瑞々しい筆致で描かれる、17歳のリアルな青春群像。第22回小説すばる新人賞受賞作。
(Amazon商品説明より)

絃月おと

登場人物や出来事が、あまりにもリアルで普通。小説で(フィクションで)そのように書けることが凄いです…!

読んでいる間はあまり感動を覚えませんでしたが、後からジワジワ心を蝕んでくるような感覚があり、とても新鮮でした。

フリーターのクセに

タイトルからしてインパクト抜群!桐島が部活やめるという事柄と周囲の人たちの人間模様が描かれてます。

るはるは

不意を突かれ、青春時代の抱えていた感情を思い出して泣いてしまいました。

受賞 第22回小説すばる新人賞受賞
ページ数 256ページ

3位:チア男子!!

大学1年生の晴希は、道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた。だが、負けなしの姉と比べて自分の限界を悟っていた晴希は、怪我をきっかけに柔道部を退部する。同時期に部をやめた幼なじみの一馬に誘われ、大学チア初の男子チームを結成することになるが、集まってきたのは個性的すぎるメンバーで…。チアリーディングに青春をかける男子たちの、笑いと汗と涙の感動ストーリー。
(Amazon商品説明より)

ミィ

大学生たちが互いに影響を受けて成長していく過程が丁寧に描かれています。

朝井リョウ先生の描く人間関係がとにかく魅力的。悩み葛藤そして仲間との信頼と絆、これぞ青春ドラマです!

ラマンボ

アニメを見てから原作を読みました。その名の通り、男子チアを題材にした青春モノ。

定番ではありますが、チームが一つになっていくその過程が丁寧に描かれていてグッときました。

読んだあとはきっと、誰かや何かを「応援したい」という気持ちになりますよ。

受賞 第3回高校生が選ぶ天竜文学賞受賞
ページ数 496ページ
メデイア化 アニメ化、実写映画化

4位:学生時代にやらなくてもいい20のこと

いか

こんなにも笑ったエッセイは初めてでした。

友達じゃなくて、知り合いの知り合いという距離感で朝井リョウさんのバカ騒ぎを見ていたい。

疲れた時に読むと元気になれる1冊です。

ぽにゃ子

ユーモアがあふれすぎて爆笑しながら読みました!

小説とはまた違った朝井リョウさんの魅力が詰まっていておすすめです。

ページ数 223ページ

5位:正欲

はるう

息子の不登校に悩む検事、初恋に気づいた女子大学生、ある秘密を抱えた契約社員…。3人の人物の人生が「とある人間の事故死」をきっかけに重なり合っていきます。多様性が叫ばれる世界で、認められない感情などあるのでしょうか?柴田錬三郎賞を受賞した、多様性という言葉に一石を投じる長編。

朝井リョウはこの作品について、“生きることと死ぬことで迷ったときに、生きることの方をえらびとるために、必要なことは、何なのか”という思いで書いたと言います。

特殊な感情が本作には登場しますが、果たしてあなたはその感情を「悪」だと決めつけることができるでしょうか?そもそも心の中に生じる「感情」というものに善悪などあるのでしょうか?

様々な考え方や性的指向、ジェンダー問題など、たくさんの意識的な問題が人と人の間に介在しています。そんな問題たちをひたすらに自問しながら読むことができる小説です。

ページ数 384ページ
『正欲』あらすじと感想【「多様性」はおめでたい?】

6位:世にも奇妙な君物語

はるう

オムニバス形式のドラマ『世にも奇妙な物語』に触発されて書かれた、5つの奇妙な物語たち。シェアハウスの恐怖、おかしな法律が施行された世界、脇役ばかりのオーディション。朝井リョウの『世にも奇妙な物語』への愛があふれる1冊です。

まさに「活字で読む、世にも奇妙な物語」です。恐ろしいラストが待ち受けていたり、設定や世界観がどこかおかしかったり…。何よりも著者自身がありったけのギミックを注ぎ込んで物語を書いているので、まるでドラマを見ているかのようにドキドキしながら読み進めていくことができます。

