京極夏彦おすすめ小説10選+2【緻密に組み立てられた、京極ワールドの魔力】

1994年に、鮮烈なデビューを果たした京極夏彦氏。

デビュー作『姑獲鳥の夏』を持ち込まれた講談社の編集者は、作品を読み耽った挙句〈著名な作家が編集部のリテラシーを試しているのでは〉とまで邪推したという。

そんな強烈なエピソードを持った氏は、今に至るまで数多くの作品を生み出し続けている。

陰惨な事件からくだらないギャグまで、全てが緻密に計算された圧倒的な筆力。

物語に都度都度挟み込まれる、異様なまでの知識量と分析。

1度でもハマってしまえば、その魅力から離れられなくなることは間違いのない作家である。

本記事ではそんな京極夏彦氏のおすすめ作品を、シリーズ作品5作、ノンシリーズ作品5作の計10作品を紹介する。

『百鬼夜行シリーズ』

京極夏彦氏のデビュー作にして、代表作

言わずと知れた、デビュー作『姑獲鳥の夏』を含む京極夏彦氏の代表作。

戦後間もない日本を舞台に起こる、多くの陰惨な事件を描いている。

これは京極夏彦氏の作品全般に言えることなのだが、氏の作品に対して〈読み辛い〉というイメージを持っている人は、少なくないのではないだろうか。

実際、緻密に組み立てられた文章と溢れ出る雑学、そして偏執狂的なまでに貫かれた〈文章が頁を跨がない〉という独自ルールは、読み手を選ぶ様にも感じるかもしれない。

しかし、特に今作は個性的なキャラクター達の活躍を楽しむ〈キャラクター小説〉的な側面が強い作品だ。

出不精で陰気、更には失語症の気もある〈如何にも不幸っぽい〉作家、関口巽

本業の古本屋、家業の神主、そして副業の憑物落としという3つの顔を持つ中禅寺秋彦

〈他人の記憶が見える〉という特殊な能力を活かして探偵を生業とする、破天荒で支離滅裂な榎木津礼二郎

その榎木津の幼なじみにして、従軍時代の関口の部下、四角い顔と頑強な肉体を持つ根っからの刑事・木場修太郎

豊富なキャラクターたちが、各々の想いによって行動し、懊悩し、事件に巻き込まれ、または事件に挑んでいく姿は、今作の大きな見どころだろう。

また、このシリーズでの謎解きの大きな特徴は、謎解きが〈憑物落とし〉の作法に則って行われる、という点。

本作で謎解きをするのは探偵・榎木津礼二郎ではなく、憑物落とし・京極堂こと中禅寺秋彦である(そもそも榎木津に関しては、珍妙な言動で事件を更に混乱させることも多い)。

彼は自宅にいながら、関口や榎木津、木場たちの話を聞き、あらゆる情報を把握、統合した上で事件の真相を見抜く。

そして事件とそれに潜む謎、事件に拘ったあらゆる人物の心に巣食う不安や苦しみなどに、京極堂は妖怪(憑物)の名前を与える。

その妖怪に対して一番有効な方法をもって妖怪(憑物)を登場人物から払い落としていくことで、事件の真相を暴くだけでなく、拘った人間の心までもを救うのである。

通常のミステリー小説とは異なる、一風変わった謎解きは一読の価値がある。

読み易さで言えば、京極夏彦氏の作品の中でも随一と言えるだろう。

京極夏彦「百鬼夜行シリーズ」全巻レビューまとめ京極夏彦「百鬼夜行シリーズ」全巻レビューまとめ

『現代怪談シリーズ』

背筋に怖気が走る、不条理な短編集

〈辞書〉や〈煉瓦〉と呼ばれることの多い氏の作品群の中で珍しい、薄めの短編集。

本当に怖いものを追い求める男の話や、庭から生えている手首の話、情念が織りなす鬼の話など、其々に不条理さや得体の知れなさ、或いは理由を明確に説明出来ない様な恐ろしさが満ち溢れている。