ドラマ『世にも奇妙な物語』を見ていなくても楽しむことができるので、安心して手に取ってみてください。

ページ数 336ページ

7位:どうしても生きている

死んでしまいたい、と思うとき、そこに明確な理由はない。心は答え合わせなどできない。(『健やかな論理』)。家庭、仕事、夢、過去、現在、未来。どこに向かって立てば、生きることに対して後ろめたくなくいられるのだろう。(『流転』)。あなたが見下してバカにしているものが、私の命を引き延ばしている。(『七分二十四秒めへ』)。社会は変わるべきだけど、今の生活は変えられない。だから考えることをやめました。(『風が吹いたとて』)。尊敬する上司のSM動画が流出した。本当の痛みの在り処が映されているような気がした。(『そんなの痛いに決まってる』)。性別、容姿、家庭環境。生まれたときに引かされる籤は、どんな枝にも結べない。(『籤』)。現代の声なき声を掬いとり、ほのかな光を灯す至高の傑作。
(Amazon商品説明より)

愛藍

「生きているから生きていく」という当たり前の選択に、今を切り取るようなリアルな描写、登場人物に時に共感して苦しくなりますが、心に響き刺さる作品です。

さけちーやん

「人は生まれてから死にむかって生きている」とよく言われるが、どう生きたかがどう死ぬかになると感じながら読んだ本でした。

ページ数 323ページ

8位:死にがいを求めて生きているの

植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。二人の間に横たわる“歪な真実”とは?毎日の繰り返しに倦んだ看護師、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。交わるはずのない点と点が、智也と雄介をなぞる線になるとき、目隠しをされた“平成”という時代の闇が露わになる―“平成”を生きる若者たちが背負う自滅と祈りの物語。
(Amazon商品説明より)

みゆ

学生運動を思わせるところから一気に物語が動き続きが気になっていった。

対立をテーマとしたプロジェクトで、ユースケとトモヤの関係性が切ない。

人間の生き方は案外シンプルなのかなと思わされた。最後のどんでん返しにはびっくり。

ページ数 473ページ

9位:ままならないから私とあなた

天才少女と呼ばれ、成長に従い無駄なことを切り捨てていく薫と、無駄なものにこそ人のあたたかみが宿ると考える雪子。すれ違う友情と人生の行方を描く表題作。男が先輩の結婚式で出会った美女は、人間関係を「レンタル」で成立させる業者だった―「レンタル世界」。既存の価値観を心地よく揺さぶる二篇を収録。
じ(Amazon商品説明より)

あゆみ

好意と善意を互いに持ちながらもすれ違ってしまい傷つけ合ってしまう主人公と親友、そして恋人。

誰も悪くないのに辛く切ない物語が胸に沁みる。本当にままならない!

同併録の短編「レンタル世界」もいいです。

ページ数 294ページ

10位:武道館

「武道館ライブ」を合言葉に活動してきた女性アイドルグループ「NEXT YOU」。さまざまな手段で人気と知名度を上げるが、ある出来事がグループの存続を危うくする。恋愛禁止、炎上、特典商法、握手会、スルースキル…“アイドル”を取り巻く様々な言葉や現象から、現代を生きる人々の心の形を描き表した長編小説。
(Amazon商品説明より)

にゃんころさん

細かい心理や空気感のリアルな描写が素敵な本。

アイドルの暮らしの部分を切り取り、生きていく姿の舞台裏を楽しめます。

アイドルに対する見方が良い意味で変わる一冊です。

ページ数 363ページ

11位:風と共にゆとりぬ

『桐島、部活やめるってよ』で鮮烈のデビューを飾り、『何者』で戦後最年少の直木賞受賞作家となった著者が、「ゆとり世代」の日々を描くエッセイシリーズ。雑誌・新聞連載のエッセイに加え、悶絶の痔瘻手術体験を綴った「肛門記」を収録。後日談「肛門記~Eternal~」は文庫オリジナル。ひたすら楽しいだけの読書体験をあなたに。
(Amazon商品説明より)

のん

言ってしまえば、くだらない出来事のエッセイなのだけれど、センス抜群の言葉遣いで抱腹絶倒です!