『百鬼夜行シリーズ』とは打って変わり、抽象的であったり漠然としていたり、えも知れぬ不安や薄気味悪さを感じさせる作品が数多く収録された作品集だ。

とは言え、決して不気味なだけの作品ではない。

全ての文章は巧緻に組み立てられており、一切の無駄はない。

理に則って不条理を描く、とでも言うべき手法は、京極夏彦氏ならではのものだろう。

怪しかったり儚かったり恐ろしかったり、様々な感覚を楽しめるシリーズだ。

『巷説百物語シリーズ』

京極版、必殺(妖怪)仕事人!

京極版、必殺仕事人とでも言うべきシリーズ。

前述した『百鬼夜行シリーズ』が、不可解な出来事に妖怪(憑物)の名をつけ、理論立てて解き明かすことによってそれを落とすシリーズであるのに対し、こちらは理論立てて説明できる事柄を複雑に積み立てることで、妖怪の仕業に見せるという、妖怪に対する真逆のアプローチが行われている。

江戸時代を舞台に小悪党一味が、公には裁けない悪党どもに鉄槌を下すという、痛快なストーリー構成。

特筆すべきはその鉄槌が、妖怪の伝承に則って行われる点だろう。

悪党相手に妖怪譚を徐々に刷り込み、下準備を念入りに行った上で、まるで妖怪の仕業としか思えない様な大胆な事件で悪党を懲らしめる。

氏の作品の中でも、大きなカタルシスが得られる作品の1つだ。

『書楼弔堂シリーズ』

〈書〉を巡って広がる世界

京極夏彦氏の中でも、新しめのシリーズ作品。

現状では『書楼弔堂 破曉』と『書楼弔堂 炎昼』が発刊されているのみなので、比較的手が出しやすい。

明治を舞台に描かれるのは、弔堂なる書店で繰り広げられる店主と客の会話劇。

客は、月岡芳年から泉鏡花、平塚雷鳥やジョン万次郎といった名だたる人物。

歴史に名を残す以前の、己の人生に、社会のあり方に、過去に、未来に思い悩む客達に向けて、本屋は彼ら彼女に必要な1冊の本を勧める。

その中で描かれる思想や歴史は、丁寧にして重厚。

派手な事件こそ起こらないが、会話劇だけで充分に魅せる見事な作品となっている。

『ルー=ガルーシリーズ』

京極夏彦氏が描く、新感覚SFシリーズ

京極夏彦氏による、SFシリーズ。

〈端末(モニタ)〉の所持が義務付けられ、常に位置情報を把握される管理社会。

ヒトとヒトとの繋がりも〈端末(モニタ)〉を通すことが当然となり、〈物理接触(リアルコミュニケーション)〉が希薄となった社会を舞台に繰り広げられる陰惨な事件と、その黒幕に立ち向かう少女達の戦いを描いている。

今作で描かれる近未来社会は、インターネット上で募集した様々な着想から作り上げたもの。

様々な人間の多種多様なアイデアを過不足なく詰め込んで創り上げられた社会は、まるでそうとは思えない程に緻密な設定が為されており、氏の手腕が光るところ。

また、そこで起こる陰惨な事件は『百鬼夜行シリーズ』を思わせる猟奇的なもの。

事件に関わってしまった大人たちが捜査を進める様子や、個性あふれる少女達が事件に挑んでいく様子など、見所は非常に多い。

特にラストバトルの様子は爽快感溢れるものとなっており、氏の作品の中では前述した『巷説百物語』と並んで大きなカタルシスが得られる作品だ。

『ルー=ガルー 忌避すべき狼/インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔』あらすじと感想【百鬼夜行シリーズの著者が描く、近未来SF】『ルー=ガルー 忌避すべき狼/インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔』あらすじと感想【百鬼夜行シリーズの著者が描く、近未来SF】

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。