ページ数 345ページ

12位:星やどりの声

東京ではない海の見える町で、喫茶店「星やどり」を営む早坂家。三男三女母ひとり。亡き父が残した名物のビーフシチューの香りに包まれた生活には、慎ましやかながらも確かな幸せがあった。しかし、常連客のおじいちゃんが店に姿を見せなくなった頃から、家族に少しずつ変化が。各々が葛藤を抱え息苦しくなる早坂家に、父が仕掛けた奇跡が降りそそぐとき、一家は家族を卒業する。著者が学生最後の夏に描いた、感動の物語。
(Amazon商品説明より)

まやまやちゃん

とても好きな作品。情景がリアルで想像しやすいところが魅力。

ページ数 317ページ
『星やどりの声』あらすじと感想【北極星になった父親の愛】『星やどりの声』あらすじと感想【北極星になった父親の愛】

13位:もういちど生まれる

はるう

彼氏がいるのに他の人に思いを寄せられる少女。バイト先をころころ変える所在のない青年。双子の姉に激しいコンプレックスを抱く妹。若さゆえの感受性の豊かさや、焦燥感と不安…。若者たちの瑞々しさときらめきを連作でつづった青春の物語。

「海を分母にし、空を分子にしたら、1を超えるだろうか」そんな書き出しから始まる表題作「もういちど生まれる」。ポエミーで少し恥ずかしさの混じるこの表現は、主人公が若者だから言える言葉なのだと思います。

もしかしたら、「いい歳して…」と言われるような人が本書を読むかもしれません。そんな人がこの物語たちを読むと、あまりのきらめきに気恥ずかしさを感じてしまうと思います。

しかし、だれもが一度は通るであろう、言葉にすることができない思春期の心の中のもやもやっとした感情や青い春の輝きを、きっと思い出させてくれるでしょう。

ページ数 286ページ

14位:世界地図の下書き

はるう

両親を亡くした太輔は、児童養護施設「青葉おひさまの家」に引き取られます。施設内でうまく馴染めず、周囲に心を開かない太輔でしたが、とあることがきっかけで高校生の佐緒里と仲良くなります。高校卒業を機に施設を出ていく佐緒里のために、太輔ら施設の子どもたちはある計画を立てるのですが…。

現実に立ち向かう児童養護施設の子どもたちと、その先で灯る希望の長編小説。施設内には世の中の縮図のように「優しい人」と「冷たい人」が存在します。子どもながらに懸命に現実に立ち向かいつつも、「両親の死」というしっかり飲み込むことができない現実とも太輔は戦います。

加えて、幼い子どもたちが「なぜ自分が児童養護施設にいるのか」を知っている事実には、胸に迫るものがあります。

ページ数 368ページ

15位:少女は卒業しない

はるう

他校との合併で、翌日には校舎が取り壊されてしまうとある地方の高校を舞台に描かれる7人の少女の物語。自分の中だけに秘めた歌声、学校を辞めてまったく違う道を進んでいく幼馴染の背中、優しい言葉をかけてくれた図書室の先生への淡い恋心。七人七様の「卒業」と、その先へと進もうとする明日への一歩の物語です。

朝井リョウは、思春期の少年少女の心の機微を書くのがとにかく上手!読んでいくと苦しくなり、それと同時に甘酸っぱい恋心だったり、学生時代の思い出が走馬灯のように巡ったりもします。

この本は少女たちが進んでいくであろう、明日への希望の物語です。少女たちの胸の内に秘めたものにグッとくるものがありますが、どれも一筋の光が差しているように感じることができます。

ページ数 288ページ

16位:発注いただきました!

はるう

作家デビュー10周年の集大成として刊行された、小説、エッセイ、コラムをまとめた贅沢な1冊。森永製菓、サッポロビール、資生堂、小学館などの超有名企業から発注を受けて執筆した、まさに「お仕事小説」の宝庫です。

発注を受けた文章には、まずルールや制限が設けられます。例えば、文字数だったり、入れて欲しいキーワードだったり、その企業の主力商品だったり…。それらの条件をすべてクリアして出来上がったのが本書の文章たちです。

朝井リョウの小説家としての技量もさることながら、各章のラストにある著者自身の悲喜こもごもの解説がまたヒネリが効いているので、読んでいて自然に笑いがこみ上げてきます。

ページ数 408ページ

おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

自分の大好きな1冊、懐かしい1冊、再読してみたくなった1冊、気になってはいたが読めていない1冊などはランクインしていましたか?

この記事が新たな作品との出会いのきっかけになればと願っております。

他にもたくさんの作家さんのまとめ記事があるので、ぜひ覗いてみてください!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。